大阪城天守閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 大阪城天守閣
天守
施設情報
前身 大阪市立市民博物館
専門分野 歴史
管理運営 大阪城パークマネジメント株式会社
延床面積 5,071 ㎡
開館 1931年昭和6年)11月
所在地 540-0002
大阪市中央区大阪城1-1
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

大阪城天守閣(おおさかじょうてんしゅかく)は、大阪市中央区大阪城公園大阪城天守内部にある博物館。天守は国の登録有形文化財である。

歴史[編集]

1925年大正15年)3月15日から4月30日まで大大阪記念博覧会が行われた。会場は2か所で第1会場は本館などがあった天王寺区天王寺公園で、第2会場が大阪城本丸の天守台上に建てられた豊公館であった。豊公館では豊臣秀吉の遺品などの展示が行われ、約70万人が訪れて大盛況となった。この豊公館の人気を見た後藤新平が天守の再建を口にし、大阪市長の關一がそれを耳にして天守の再建を決意したとされている。

關市長は昭和天皇即位の大礼の記念事業として天守の再建と大阪城公園の設置を議会に提案し、大阪市会の承認を得て、大阪城の紀州御殿に司令部を置く陸軍第4師団と協議し、第4師団の新たな司令部を大阪城内に大阪市が建ててくれるならばと了承した。

さっそく大阪市は市民から寄付を募り、住友財閥住友友成からの25万円の寄付など多くの市民からの協力を得て最終的に150万円が集まった。天守はこのうちの47万円をもって再建が行われることとなった。なお、新たな第4師団司令部(現・MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城))の建築費は80万円、本丸・山里丸・二の丸の一部の大阪城公園可整備費に23万円が使われている。

こうして、市民の寄付金により1931年昭和6年)10月に鉄骨鉄筋コンクリート構造エレベーター付きの博物館として3代目の大阪城天守が完成した。その外観は、大阪市の中興の祖といえる豊臣秀吉を偲び、大坂夏の陣図屏風(黒田屏風)に描かれている秀吉の天守をもととして建てられている。大阪市土木局建築課の古川重春が設計、意匠は天沼俊一、構造は波江悌夫片岡安、施工は大林組が担当した。

内部は豊臣秀吉と大阪市の歴史を中心とした歴史博物館とするために、天王寺公園内にあった大阪市立市民博物館を閉館し、その資料一切を天守に移して11月7日に天守閣郷土歴史館として開館した。

同時に、本丸にある第4師団の前の司令部であった紀州御殿は大阪市に移管されて、本丸・山里丸及び大手門から桜門までの二の丸でもって大阪城公園が開園された。しかし、その面積はわずか7万1千平方メートルであった。

天守風建築の博物館の嚆矢である天守閣郷土歴史館は、その内部の展示の充実さもさることながら、天守の最上階にある展望台から大阪平野が一望できたことも大人気を博した理由であった。だが、同時に大阪城の東部に広がる陸軍造兵廠大阪工廠(大阪砲兵工廠)もよく見えたのは軍からはよく思われていなかった。

しかし、支那事変日中戦争)が勃発した影響により、1937年(昭和12年)11月3日には軍機保護法によって天守からの写真撮影が禁止された。カメラを所持している人は大手門でカメラを預けないと大阪城公園自体に入れないようになる。さらに、1940年(昭和15年)12月には各階にある全ての窓が板で塞がれた。8階には上がれるが、廻縁には出られないようになり、景色が全く見れなくなった。

太平洋戦争中の1942年(昭和17年)9月25日、ついに博物館が休館となった。歴史資料や展示物をそのままにして学芸員は退去を余儀なくされた。同時に、大阪城公園への一般市民の立ち入りが禁止される。なお、天守への入館者であるが1939年(昭和14年)・93万人、1940年(昭和15年)・93万人、1941年(昭和16年)・65.2万人、1942年(昭和17年)9月まで・20.5万人となっている。

1943年(昭和18年)には天守に中部軍防空情報隊(後の第35航空情報隊、司令部は桜門桝形の西側)が入る。

1945年(昭和20年)、数度にわたる大阪大空襲により天守の南西部と北東部に1トン爆弾の至近弾を受ける。これにより、南西部の天守台石垣は傷つき、一部が欠けてしまい、北東部の天守台石垣は大きなズレが生じ、歪んでしまった。しかし、天守本体に大きな被害はなかった。それでも、焼夷弾や戦闘機による機銃掃射によって多くの瓦が傷ついた。

同年9月28日、進駐軍から大阪城とその一帯に広がる軍用地の明け渡し令が出され、急いで陸軍が撤収作業に入った。これに大阪市も動き、陸軍からトラック3台を借りて天守に残ったままの歴史資料や展示物を天王寺にある大阪市立美術館の地下収蔵庫に移送した。翌29日に進駐軍が大阪城に入ると以後、日本人の立ち入りが禁止された。この間の1947年(昭和22年)9月12日には紀州御殿が進駐軍の失火で焼失してしまった。

1948年(昭和23年)8月25日、大阪城が返還され、それに伴って大阪城公園が拡張されて107万平方メートルとなり、翌1949年(昭和24年)に博物館が再開する。

1995年平成7年)12月から1997年(平成9年)3月にかけて、「平成の大改修」が行われた。この時、建物全体に改修の手が加えられ、構造は阪神・淡路大震災級の揺れにも耐えられるように補強され、外観は壁の塗り替え、傷んだ屋根瓦の取り替えや鬼瓦の金箔の押し直しが行われた。また、身体障害者や高齢者向けにエレベーターが小天守台西側(御殿二階廊下跡)に取り付けられた。

1997年(平成9年)9月、天守が国の登録有形文化財となる。

2015年(平成27年)4月から大阪城天守閣及び大阪城公園は大阪城パークマネジメント株式会社が管理している。

内部[編集]

通常は階段で天守1階へと行くが、小天守台にエレベーターが付いており、身体障害者や高齢者は申し出れば使用できる。天守1階から8階までエレベーターがあるが、通常は5階までの昇り専用となっている。しかし、身体障害者や高齢者は申し出れば8階まで行くことができる。

  • 1階 - 天守閣の入口
インフォメーションカウンター、ミュージアムショップ、シアタールームなどがある。
  • 2階 - お城の情報コーナー
パネル展示、レプリカ展示、兜・陣羽織の試着体験コーナーの他、事務所、トイレなどがある。
  • 3階 - 豊臣秀吉とその時代
特別展・企画展会場となっている。他にも豊臣大坂城復元模型、徳川大坂城復元模型、黄金の茶室などがあり、図録販売所も設置されている。
  • 4階 - 豊臣秀吉とその時代
特別展・企画展会場となっている。
  • 5階 - 大坂夏の陣図屏風の世界
大坂夏の陣の展示場となっている。
  • 6階 - 6階は回廊となっていて立ち入りできない。
  • 7階 - 豊臣秀吉の生涯
豊臣秀吉の一生が分かる展示場となっている。
  • 8階 - 展望台
8階は廻縁となっており、外に出て景色を楽しむことができる。また、車いすでの通行ができるようにもなっている。ミュージアムショップもある。

開館時間[編集]

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで) ただし、開館時間を延長する場合がある。

所在地[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道
路線バス
水上バス

参考文献[編集]

  • 中村博司『大坂城全史』筑摩書房、2018年
  • 大阪城リーフレット

外部リンク[編集]