飯高郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三重県飯高郡の範囲

飯高郡(いいたかぐん)は、三重県伊勢国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 松阪市の大部分(松ヶ島町、久米町、美濃田町、小阿坂町、嬉野森本町、与原町、後山町、柚原町、嬉野上小川町以北および松名瀬町、西黒部町、西野々町、佐久米町、朝田町、立田町、豊原町、山下町、安楽町、山添町、下蛸路町、八太町、上蛸路町、庄町、御麻生薗町以東および飯南町向粥見を除く)にあたる。
  • 多気郡多気町の一部(下出江・上出江)

歴史[編集]

由来[編集]

「飯高」の名前は上古時代から平安時代にかけてこの地にいた豪族飯高氏に由来する。 飯高氏の祖先・乙加豆知命が、垂仁天皇皇女倭姫命を出迎えた際、「汝の国の名は何と申すか」という質問に「意須比飯高の国」と奉答したという[1]

近世以降の沿革[編集]

●鎌田村、石津村、荒木村、大平尾村、久保田村、大塚村、新松ヶ島村、猟師村、町平尾村、大口村、郷津村、高町屋村、矢川村、西岸江村、東岸江村、大津村、田原村、垣鼻村、久保村、下村、上川村、松坂町作地、松坂町廻[2]、大黒田村、小黒田村、駅部田村、田村、立野村、丹生寺村、桂瀬村、寺井村、山村、山室村、広瀬村、上茅原田村、下茅原田村、坂内村、西野村、岡本村、藤ノ木村、阿形村、八重田村、●伊勢寺村、岩内村、深長村、野村、曲リ村、田牧村、殿村、大足村、井村、内五曲村、外五曲村、西之庄村、船江村、塚本村、辻原村、矢津村、大河内村、下出江村、六呂木村、小片野村、大石村、深野村、横野村、下仁柿村、上仁柿村、粥見村、上出江村、滝野村、赤桶村、田引村、下滝野村、木地小屋村、下栃川村、有間野村、神原村、神殿村、赤池村、野々口村、作滝村、七日市村、谷野村、栃川村、富永村、粟野村、波瀬村、落方村、太良木村、草鹿野村、船戸村、木梶村、栃谷村、桑原村、月出村、加波村、乙栗子村、犬飼村、深野村、家野村、大俣村、柏野村、久谷村、塩ヶ瀬村、猿山村、蓮村、青田村、勢津村、丹生村、鍬形村、松坂城下[3]
  • 明治4年
  • 明治初年(1町100村)
    • 谷野村・栃川村が合併して宮本村となる。
    • 犬飼村・深野村・家野村・大俣村・柏野村・久谷村・塩ヶ瀬村が合併して森村となる。
    • 下栃川村・神原村が有間野村に合併。
  • 明治6年(1873年) - 滝野村が改称して宮前村となる。
  • 明治7年(1874年) - 木地小屋村が宮前村に、神殿村が野々口村に、赤池村が赤桶村にそれぞれ合併。(1町97村)
  • 明治9年(1876年)(1町94村)
    • 4月18日 - 第2次府県統合により三重県の管轄となる。
    • 丹生村の所属郡が多気郡に変更。
    • 寺井村・山村が合併して笹川村となる。
    • 上茅原田村・下茅原田村が合併して茅原村となる。
  • 明治10年(1877年) - 鍬形村の所属郡が多気郡に変更。(1町93村)
  • 明治12年(1879年2月5日 - 郡区町村編制法の三重県での施行により、行政区画としての飯高郡が発足。「飯高飯野郡役所」が松阪城下に設置され、飯野郡とともに管轄。

町村制以降の沿革[編集]

1.松阪町 2.港村 3.鈴止村 4.神戸村 5.花岡村 6.松尾村 7.松江村 8.伊勢寺村 9.大河内村 10.茅広江村 11.大石村 12.柿野村 13.粥見村 14.宮前村 15.川俣村 16.森村 17.波瀬村(桃:松阪市 紫:多気郡多気町 21 - 27は飯野郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・松阪市。(1町16村)
    • 松阪町 ← 松坂城下[松坂川井町・松坂西町・松坂本町の各一部を除く][4]、松坂町作地、鎌田村[一部]、西岸江村[一部]、垣鼻村[一部]、大黒田村[黒田町・小人町]、西之庄村[一部]
    • 港村 ← 大口村、高町屋村、郷津村、石津村、荒木村、鎌田村[大部分]、大塚村、久保田村、新松ヶ島村、町平尾村、大平尾村、猟師村、松坂城下[松坂本町・松坂西町の各一部]
    • 鈴止村 ← 矢川村、東岸江村[現・東町]、西岸江村[大部分]
    • 神戸村 ← 垣鼻村[大部分]、下村、上川村、久保村、大津村、田原村、東岸江村[現・幸生町]、西岸江村[現・清生町]
    • 花岡村 ← 大黒田村[黒田町・小人町を除く]、駅部田村、小黒田村、内五曲村、田村、山室村[大部分]
    • 松尾村 ← 丹生寺村、立野村、岡本村、藤ノ木村、阿形村、大足村、西野村、山室村[一部]、伊勢寺村[一部]
    • 松江村 ← 船江村、井村、外五曲村、塚本村、曲リ村、田牧村、西之庄村[大部分]、松坂城下[松坂川井町・松坂西町の各一部]、山室村[一部]
    • 伊勢寺村 ← 深長村、野村、岩内村、伊勢寺村[大部分]、八重田村、殿村
    • 大河内村 ← 坂内村、辻原村、大河内村、笹川村、矢津村、勢津村、桂瀬村、山室村[一部]
    • 茅広江村 ← 茅原村、広瀬村(現・松阪市)、下出江村、上出江村(現・多気郡多気町)
    • 大石村 ← 大石村、小片野村、六呂木村
    • 柿野村 ← 深野村、横野村、下仁柿村、上仁柿村
    • 粥見村 ← 粥見村、有間野村、多気郡向粥見村
    • 宮前村 ← 宮前村、下滝野村、野々口村、赤桶村、作滝村
    • 川俣村 ← 田引村、粟野村、富永村、七日市村、宮本村
    • 森村 ← 森村、猿山村、蓮村、青田村
    • 波瀬村 ← 波瀬村、乙栗子村、加波村、桑原村、月出村、落方村、太良木村、草鹿野村、船戸村、木梶村、栃谷村
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、飯高郡・飯野郡の区域をもって飯南郡が発足。同日飯高郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 大西源一(著)『松阪の歴史』夕刊三重新聞社、1983年11月20日、13頁、14頁
  2. ^ 地籍は村だが城下に接して町場化した地。本項では村数に数えない。
  3. ^ 無高のため「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  4. ^ この時点では松坂川井町、松坂西町、松坂本町、松坂中町、松坂魚町、松坂殿町、松坂新坐町、松坂新町、松坂日野町、松坂湊町、松坂愛宕町、松坂白粉町が存在。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
飯南郡