RUNE (コンピュータゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

RUNE』(ルーン)は、2002年4月25日フロム・ソフトウェアからニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたカードアクションRPGゲームである。

2003年5月23日には続編である『RUNE II 〜コルテンの鍵の秘密〜』が発売された。

概要[編集]

  • フロム・ソフトウェアのニンテンドーゲームキューブ参入ソフト第1弾。
  • 今までのRPGとは違う、カードアクションRPGであり、デッキから配られる、武器型、召喚型、補助型などの様々な種類のカードを使って敵クリーチャーと戦うトレーディングカードゲームの要素を含めたアクションRPGである。
  • カードで戦うため、主人公自体が戦うことはない。
  • カード収集のコレクト性もあり、さらにカードは経験値を積んでいくことで新しいカードへと変化できる。

登場人物[編集]

カティア
声:半場友恵
本作の主人公。オランジュ国の姫。
父・ジュルベール王が不在中に城が「黒い霧」に覆われ、その際に王家に伝わる秘宝「鍵」とカードを手に入れる。
テレビCMでは「RPG史上最弱の主人公」と呼ばれていた。
余談だが、『RUNE II』において初代女王として称えられた彼女の像や肖像画を見ることができる。
ジュルベール王
声:郷里大輔
カティアの父親。オランジュ国の王。
「黒い霧」の調査のために、城を留守にしている。後にある場所で再会を果たす。
グロリア
カティアと同じく、「鍵」を扱う女性。
全身を黒い服で覆っており、行く先々でカティアと戦うことになる。
一見冷酷非道なように見えるが、根は決してそうではない。

外部リンク[編集]