シュールド・ウェーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シュールド・ウェーブ(Sur De Wave)は、日本のコンピュータゲーム開発会社。「シュールド・ウェーブ」はブランド名であり、正式な商号は「株式会社タケル」(TAKERU Co., Ltd.)である。

セピア調のグラフィックスと1900年代初頭の世界観、タイタニック号をモチーフにしたアドベンチャーゲームノスタルジア1907英語版』で話題になる。家庭用ゲーム機の互換ACアダプタや連射機能付きコントローラー「ブラスター」シリーズなどの周辺機器も多く発売していた。

1994年頃に倒産に至る。

ちなみに、1990年代初頭にブラザー工業株式会社が展開していたゲームソフト自動販売機「ソフトベンダーTAKERU」と本項の会社は全く無関係である。

発売商品[編集]

ゲームソフト
周辺機器
  • メガブラスター(メガドライブ用の連射パッド)
  • PCブラスター(PCエンジン用の連射パッド)
  • ブラスターX(アタリ仕様対応のX68000・MSX用の連射パッド)
  • ジョイン・タップ(PCエンジン用の2台接続のマルチタップ。3台まで複数接続可)
  • RFケーブル(TVゲーム用RFケーブル。ワンタッチプラグ式でノイズカット機能付き)

未発売[編集]

  • リトルサムソン(ファミリーコンピュータ) - 後に『聖鈴伝説リックル』にタイトル変更。
  • インペリアルフォース(SUPER_CD-ROM2
  • PCココロン(SUPER_CD-ROM2)
  • ポップンランド(メガCD) - 内容は『ココロン』と同タイプのアクション。
  • ノスタルジアII PRESENCE(メガCD)

関連項目[編集]

  • 四井浩一(『ノスタルジア1907』の生みの親)
  • 鞠川雪映(『ノスタルジア1907』や『プレゼンス』などの音楽作曲者)

外部リンク[編集]