筑紫広門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
筑紫広門
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 弘治2年(1556年
死没 元和9年4月23日1623年5月22日[1]
改名 二九市丸[2]→鎮恒→広門→夢庵(号)
別名 廣門、義冬
渾名:肥前の悍馬
官位 従五位下上野[2]、進士兵衛[3]左馬頭
主君 大友義鎮義統豊臣秀吉
氏族 筑紫氏
父母 父:筑紫惟門
兄弟 広門広門[4]晴門(右衛門大夫)
高橋紹運室と姉妹関係
春門、岡栄門入道道甫(掃部頭)、
加弥姫(龍子、養福院、立花直次室)[5]黒田長政側室
養子:広門(筑紫惟門の次男[2]

筑紫 広門(つくし ひろかど)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名肥前国勝尾城主。

出自[編集]

筑紫氏足利直冬の末裔とも少弐氏の庶流ともいう。筑後国上妻郡国人

生涯[編集]

父・筑紫惟門大友氏に降伏し、まもなく没したため(自害説もある)家督を継ぐ。

天正6年(1578年)の耳川の戦い後、秋月種実原田隆種宗像氏貞龍造寺隆信らと共に反旗を翻すなど大友氏に反抗的で立花道雪高橋紹運らと幾度も戦闘を行う[6][7][8][9][10][11][12][13][14][15]

天正14年(1586年)、高橋紹運の次男・高橋統増(立花直次)に娘を嫁がせて縁戚となり、再び大友氏の傘下となったため、同年に起こった岩屋城の戦いの際には大友氏に味方し、島津氏に攻められて領地を奪われた。この際の肥前鷹取城攻防戦では[16]、弟・右衛門大夫晴門が大手口で戦死し、続いて本拠勝尾城で子・左衛門丞春門が島津方の川上忠堅と壮絶な一騎討ちを演じて相討ちとなった。自身も島津軍の捕虜となって筑後大善寺に幽閉されるが、翌年に豊臣秀吉九州平定が始まり島津軍が撤退すると、幽閉先から脱出し家臣を集めて旧領を奪回。その功を賞されて、筑後国上妻郡に18,000石の所領を与えられた。

文禄元年(1592年)から始まる文禄・慶長の役にも参陣し[17]小早川隆景の配下の部隊として全羅道に奮戦し、碧蹄館の戦いや星州谷城防戦などに参戦し功を挙げた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは養子・主水正広門が西軍となり京極高次が守る大津城を攻めた[18]。自身は東軍として筑後の居城で篭城する。西軍主力が関ヶ原で敗戦した後、徳川家康によって筑紫氏は改易された。その後は剃髪して夢庵と号し黒田長政加藤清正を頼り、加藤家改易後は細川氏を頼った。

元和9年(1623年)、死去。

逸話[編集]

島津軍に敗れ、幽閉の身となっていた際に、「忍ぶれば いつか世に出ん折やある 奥まで照らせ 山のはの月」という和歌を詠んだというが、これを聞いた人達は、「昔は広門、今は狭門」と嘲笑したとされる(しかし、和歌の内容と同じように旧領は取り戻している)。

子孫[編集]

広門の死後、跡継ぎの主水正広門は、大坂の陣の戦功で寛永4年(1627年)に3,000石の所領を与えられ[19]、子孫は3,000石の旗本として存続した。四男辰門は若江五右衛門を称し、その子義門・直門は共に陸奥二本松藩丹羽家に仕え、直門は林平介を名乗り、子孫は二本松藩士として続いている[20]

脚注[編集]

  1. ^ 『史料綜覧』第12編之916 40頁
  2. ^ a b c 『寛政重修諸家譜』
  3. ^ 『北肥戦誌』
  4. ^ 茂成、従門とも。
  5. ^ 立花種次母。
  6. ^ 『史料綜覧』第10編之911 200頁
  7. ^ 『史料綜覧』第10編之911 246頁
  8. ^ 『史料綜覧』第10編之911 301頁
  9. ^ 『史料綜覧』第10編之911 301頁
  10. ^ 大日本史料』第11編之3 597頁
  11. ^ 『大日本史料』第11編之3 661頁
  12. ^ 『大日本史料』第11編之4 16頁
  13. ^ 『大日本史料』第11編之5 898頁
  14. ^ 『大日本史料』第11編之18 243頁
  15. ^ 『大日本史料』第11編之20 275頁
  16. ^ 『史料綜覧』第11編之912 131頁
  17. ^ 『史料綜覧』第11編之912 362頁
  18. ^ 『史料綜覧』第11編之913 257頁
  19. ^ 『史料綜覧』第12編之916 156頁
  20. ^ 『二本松市史』p.899

出典[編集]

  • 寛政重修諸家譜
  • 『高橋記』
  • 『九州記』
  • 『立花事実記』
  • 『肥陽軍記』
  • 『龍造寺記』
  • 『立花系譜付録』
  • 『筑後柳河立花家譜』(坤 鑑連)
  • 『立花記』(八 道雪公立花守城之事)
  • 『豊前覚書』
  • 『紹運記』(従筑紫岩屋城忍入焼崩事)
  • 上井覚兼日記』(二十三)
  • 『二本松市史』