聖鈴伝説リックル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖鈴伝説リックル
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 タケル
発売元 タイトー
ディスコ[1]
プロデューサー 吉本伸一
転清
ディレクター 吉本伸一
シナリオ 吉本伸一
David BoØwy
プログラマー 知花司
David BoØwy
音楽 横山喜次
鞠川雪映
美術 中村幽子
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本 199206261992年6月26日
アメリカ合衆国 1992111992年11月
ヨーロッパ 199303181993年3月18日
その他 型式:日本 DTF-LK
アメリカ合衆国 NES-LT-USA
テンプレートを表示

聖鈴伝説リックル』(せいれいでんせつリックル、英題:Little Samson)は、1992年6月26日タイトーより発売された日本ファミリーコンピュータゲームソフト

概要[編集]

前半の4ステージは特定のキャラクターで進まなければならないが、これら4ステージをクリア後に進むステージでは、ポーズ中に自由にキャラクターを切り替えながらプレイすることができる。また、難易度はEASY、NORMALの2種類あり、EASYでは最終面まで進めることができない。

登場人物[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

リックル(Little Samson)
主人公である人間の少年。伝説の鈴を相手にぶつける戦法をとる。山で生活して鍛えてきたので、天井や壁を這うことができる。
持っている鈴の色は白。
死亡時に使用不可にならない特性がある。(他のキャラは死亡時に使用不可になる。薬を所持していれば復活できるが、なかった場合、以降そのキャラはずっと使用不可となる。)
キキラ(Kikira The Dragon)
ヒロインであるドラゴンの少女。もともとは人間の少女だったが、性格に問題があり、ドラゴンにされた。短時間だが空を飛ぶことができる。また、火を噴くことが可能であり、溜め撃ちもできる。
持っている鈴の色は青。
ガンム(Gamm The Golem)
ゴーレム。もともとは人間の盗賊で、コウの家に盗みに入った際、その場にあった薬を飲んでゴーレムになり、現在は反省している。体が大きく動きが遅いが、パンチ力は最大。また、腕を伸ばしたり、うち放つこともできる。トゲの上を歩くことも可能。他キャラと異なり上下方向にも攻撃ができる。
持っている鈴の色は赤。
コウ(K.O. The Mouse)
ネズミ。もともとは魔導師で、ガンムが彼の家に盗みに入った際、彼は家にあった薬を飲んでネズミになった。体力は最も少ないが、動きが素早く、ジャンプ力もある。また、壁や天井を這ったり狭い場だ所や沼地を進むこともできる。武器は爆弾で、威力はプレイヤーキャラ中最強。
持っている鈴の色は緑。

敵キャラクター[編集]

サイクロプス
攻撃手段は目からの火球攻撃や破壊すると分裂するホーミング弾。地震を起こし行動を妨害してくる。
見た目のイメージに反し意外にも、格闘などの直接攻撃はしてこない。
ダークナイト
地を這う火炎や空から雷を落として攻撃してくる。画面端に追い込まれた状態だと非常に避けづらい。
攻撃時以外は基本的に無敵だが、頭上付近へ近づくと、剣を振ってガードを解除する弱点がある。
ブレスドラゴン
一部スタッフが共通なこともありロックマン2のドラゴンと非常に良く似た戦闘シーンになっている。
口からの拡散ブレスや翼からの真空波で攻撃してる。
最大の攻撃は特大ダメージの突進。特に弱点である口(頭)部分は画面端にまで届くため、弱点への撃ち込みは細心の注意が要求される。
死神デススカル
虚空から突然現れて、その場付近を小さく旋回しつつホーミングするザコを撃ち出して来る。
死神だけあって本体接触時のダメージは即死級。近距離への出現を警戒して戦う必要がある。
恐怖の魔王タ・キード
封印からとかれた魔王。世界を征服しようと企んでいる。
第一、第二形態とも点滅する光弾を主体とした攻撃を行う。
???
最終面のラスボス。上記5ボスとは異なり説明書にイラストや名称等がなく一切の設定が不明。
第一形態は全画面攻撃する弾を飛ばしてくる(爆破前に破壊できないとダメージ)。
第二形態は上半身しか喰らい判定がない。剣撃と飛び道具を用いて戦ってくる。
歩いて接近しながら攻撃してくるが、画面端付近に追い込まれた状態での攻撃択が非常に厄介。
また画面端付近にくると必ず踏みつけジャンプし、くぐるチャンスが発生するので、画面端に挟まれて詰まないようになっている。
剣撃にライフ吸収効果があり、長期戦はジリ貧になりやすいこともあり、大火力による短期決戦が非常に有効。
エンディングでは主人公達と同じ鈴の力を持っていることが分かる。鈴の色は黒い青緑色。

スタッフ[編集]

  • 脚本:吉本伸一、David BoØwy
  • 演出:吉本伸一、転清
  • 技術:知花司、David BoØwy
  • 殺陣:転清、北村洋
  • 美術:中村幽子、熊谷由佳
  • 音楽:流石一秀(横山喜次)、ゆきまり(鞠川雪映
  • 協力:こみやまゆみ
  • 美術監督:中村幽子
  • 監督:吉本伸一

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
AllGame 4.5/5stars[2]
ファミ通 23/40点[3]
Nintendo Power 3.8/5点[4]
ファミリーコンピュータMagazine 21.2/30点[5]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・5・7・5の合計23点(満40点)となっており[3]、レビュアーの意見としては、「シンプルでいやみのない、悪く言えば個性のないアクションゲーム」、「メッセージレスは狙ってのことなんだろうけど、途中意味が分からないところがあって理解に苦しんでしまった」などと評されている[3]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.8 3.5 3.4 3.8 3.4 3.4 21.2

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タイトーが当時使用していたブランド名。タイトル画面のクレジットでタイトーと共に併記されている。
  2. ^ Little Samson”. 2015年1月31日閲覧。
  3. ^ a b c ファミコン通信』、アスキー1992年7月3日
  4. ^ Little Samson for NES (1992) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年7月30日閲覧。
  5. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 69頁、 ISBN 雑誌26556-4/15

外部リンク[編集]