ジャガーノート (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャガーノート
Juggernaut
監督 リチャード・レスター
脚本 リチャード・アラン・シモンズ
製作 リチャード・デコッカー
出演者 リチャード・ハリス
音楽 ケン・ソーン
撮影 ジェリー・フィッシャー
編集 トニー・ギブス
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年9月25日
日本の旗 1975年3月21日
上映時間 111分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ジャガーノート』(Juggernaut)は、リチャード・レスター監督、リチャード・ハリス主演の1974年公開サスペンスアクション映画

内容[編集]

1200人の乗客を乗せた豪華客船“ブリタニック”号が荒天の北大西洋の半ばを航海しているとき、船主でありロンドン在住のニコラス・ポーター専務(イアン・ホルム)に、アイルランド訛りでインドの古代神“ジャガーノート”を自称する人物から、ブリタニック号に7つのアマトール爆弾を仕掛けたと言う脅迫電話が入る。ジャガーノートはブリタニック号の身代金として夜明けまでに50万ポンドを支払うことを要求する。事件を知った政府、イギリス軍、警察はテロに屈することなく、ファロン中佐(リチャード・ハリス)率いるイギリス海軍の爆発物処理チームをブリタニック号に派遣した。

その一方で、スコットランドヤードのジョン・マクロード警視(アンソニー・ホプキンス)は捜査班を率いて爆弾設計のプロ46人を容疑者として捜査を進める。

荒れる海のため処理チームの1人が乗船に失敗し死亡する。処理チームは船内に仕掛けられた爆弾を発見し解体処理に着手するが、爆弾はブービートラップの塊。ファロンが最も信頼する部下のチャーリー(デヴィッド・ヘミングス)を含め、3人が爆死してしまった。

爆弾正面の穴から見えた配線や回路は全てブービートラップであり、本物の制御回路は側面に巧妙に隠されていた。解体作業中のファロンは、この爆弾と第二次大戦中に出会った巧妙な地雷の共通点を思い浮かべていた。その地雷を作った男は既に死亡していたが、当時の上官バックランド(フレディ・ジョーンズ)だけは、その地雷を知っていた。同じ頃、マクロードもバックランドを犯人と断定し取調べを行っていた。

夜明けまであと2時間、ファロンの前には最後の赤のリード線と青のリード線が残された。ファロンはバックランドを対策本部のマイクの前に呼ぶことを要求。爆発まであと数分になったとき、ファロンの説得に応じたバックランドは青のリード線を切ることを命じた。ファロンの持つ鋏がリード線を断つ。「赤だ! 赤を切れ」。ファロンは残った部下に命じ、部下も従った。

無事にブリタニック号は夜明けを迎え、目的地に向けて動き始めた。疲労困憊で座り込むファロンから「俺がチャンピオン」と鼻歌が流れ出る。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TBS版
トニー・ファロン リチャード・ハリス 森川公也
アレックス・ブルネル船長 オマー・シャリフ 小林修
チャーリー・ブラドック デヴィッド・ヘミングス 徳丸完
ジョン・マクロード警視 アンソニー・ホプキンス 阪脩
シドニー・バックランド フレディ・ジョーンズ 上田敏也
ニコラス・ポーター専務 イアン・ホルム 矢田耕司
バーバラ・バニスター シャーリー・ナイト 杉田郁子
カーティン宴会部長 ロイ・キニア 今西正男

スタッフ[編集]

「赤か? 青か?」[編集]

本映画のクライマックスでは、主人公が爆弾を処理する最終段階で赤のリード線と青のリード線が残され、一方のリード線を切断すると無力化出来るがもう一方のリード線は切るとブービートラップで爆発するため、どちらか一方のみを切断する選択を迫られる。また本作では捕えられた犯人による切断するほうのリード線の証言も与えられ、その証言が真か偽かという判断も加わる。

以後、このシチュエーションは爆弾処理の演出の定番となり、様々な映画、テレビドラマ、コントで使われるようになった[要出典]。例としては、

  • パソコンゲーム『ノスタルジア1907』(1991年、シュールド・ウェーブ) - 製作者の四井浩一が、本映画の名前を挙げて赤か青のコードを切るクライマックスや、爆弾を解体中にしゃれた台詞をつぶやくのを面白く感じたことをインタビューで答えている[1]
  • 映画『交渉人 真下正義」(2005年) - ただし、爆弾のリード線は赤と青の2本ではなく7本もある。また、本作品についての言及もある。

などがある。

ただ“爆弾のリード線=カラフルな対比”という図式が一人歩きして、爆弾が上述のような構造になっている必然性がないにもかかわらず、脅迫の方法や愉快犯の手段、主人公と犯人との駆け引きを描く演出などのため、このシチュエーションが用いられるケースもある。英語では「Wire Dilemma(ワイヤージレンマ)」と呼ばれている[2]

参考文献[編集]

  1. ^ 「四井浩一インタビュー」、『アドベンチャーゲームサイド』Vol.0、マイクロマガジン社2013年、 104頁。
  2. ^ Wire Dilemma at TV Tropes Wiki

外部リンク[編集]