シャドーチェイサー/地獄の殺戮アンドロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャドーチェイサー/地獄の殺戮アンドロイド
Project Shadowchaser
監督 ジョン・エアーズ
脚本 スティーヴン・リスター
製作 ジョフ・グリフィス
ジョン・エアーズ
製作総指揮 ジョフ・グリフィス
ジョン・A・カーティス
ロイド・A・シマンドル
出演者 フランク・ザカリーノ
マーティン・コーヴ
音楽 ゲイリー・ピンダー
撮影 アラン・M・トロー
編集 デレク・A・ウェラン
デルハク・リーン
製作会社 EGMフィルム・インターナショナル
配給 日本の旗 日本ビクターワールドテレビジョン
公開 日本の旗 1992年6月20日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 シャドー・チェイサー2
テンプレートを表示

シャドーチェイサー/地獄の殺戮アンドロイド』(じごくのさつりくアンドロイド、Shadowchaser,Project Shadowchaser[1])は、1992年アメリカ合衆国SFアクションビデオ映画。続編として『シャドー・チェイサー2』、『エッジ・オブ・ダークネス』、『ファントム・オブ・ダークネス』が製作された。

ストーリー[編集]

ある研究所から逃亡した男が、仲間を率いてジャクソンたちが働く病院の高層ビルを襲撃した。この事件を解決するためFBIのトレヴェニアン本部長は、ビルを設計したディクソンという元建築家で、現在は終身刑判決を受けて服役している囚人を協力するという条件付きで釈放させる。だがその囚人はディクソンではなく、手違いで別の囚人であるダシルヴァという元フットボール選手だった。

ダシルヴァはディクソンと勘違いしたままのトレヴェニアンから、大統領の娘セーラが人質のためこの人質救出作戦は特別なものだと伝えられる。テロリストのボスから5000万ドルを要求されたトレヴェニアンたちは、タイムリミットの4時間内に人質を救出するためビルの侵入方法などを説明するが、ビルに全く関係がないダシルヴァは話が理解できずにいた。そして、彼はビルに侵入することを拒むが、トレヴェニアンから行かなければ死ぬまで刑務所に入れると脅される。エレベーターシャフトからビルに侵入したダシルヴァたちだが、エレベーターに仕掛けられた爆弾が爆発し、エレベーターの外にいたダシルヴァだけが助かり侵入に成功する。一方作戦本部では、テロリストを率いるボスの男の正体が、軍の研究機関に所属するジョセフ・キンダーマンらによる研究「プロジェクト・シャドーチェイサー」から生まれたロミュラスというアンドロイドであることが判明する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え(初回放送1996年8月3日 フジテレビゴールデン洋画劇場』)

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョン・エアーズ
  • 脚本:スティーヴン・リスター
  • 製作:ジョフ・グリフィス、ジョン・エアーズ
  • 製作総指揮:ジョフ・グリフィス、ジョン・A・カーティス、ロイド・A・シマンドル
  • 撮影監督:アラン・M・トロー
  • プロダクションデザイナー:マーク・ハリス
  • 編集:デレク・A・ウェラン、デルハク・リーン
  • 衣裳デザイン:フィリップ・クリッチトン
  • 音楽:ゲイリー・ピンダー
  • 字幕・吹替翻訳:栗原とみ子
  • 吹替演出:左近允洋
  • 吹替調整:飯塚秀保
  • 吹替製作:グロービジョン

参考文献[編集]

  1. ^ Shadowchaser”. IMDb. 2014年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]