小山ゆうえんち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小山ゆうえんち(おやまゆうえんち)は、栃木県小山市にあった遊園地2005年3月閉園。

歴史[編集]

1960年4月4日開園。以後、堅実な経営を続けていたが、1992年親会社である思川観光が倒産したため遊園地も連鎖倒産した。当時ゆうえんちは黒字ではあったものの、倒産と共に銀行からの借り入れが困難になったため休園日を増やすなどして対応していたが、維持費を下げるために一部施設を閉鎖したのが裏目に出てさらに入園者が減少し経営はさらに厳しくなっていった。遊園地敷地内にテナントとして出店していたダイエーが経営支援に乗り出し再建を目指したが、2002年1月にはダイエー本体が経営危機のために支援から撤退してしまった。

そのため、このときにダイエーから支給された資金を元に敷地内に温泉を採掘し再建を目指すこととし、2002年8月、日帰り入浴施設小山温泉 思川をオープンさせて収益力の強化を図った。しかし、2002年12月期から二期連続の赤字となり、計画に基づく債務の弁済が困難な見通しとなっていた。2004年頃には遊園地入場者数よりも温泉利用客のほうがはるかに多い状態となり、2004年3月には、温泉内に宿泊施設(ログハウス)も増築された。

2005年1月31日に開かれた債権者集会で、全事業を食品スーパーのヨークベニマルに譲渡する更生計画(第三次変更計画)を承認、宇都宮地裁により即日認可された。思川観光は譲渡代金で金融機関など10社に対する債務を一括弁済、更生手続きを終結させ2月末をもって会社を清算し、経営権委譲後の2005年3月10日に閉園が正式に発表された(温泉施設などは運営を継続させる方針を示した。)。また、敷地内にあったアルペン小山ゆうえんち店(旧ダイエーDマート小山店)も2005年11月13日をもって閉店となった。小山ゆうえんち自体は2005年2月6日に営業を終了し閉鎖された。

その後、「小山タワー」を始めとした園内遊戯施設は解体され、2006年春までに観覧車、メリーゴーラウンド(横浜ドリームランドからの譲渡物)以外の撤去を完了し更地となった。同年秋より大型商業施設おやまゆうえんハーヴェストウォークの建設に着手、2007年3月に一部開業、7月に全面開業した。当初は残される予定だった観覧車も老朽化により解体されてしまったため、遊園地時代の遊具で現在も残るのはメリーゴーラウンドとコーヒーカップ(ベンチとしてリニューアル)のみとなった。

閉園前のおもな施設[編集]

  • 小山温泉 思川(現在も営業継続中)
  • 小山温泉 思川ログハウス(現在も営業継続中)
  • 小山打撃王
  • アメリカンビレッジ
  • 小山わんわんふれあいパラダイス
  • イチゴ狩り
  • ウォーターパーク小山
  • 小山ゆうえんち付属小山ペット総合学院

閉園前のおもなアトラクション[編集]

  • 小山タワー
  • アマゾン下り
  • ウェーブスウィンガー
  • 夢地獄体験館(お化け屋敷
  • 小山海洋水族館
  • スーパートレイン(モノレール
  • スカイサイクル
  • 周遊列車弁慶号
  • 豆汽車
  • キディライド
  • ゴーカート
  • ココナッツランド
  • ジャイアントホイール(観覧車
  • シャトルループ
  • スカイパラシュート
  • ダブルフェイスコースター
  • チェーンタワー
  • ティーカップ
  • バイキング
  • びっくりハウス
  • プール(夏季のみ)
  • フライングカーペット
  • ジャングルマウス
  • 豆自動車
  • ミステリーハウス
  • ミラーハウス
  • メリーゴーランド
  • メルヘンの館

不祥事・事故[編集]

ジェットコースター衝突死亡事故[編集]

1971年8月18日に、アルバイト従業員の高校生がジェットコースターの乗客が落とした財布を取ろうと線路内に入った際、高速で突っ込んできた4両編成のジェットコースターに撥ねられて死亡した[1]

回転ブランコ負傷事故[編集]

2003年10月13日に、従業員が回転ブランコを始動させたが作動しなかったため、従業員が乗客に降りるよう指示し乗客が降りようとしたところ、突然遊具が動き出し、4人が負傷した[2]

その他[編集]

  • 有名なテレビコマーシャルの曲『小山ゆうえんちの唄』は、伊藤アキラ作詞、キダ・タロー作曲による。時代や季節により歌詞や編曲が異なる数バージョンが存在するが、2004年現在、最新の2003年バージョン(小山温泉思川バージョン)は小山ゆうえんちホームページでも公開されておらず、歌詞の詳細は不明である。この曲は、かつてテレビコマーシャルに出演していた桜金造の持ちギャグの1つになっているという説もあるがこちらも詳細は不明である(テレビコマーシャルに桜が起用されたのは、ギャグが受けてゆうえんち側が「宣伝になる」と依頼したからである)。同曲は2005年の閉鎖まで園内の一部でBGMとしてラジカセで流されていた。しかし、施設が閉鎖された2005年以降は全く日の目を見なかったが、CDアルバム「伊藤アキラCMソング傑作選」(2009年発売)、「キダ・タローのほんまにすべて」(2010年発売)の中に収録され、曲の一部が聴けるようになった。
  • かつて、小山ゆうえんちに2体いたマスコットキャラクターの名は、ゆうききららである。「ゆうき」と「きらら」が登場した2000年以前、小山ゆうえんちのオリジナルマスコットは「ニーナちゃん」たち合計7体のキャラクターだった。同キャラクター達は園内のジェットコースターや券売所など各所にペイントされたり、ステッカーが貼られたりしていた。また、横浜ドリームランドが閉鎖された2002年以降、同園で使用されていた着ぐるみの一部(ウサギ、パンダ、船長など)が小山ゆうえんちへ譲渡され、小山ゆうえんち園内のイベントステージに出演していた。
  • 小山ゆうえんちが閉鎖された2005年以降「ゆうき」と「きらら」の2体のキャラクターはハーヴェストウォークの季節イベントに不定期で出演しているが、定期的なキャラクターグリーティング等のイベントは一切行われていない。また、2009年以降「ゆうき」「きらら」は共に着ぐるみがリニューアルされた。リニューアル後は、以前の「ゆうき」と「きらら」に似た顔かたちであるが、若干可愛らしさに欠ける造りになっている。
  • 1982年6月11日放送の「宇宙刑事ギャバン」第12話『遊園地へ急行せよ! UFO少年大ピンチ』の回で、小山タワーや園内施設での撮影が多数行われている。マクー空間内にも園内施設の乗り物等が多数撮影されている。
  • 劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」で撮影に使用された。

アクセス[編集]

  • 鉄道利用
    JR小山駅西口より小山駅西循環バスで「小山ゆうえんち」下車、または無料送迎バスを利用
  • 自動車 - 無料駐車場あり

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]