ハリーとヘンダスン一家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハリーとヘンダスン一家
Harry and the Hendersons
監督 ウィリアム・ディア
脚本 ウィリアム・ディア
ウィリアム・E・マーティン
エズラ・D・ラパポート
製作 ウィリアム・ディア
リチャード・ヴェイン
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
出演者 ジョン・リスゴー
メリンダ・ディロン
音楽 ブルース・ブロートン
撮影 アレン・ダヴィオー
編集 ドン・キャンバーン
配給 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年6月5日
日本の旗 1987年8月8日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,600,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗$29,760,613[1]
テンプレートを表示

ハリーとヘンダスン一家』(原題:Harry and the Hendersons)は、1987年制作のアメリカ合衆国コメディ映画スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮(クレジットなし)。

ひょんな事から伝説の生物ビッグフットに遭遇、保護する事になったヘンダスン一家とその周囲で起きる騒動を描く。

ビッグフットはリック・ベイカーがデザインし、『プレデター』、『プレデター2』でプレデタースーツアクターを演じたケヴィン・ピーター・ホールが演じている。ベイカーは第60回アカデミーメイクアップ賞を受賞した。

1991年には続編のテレビドラマが製作され、3シーズン続いた。

あらすじ[編集]

ジョージ・ヘンダスンは妻ナンシー、娘サラ、息子アーニーと共にキャンプからシアトルの自宅へ車で帰る途中、何かをはねた。それは伝説の生物・ビッグフットだった。

ビッグフットが死んだと思ったジョージたちはその体を家に持って帰るが、死んではおらず、目を覚ましたビッグフットは彼らの家で暴れまわる。

一家はそのビッグフットに“ハリー”と名前を付け、こっそりと面倒を見るうちに次第に親しくなっていくが、ある日、近所の住人たちにそれを目撃された事から、大騒動になっていく…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS版 TBS
ジョージ・ヘンダスン ジョン・リスゴー 坂口芳貞 富山敬
ナンシー・ヘンダスン メリンダ・ディロン 増山江威子 吉田理保子
サラ・ヘンダスン マーガレット・ラングリック 富沢美智恵 玉川紗己子
アーニー・ヘンダスン ジョシュア・ルドイ 田中真弓 伊倉一恵
アイリーン・モフィット レイニー・カザン 安達忍
ウォーレス・ライトウッド博士 ドン・アメチー 大木民夫 永井一郎
ジョージの父親 M・エメット・ウォルシュ 上田敏也
ジャック・ラフラール デヴィッド・スーシェ 石田太郎 小林清志
マンシーニ ビル・オンティヴェロス 広瀬正志
ビッグフット“ハリー” ケヴィン・ピーター・ホール なし
TBS版その他:西川幾雄小金沢篤子竹口安芸子安西正弘長島雄一朝戸鉄也吉田美保中田和宏島田敏平井誠一

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]