9時から5時まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
9時から5時まで
9 to 5 / Nine to Five
監督 コリン・ヒギンズ
脚本 パトリシア・レズニック
コリン・ヒギンズ
製作 ブルース・ギルバート
出演者 ジェーン・フォンダ
リリー・トムリン
ドリー・パートン
ダブニー・コールマン
スターリング・ヘイドン
音楽 チャールズ・フォックス
主題歌 ドリー・パートン
「9時から5時まで」
撮影 レイナルド・ヴィラロボス
編集 ペンブローク・J・ヘリング
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年12月19日
日本の旗 1981年5月4日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$103,290,500[1]
テンプレートを表示

9時から5時まで』(くじからごじまで 原題:9 to 5 / Nine to Five)は、1980年制作のアメリカ合衆国コメディ映画ジェーン・フォンダ主演。主題歌はドリー・パートンの「9時から5時まで」(9 to 5)。ドリーは出演もしている。

アメリカ国内で初週の興行収入が390万ドルを越えるヒットを記録し[1]、コメディ映画で第20位の興行収入となっている[2]1980年の全米興行収入第2位を記録した[3]

アメリカン・フィルム・インスティチュートによるアメリカ喜劇映画ベスト100で第74位にランクインし[4]Rotten Tomatoesでは82%の満足度となった[5]

あらすじ[編集]

ロサンゼルスのとある複合企業の各部署には、様々な事情を持った女性社員が勤めている。夫と離婚したばかりの新入社員ジュディ、シングルマザーのベテラン社員バイオレット、グラマーな秘書ドラリーの3人は、横暴な社長のフランクリンに対して、それぞれ不満を持っていた。

偶然、酒場で意気投合した3人はフランクリンをとっちめてやろうという事で一致。実行に移すが、思わぬ騒動が起こってしまう…。

キャスト[編集]

テーマ曲[編集]

主題歌はドリー・パートンが作曲および演奏した『9時から5時まで』(9 to 5)である。1980年代のパートンの曲で最大のヒット曲の1つとなった。映画撮影中、パートンは長い付け爪でタイプライターを打つ音を使用することを思いついた。パートンは撮影セットで爪を鳴らしてビートを作りながら作曲した。『ビルボード』誌のカントリー・チャートおよび、Billboard Hot 100で2週連続第1位を獲得し、アカデミー歌曲賞など様々な賞にノミネートされた。1981年、ピープルズ・チョイス・アワードの映画楽曲賞を受賞し、1982年、グラミー賞においてカントリー楽曲賞、女性カントリー・ヴォーカル賞を受賞した。なおこの時のグラミー賞には4部門にノミネートされた。アメリカレコード協会によりプラチナ認定された。

同年、当時新人であったシーナ・イーストンは同じタイトルの『9 to 5 』でイギリスで最初のメジャー・ヒットをしていた。パートンの曲との混同を避けるため、イーストンのレコード会社はアメリカでのリリースの際に『Morning Train (9 to 5) 』と改名した。

テレビ・シリーズ[編集]

1982年から1983年にABCで、1986年から1988年にシンジケートで、この映画に影響を受けたシットコムが放送された。この番組ではパートンの妹のレイチェル・デニソンがパートンのドアリー役、リタ・モレノがトムリンのヴァイオレット役、ヴァレリー・カーティンがフォンダのジュディ役を演じた。後半ではモレノの代わりにサリー・ストラザースが配役された。計85エピソードが撮影された。

ミュージカル[編集]

2008年ミュージカル化され、2012年には日本で上演される[6]

2009年、ブロードウェイ・ミュージカル[編集]

2008年3月上旬、センター・シアター・グループの芸術監督マイケル・リッチーはブロードウェイ公開前に2008年9月1日からロサンゼルスにあるセンター所有のアーマンソン・シアターにて、アリソン・ジャニーがヴァイオレット役、ステファニー・J・ブロックがジュディ役、メーガン・ヒルティがドアリー役、マーク・カディッシュがフランクリン・ハート・ジュニア役で開幕することを発表した。ミュージカル版の脚本は映画の脚本も共同で行なったパトリシア・レズニックが担当した。アンディ・ブランクンビューラーが振付をし、ジョー・マンテロが演出した[7]

スタッフ(日本上演版)
キャスト(日本上演版)

安崎求花山佳子石井一彰

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 9 to 5 at boxofficemojo.com”. 2011年3月24日閲覧。
  2. ^ Hollywood.com's Highest Grossing Comedy Films of All Time List”. 2013年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  3. ^ 1980 Yearly Box Office Results - Box Office Mojo
  4. ^ American Film Institute's 100 Years 100 Laughs – America's Funniest Movies [1]
  5. ^ 9 to 5 on rottentomatoes.com”. 2013年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月9日閲覧。
  6. ^ 『宝塚ジャーナル』 草刈民代・紫吹淳・友近のミュージカル『9時から5時まで』 レビュー&インタビュー
  7. ^ CTG’S 42nd Ahmanson Theatre Season Announced”. Center Theater Group. 2012年2月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]