糸姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

糸姫(いとひめ、元亀2年(1571年) - 正保2年6月20日1645年8月11日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての女性。蜂須賀正勝の娘。福岡藩初代藩主・黒田長政正室

生涯[編集]

元亀2年(1571年)、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の家臣・蜂須賀正勝の娘として尾張国(もしくは大坂)にて誕生。母は鳥井越中守の娘・白雲院。異母兄に蜂須賀家政、姉に奈良姫賀島長昌正室)がいる。

天正12年(1584年)、同じく秀吉の家臣である黒田孝高の子・黒田長政と結婚[1](豊臣秀吉の養女として嫁いだとの説もあるが定かではない[2])。慶長2年(1597年)には娘・菊(後に井上之房の子・井上庸名の妻)が生まれる。

ところが、関ヶ原の戦いの直前に離縁させられ、長政には徳川家康の意向(婚姻政策)により家康の養女である栄姫保科正直の娘)が正室として嫁いだ[注釈 1]。この糸姫との離縁が、江戸時代中期までの黒田家と蜂須賀家の127年に渡る「不通大名[注釈 2]」のきっかけとなった。

その後は実家・蜂須賀家領国の阿波国で暮らし、正保2年(1645年)に死去。戒名は寶珠院殿桃渓僊公尼大姉。墓所は桃渓山臨江寺

蜂須賀・黒田両家は享保12年(1727年)、蜂須賀綱矩黒田宣政の代に和解した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 黒田忠之黒田長興黒田高政はいずれも栄姫の子である。
  2. ^ 江戸時代、意図して互いに交流をしない大名同士のこと。江戸城内で会っても会釈も挨拶も交わさないとされる。

出典[編集]

  1. ^ 『黒田家譜』
  2. ^ 須藤(2014)

参考文献[編集]

  • 須藤茂樹「黒田長政の妻」(『月刊歴史読本』2014年3月号・中経出版)
  • 『物語 戦国を生きた女101人』(KADOKAWA/中経出版、2014年)

関連作品[編集]