板屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
板屋
—  大字  —
脊振山山頂
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 福岡県
市町村 福岡市
早良区
標高 555m (1,821ft)
人口 (2012年(平成24年)1月31日現在)
 - 計 76人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 811-1113

板屋(いたや)は、福岡県福岡市早良区大字2012年1月31日現在の人口は76人[1]郵便番号811-1113。

地理[編集]

早良区南部、脊振山の山頂付近、標高500m-1000mに至る地点に位置しており、全体的に平地がほとんど見られない山がちな地形を持つ。北で小笠木、北東で筑紫郡那珂川町大字南面里、東で那珂川町大字成竹、南東で那珂川町大字五ケ山、南で佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈、西で佐賀県神埼市脊振町服巻、北西で椎原(しいば)と接する。

人口は2012年1月時点で76人だが、これは住基台帳基準のもので、実際に住んでいるのは2007年10月時点で19世帯31人であり、うち8割以上が65歳以上で、事実上限界集落となっている。2009年3月20日に、TVQ九州放送で板屋を特集した番組「背振山・板屋の一年 ~140万都市の限界集落に生きる~」が放送された。

福岡市に属してはいるが、北西部で接する椎原へと続く福岡県道136号線の途中にある板屋峠は急カーブ・急勾配が連続しており、福岡市中心部側からの通行は困難なため、生活インフラは那珂川町に依存する状態となっている。現在は後述する予約制乗合タクシー以外の公共交通機関が皆無で、早良区内の福岡市中心部との直通便のある脇山小学校前バス停から南におよそ11km、集落の最寄りバス停である西日本鉄道西鉄バス)椎原バス停からでも南に7km離れており、完全に孤立した状態となっている。

地内に小中学校はなく全域が福岡市立脇山小学校の校区となっているが、通学する児童・生徒はいない。1979年までは脇山小学校の分校があったが、最も児童数の多かった1960年代でも児童数は30人前後であった。

標高が高く、脊振山地の中腹に位置する為冬季の積雪は比較的多い。福岡市中心部で積雪が見られない時でも積雪していることが多く、毎年一回は30cm~50cmの積雪がある。2011年には80cm前後に達した。 温暖な福岡市中心部と比べると全般に寒冷な気候である。

河川[編集]

山岳[編集]

歴史[編集]

1977年に作られた脊振ダムにより、板屋の一部も水没している。この脊振ダムの建設が原因で1970代後半からすでに人口の減少が始まっていた。

交通[編集]

公共交通[編集]

2000年7月から西鉄が福岡市からの委託を受け佐賀橋(那珂川町) - 板屋間に1日4往復のバスを運行していたが、2008年3月31日をもって廃止となっている。

この代替として脇山小学校前 - 板屋ふるさと館間に福岡市からの委託により飯倉タクシーが事前予約制の板屋脇山線乗合タクシーを1日2往復運行しており、これが唯一の公共交通機関となっている(予約があった場合のみ運行)。

道路[編集]

福岡県道136号入部中原停車場線が通る。

この他、板屋と航空自衛隊脊振山分屯基地(佐賀県神埼市脊振町服巻)とを結ぶ防衛省専用道路が引かれている。

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]