福本日南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふくもと にちなん
福本 日南
Fukumoto Nichinan.jpg
生誕 安政4年(1857年)5月23日(6月14日)
福岡藩
死没 大正10年(1921年9月2日
日本の旗 日本 千葉県
出身校 司法省法学校
職業 九州日報社長、衆議院議員
政党 憲政本党
運動・動向 東邦協会
中田謙斎(父)・なほ(母)

福本 日南(ふくもと にちなん、安政4年5月23日1857年6月14日) - 大正10年(1921年9月2日)は、日本ジャーナリスト政治家史論家

経歴[編集]

平野国臣とも親交のある勤王家であった、福岡藩士福本泰風の長男として福岡に生まれる。本名は福本誠。幼名は巴。藩校修猷館に学び、後に長崎において谷口藍田(中秋)に師事し、更に上京して岡千仭に師事して専ら漢籍を修めた。明治9年(1876年)、司法省法学校東京大学法学部の前身)に入学するも、「賄征伐」事件(寮の料理賄いへ不満を抱き、校長を排斥しようとした事件)で、原敬陸羯南国分青崖加藤恒忠らと共に退校処分となる。

その後、北海道やフィリピンの開拓に情熱を注ぎ、明治21年(1888年)、同じく南進論者である菅沼貞風と知友となり、当時スペイン領であったフィリピンのマニラに菅沼と共に渡ったが、菅沼が現地で急死したため、計画は途絶した。

帰国後、政教社同人を経て、明治22年(1889年)陸羯南・国分青崖・古島一雄らと新聞『日本』を創刊し、数多くの政治論評を執筆する。日本新聞社の後輩には正岡子規がおり、子規は生涯日南を尊敬していたという。明治24年(1891年)7月、小沢豁郎白井新太郎と共に発起人となり、アジア諸国および南洋群島との通商・移民のための研究団体である東邦協会を設立する。その後、孫文の中国革命運動の支援にも情熱を注いでいる。

明治38年(1905年)、招かれて玄洋社系の「九州日報」(福陵新報の後身、西日本新聞の前身)の主筆兼社長に就任する。

明治40年(1908年)、第10回衆議院議員総選挙憲政本党から立候補し当選。同年、『元禄快挙録』(現在は岩波文庫全3巻)の連載を『九州日報』紙上で開始[1]赤穂浪士称讃の立場にたつ日南が忠臣蔵の巷説・俗説を排して史実をきわめようと著わしたものであり、日露戦争後の近代日本における忠臣蔵観の代表的見解を示し[2]、現在の忠臣蔵のスタイル・評価を確立する。大正5年(1916年)、中央義士会を設立し、初代幹事長に就任する。

大正10年(1921年)、千葉県の大多喜中学校で講演中に脳溢血で倒れ死去。青山霊園に葬られた。

人物[編集]

  • 南進論を主張したことでも知られ、フィリピン植民事業を志して現地で病没した旧友・菅沼貞風の遺著『大日本商業史 附平戸貿易史』を校訂のうえ明治26年(1893年)に刊行した。
  • 明治31年(1898年)から翌年にかけてパリロンドンに滞在しており、ロンドンにおいて南方熊楠と出会う。この時の交遊を描いた随筆「出てきた歟(か)」を明治43年(1910年)に大阪毎日新聞に連載し、熊楠を日本に初めて紹介したとされる。

著書[編集]

  • 北門時事 丸善 1882.2
  • フィリッピーヌ群島ニ於ケル日本人 日南居士 博聞社 1889.4
  • 海国政談 日本新聞社 1892 (日本叢書)
  • 新建国 博文館 1900.2
  • 現欧洲 耕読社 1900.6
  • 愛国本義 金港堂 1904.5
  • 大学 附・大学の社会的事業 隆文館 1907.11
  • 元禄快挙録 啓成社 1909。岩波文庫全3巻 1939-40、改版1982
  • 直江山城守 東亜堂 1910.6
  • 日南集 東亜堂 1910
  • 英雄論 東亜堂 1911.12
  • 黒田如水 東亜堂書房 1911.5
  • 日南草廬集 岡部春秋堂 1912.4
  • カイゼル 植竹書院 1914 (文明叢書)
  • 大石内蔵助 養賢堂 1914
  • 元禄快挙真相録 東亜堂書房 1914
  • 豊太閤 植竹書院 1914
  • 栗山大膳 実業之日本社 1915
  • 大勢史眼 至誠堂書店 1915
  • 清教徒神風連 実業之日本社 1916
  • 堀部安兵衛 中央義士会 1917
  • 大阪陣 南北社出版部 1918
  • 石臼のへそ 東亜堂書房 1919
  • 大阪城の七将星 文会堂書店 1921
  • 義士大観解説 義士会出版部 1921
  • 菅沼貞風略伝 東半球協会 1941 (東半球資料)
  • 日南歌集 今田哲夫校註 春陽堂書店 1942 (新文庫)

関連文献[編集]

脚注[編集]