一志郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三重県一志郡の範囲

一志郡(いちしぐん、いしのこおり)は、三重県伊勢国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

但し、現在の津市美杉町太郎生に相当する地域は中世の末期まで伊賀国名張郡に属し、伊勢神宮神領であった[1]

歴史[編集]

古代は一志(いし)と読まれた。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 紀伊和歌山藩 50村
1浦
市場庄村、松崎浦、松ヶ島村、美濃田村、小阿坂村、大阿坂村、中ノ庄村、三渡新田、須賀領村、算所村、下ノ庄村、堀ノ内村、八田村、薬王寺村、小野村、川北村、新屋庄村、川原木造村、甚目村、西肥留村、中林村、中道村、喜多村新田、小舟江村、笠松村、黒田村、一志村、野田村、見永村、波瀬村、上多気村、井ノ上村、釜生田村、森本村、宮野村、木造村、竹原村、奥津村、一色村、井生村、井関村、岡村、古市村、田尻村[2]、小川村、宮古村、天花寺村、須賀村、五主村、森須川村、肥留村
伊勢津藩 42村 田村、舞出村、下ノ川村、下多気村、矢下村、岩倉村、合ヶ野村、飯福田村、与原村、後山村、柚原村、小原村、上小川村、矢野村、八対野村、垣内村、山田野村、真見村、藤村、福田山村、城立村、大原村、小杉村、八手俣村、南家城村、八知村、太郎生村、三多気村、杉平村、石名原村、小森村、小森上野村、榊原村、谷杣村、大村、大仰村、佐田村、中ノ村、稲垣村、川上村、垂水村[3]、藤方村[3]
伊勢久居藩 1町
22村
八太村、本村、小戸木村、川方村、牧村、新家村、戸木村、森村、石橋村、其倉村、多野田村、蝿田村、大鳥村、三ヶ野村、●中村[4]、小山村[5]、庄村、其村、片野村、高野村、日置村、平生村、久居城下[6]
和歌山藩・津藩 18村 久米村、上ノ庄村、黒野村[7]、津屋城村、小村、権現前村、丹生俣村、滝ノ川村、雲出村、川口村、北家城村、二俣村、上ノ村、南出村、島田村[8]、曽原村、小津村、星合村
和歌山藩・久居藩 2村 庄田村、須ヶ瀬村[9]
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年) - 安濃郡との境界が相川に定まり、垂水村・藤方村の所属郡が同郡に変更。(1町132村1浦)
  • 明治7年(1874年
    • 多野田村・蝿田村が合併して稲葉村となる。(1町131村1浦)
    • 森須川村が改称して小野江村となる。
  • 明治9年(1876年
    • 4月18日 - 第2次府県統合により三重県の管轄となる。
    • 三渡新田が改称して三渡村となる。
  • 明治10年(1877年) - 雲出村が分割して本郷村・長常村・伊倉津村・島貫村となる。(1町134村1浦)
  • 明治12年(1879年2月5日 - 郡区町村編制法の三重県での施行により、行政区画としての一志郡が発足。郡役所が久居城下に設置。

町村制以降の沿革[編集]

1.久居町 2.本村 3.桃園村 4.戸木村 5.七栗村 6.稲葉村 7.榊原村 8.大三村 9.大井村 10.川口村 11.佐田村 12.八ツ山村 13.境村 14.家城村 15.竹原村 16.八知村 17.太郎生村 18.伊勢地村 19.八幡村 20.多気村 21.下之川村 22.宇気郷村 23.波瀬村 24.中郷村 25.豊地村 26.川合村 27.高岡村 28.中川村 29.豊田村 30.中原村 31.阿坂村 32.米ノ庄村 33.松ヶ崎村 34.天白村 35.鵲村 36.小野江村 37.雲出村 38.高茶屋村 39.矢野村(紫:津市 桃:松阪市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・津市。(1町38村)
    • 久居町(久居城下[10]が単独町制)
    • 本村 ← 本村、小戸木村
    • 桃園村 ← 川方村、新家村、牧村、木造村
    • 戸木村(単独村制)
    • 七栗村 ← 森村、庄田村、中村、一色村、大鳥村
    • 稲葉村(単独村制)
    • 榊原村 ← 榊原村、谷杣村、三ヶ野村[一部]
    • 大三村 ← 大村、三ヶ野村[大部分]、岡村
    • 大井村 ← 大仰村、井生村、石橋村、井関村
    • 川口村(単独村制)
    • 佐田村 ← 佐田村、中ノ村、上ノ村、南出村、垣内村
    • 八ツ山村 ← 山田野村、八対野村、稲垣村、古市村
    • 境村 ← 城立村、小杉村、大原村、福田山村
    • 家城村 ← 南家城村、真見村、二俣村、藤村、北家城村
    • 竹原村 ← 竹原村、八手俣村
    • 八知村(単独村制)
    • 太郎生村(単独村制)
    • 伊勢地村 ← 石名原村、三多気村、杉平村
    • 八幡村 ← 奥津村、川上村
    • 多気村 ← 上多気村、下多気村、丹生俣村
    • 下之川村(単独村制)
    • 宇気郷村 ← 小原村、後山村、柚原村、上小川村、与原村、飯福田村(現・松阪市)
    • 波瀬村(単独村制)
    • 中郷村 ← 森本村、宮野村、滝ノ川村、矢下村、合ヶ野村、釜生田村、岩倉村(現・松阪市)
    • 豊地村 ← 堀ノ内村、薬王寺村、八田村、下ノ庄村、一志村、島田村、井ノ上村(現・松阪市)
    • 川合村 ← 八太村、小山村、須ヶ瀬村、庄村、其村、片野村
    • 高岡村 ← 田尻村、高野村、其倉村、日置村
    • 中川村 ← 小川村、野田村、黒田村、見永村、宮古村、天花寺村、平生村(現・松阪市)
    • 豊田村 ← 新屋庄村、川原木造村、川北村、須賀村、権現前村、小村(現・松阪市)
    • 中原村 ← 田村、黒野村、津屋城村、須賀領村、算所村(現・松阪市)
    • 阿坂村 ← 小阿坂村、大阿坂村、美濃田村、小野村(現・松阪市)
    • 米ノ庄村 ← 久米村、市場庄村、中ノ庄村、上ノ庄村(現・松阪市)
    • 松ヶ崎村 ← 松崎浦、松ヶ島村、三渡村(現・松阪市)
    • 天白村 ← 曽原村、小津村、中道村、中林村、喜多村新田(現・松阪市)
    • 鵲村 ← 笠松村、星合村、小舟江村、五主村(現・松阪市)
    • 小野江村 ← 小野江村、肥留村、西肥留村、舞出村、甚目村(現・松阪市)
    • 雲出村 ← 本郷村、長常村、伊倉津村、島貫村
    • 高茶屋村 ← 小森村、小森上野村
    • 矢野村(単独村制)
  • 明治24年(1891年6月12日 - 佐田村が改称して倭村となる。
  • 明治30年(1897年9月1日 - 郡制を施行。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年)7月1日 - 矢野村が町制施行・改称して香良洲町となる。(2町37村)
  • 昭和6年(1931年)4月1日 - 本村が久居町に編入。(2町36村)
  • 昭和14年(1939年)7月1日 - 高茶屋村が津市に編入。(2町35村)
  • 昭和15年(1940年11月3日 - 境村が家城村に編入。家城村は即日町制施行して家城町となる。(3町33村)
  • 昭和27年(1952年6月15日 - 雲出村が津市に編入。(3町33村)
  • 昭和29年(1954年10月15日 - 阿坂村・松ヶ崎村が松阪市に編入。(3町30村)
  • 昭和30年(1955年
    • 1月15日 - 大井村・波瀬村・川合村・高岡村が合併して一志町が発足。(4町26村)
    • 3月1日 - 久居町・桃園村・戸木村・七栗村・稲葉村・榊原村が合併し、改めて久居町が発足。(4町21村)
    • 3月15日
      • 家城町・川口村・大三村・倭村・八ツ山村が合併して白山町が発足。(4町17村)
      • 宇気郷村が分割。中郷村・豊地村・中川村・豊田村・中原村および宇気郷村の一部(小原・上小川)が合併して嬉野町が発足。宇気郷村の残部(柚原・飯福田・与原・後山)が松阪市に編入。(5町11村)
      • 竹原村・八知村・太郎生村・伊勢地村・八幡村・多気村・下之川村が合併して美杉村が発足。(5町5村)
    • 3月21日 - 米ノ庄村・天白村・鵲村・小野江村が合併して三雲村が発足。(5町2村)
    • 4月5日 - 一志町の一部(須ヶ瀬および其村の一部)が久居町に編入。
  • 昭和45年(1970年8月1日 - 久居町が市制施行して久居市となり、郡より離脱。(4町2村)
  • 昭和61年(1986年)4月1日 - 三雲村が町制施行して三雲町となる。(5町1村)
  • 平成17年(2005年1月1日 - 嬉野町・三雲町が松阪市・飯南郡飯南町飯高町と合併し、改めて松阪市が発足、郡より離脱。(3町1村)
  • 平成18年(2006年)1月1日 - 香良洲町・一志町・白山町・美杉村が津市・久居市安芸郡河芸町芸濃町美里村安濃町と合併し、改めて津市が発足。同日一志郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平凡社 1983, p. 477.
  2. ^ 本村以下8村は「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  3. ^ a b 記載は安濃郡。
  4. ^ 寺社領は後に津県が管轄。
  5. ^ 本村以下7村は「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  6. ^ 無高のため「旧高旧領取調帳」には記載なし。本項では便宜的に1町に数える。
  7. ^ 津藩領も後に和歌山県が管轄。
  8. ^ 本村以下4村は「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  9. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  10. ^ この時点では久居東鷹跡町、久居西鷹跡町、久居本町、久居二ノ町、久居旅籠町、久居幸町、久居万町、久居寺町が存在。

参考文献[編集]

関連項目[編集]