9時から5時まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
9時から5時まで
9 to 5 / Nine to Five
監督 コリン・ヒギンズ
脚本 パトリシア・レズニック
コリン・ヒギンズ
製作 ブルース・ギルバート
出演者 ジェーン・フォンダ
リリー・トムリン
ドリー・パートン
ダブニー・コールマン
マリアン・マーサー
コリン・ヒギンズ
ペギー・ポープ
エリザベス・ウィルソン
スターリング・ヘイドン
音楽 チャールズ・フォックス
主題歌 ドリー・パートン
「9時から5時まで」
撮影 レイナルド・ヴィラロボス
編集 ペンブローク・J・ヘリング
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年12月19日
日本の旗 1981年5月4日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1千万ドル[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$103,290,500[2]
テンプレートを表示

9時から5時まで』(くじからごじまで 原題:9 to 5 / Nine to Five)は、1980年制作のパトリシア・レズニックおよびコリン・ヒギンズ脚本、ヒギンズ監督、ジェーン・フォンダリリー・トムリンドリー・パートンダブニー・コールマン主演によるアメリカ合衆国コメディ映画。3人のOLが性差別主義者で傲慢で嘘つきで偽善者で偏屈な上司に復讐する空想を現実にし、彼を屈服させる話である。

アメリカ国内で初週の興行収入が390万ドルを越えるヒットをし[2]、コメディ映画で第20位の興行収入となっている[3]1980年の全米興行収入第2位を記録した[4]シンガーソングライターとしてすでに地位を築いていたパートンのスター映画として、パートンはこの映画でポピュラー・カルチャーの主流に乗った。この映画を基にした1986年のドラマ版『9 to 5 』はあまり成功しなかったが、2009年4月30日にパートンによる新曲を追加したミュージカル版『9 to 5 』がブロードウェイで開幕した。

アメリカン・フィルム・インスティチュートによるアメリカ喜劇映画ベスト100で第74位にランクインし[5]Rotten Tomatoesでは82%の満足度となった[6]

あらすじ[編集]

ロサンゼルスのとある複合企業の各部署には、様々な事情を持った女性社員が勤めている。夫と離婚したばかりの新入社員ジュディ、シングルマザーのベテラン社員バイオレット、グラマーな秘書ドラリーの3人は、横暴な社長のフランクリンに対して、それぞれ不満を持っていた。

偶然、酒場で意気投合した3人はフランクリンをとっちめてやろうという事で一致。実行に移すが、思わぬ騒動が起こってしまう…。

ジュディ・バーンリー(ジェーン・フォンダ)は、夫ディック(ローレンス・プレスマン)が彼の秘書と駆け落ちしたため、仕事を探すことになる。ジュディはコンソリデイテッド社の事務職を見つける。先輩のヴァイオレット・ニューステッド(リリー・トムリン)はジュディに社内を案内し、メール・ルームのクラーク・エディ、アルコール依存症のマーガレット・フォスター、不誠実なフランクリン・ハート・ジュニア(ダブニー・コールマン)、ハートの補佐のロズ・キース(エリザベス・ウィルソン)などの社員を紹介する。ヴァイオレットはジュディにハートは豊満な秘書ドアリー・ローズ(ドリー・パートン)と関係を持っているらしいとこっそり話す。ハートは部下の女性たちを性的差別により利用し、虐げている。ジュディの初出勤日にコピー機が故障し、ハートはジュディに大声で怒鳴りつけて脅す。またハートは起こってもいないドアリーとの不倫の噂を広めてドアリーに嫌がらせをする。

昇進するはずであったヴァイオレットは自分の代わりに男性が昇進したことでハートに抗議し、ドアリーとの不倫の噂を突き付けたため、ドアリーはなぜ社内の他の女性から避けられているのかを知る。ドアリーはもしハートがこれ以上セクハラを続けるなら、いつも持ち歩いている銃で「雄鶏を雌鶏にしてやる」と抗議する。

ヴァイオレットとドアリーは会社を飛び出し、献身的な同僚が辞めさせられた(女子トイレで給料について話しているのをロズが盗み聞きして密告したため)ことに落ち込んだジュディも参加してバーでやけ酒を飲み、ドアリーの家に移動してヴァイオレットが10代の息子からもらったドラッグを吸う。3人に友情が芽生え、ハートに復讐をする妄想を語り合う。ジュディはハートを動物に見立てた古い狩猟方法のように、ドアリーは西部劇の要領で投げ輪で雄牛を縛り上げるように、ヴァイオレットは白雪姫の扮装で毒を盛る復讐を思いつく。

翌日、ヴァイオレットはハートのコーヒーに誤って殺鼠剤を入れてしまう。ハートはコーヒーを飲む前に椅子から転げ落ちて机に頭を打ち付け気絶する。ドアリーが同行して救急車で病院に運ばれ、ヴァイオレットは自分の入れた毒で倒れたのだと勘違いし、ジュディを伴い病院に駆け付ける。病院で警察官を見かけて、そばにあった遺体を盗んで車のトランクに詰め込み逃走する。その後その遺体がハートではないことに気付き、病院にこっそり返しに行く。

翌朝、ハートが普通に出勤してきて3人は驚く。女子トイレで3人は何が起こったのかあれこれ推測する様子をロズが盗み聞きして、3人がハート殺害を計画していたとハートに密告する。3人はハートを彼のチューダー様式の邸宅の寝室に監禁し、復讐方法を検討する。3人はハートの横領計画を発見し、証拠固めの間彼を繋いだままにする。

ハートがいないことをいいことに、ハートの名を使って社内の大幅な改善を行なう。フレックスタイム制にし、給料を公平にし、ワークシェアリングを導入し、保育園を併設した。ハートは社内の嫌われ者のため誰も彼がいないことを疑問に思わないが、ロズだけが気にしていたためヴァイオレットは彼女を研修旅行に行かせる。

ジュディがハートの監視をしていた際、夫のディックがジュディを追跡しやってきて復縁を迫る。ジュディは拒否し、懸命に追い出そうとする。ハートの妻ミッシー(マリアン・マーサー)が予定を切り上げて旅行から戻り、3人の計画は窮地に陥る。抜けだしたハートは横領した品を倉庫に戻し、3人に銃を突き付けて会社に戻る。ハートは自分がいない間に起こった社内の変化にショックを受けるが、取締役会長ラッセル・ティンズワーシー(スターリング・ヘイドン)が突然やってきて社内の変化を称賛される。マーガレット・フォスターは社内の矯正プログラムでアルコール依存症を克服する。ティンズワーシーはとても感銘を受け、ハートをブラジル支社に雇う。ロズが研修旅行から戻ると、ヴァイオレット、ジュディ、ドアリーが社内のハートの部屋で祝杯をあげていたため驚く。

ヴァイオレットがハートの地位を継いだため、ロズはヴァイオレットの補佐となる。ジュディはコピー機の会社の営業と恋に落ちて結婚し、ドアリーは退職してカントリー歌手となる。ハートはアマゾンの原住民に捕らえられてブラジルのジャングルに連れていかれて消息を絶つ。

キャスト[編集]

  • ジェーン・フォンダ/小原乃梨子 as ジュディ・バーンリー, 夫がライザという若い秘書と浮気をしたため別れることになり、会社に入社した新入社員。ヴァイオレットとドアリーと友達になる。
  • リリー・トムリン/京田尚子 as バイオレット・ニューステッド, 入社12年、4人の子持ちの未亡人。会社のことは何でも知っている。ハートは性差別主義者のため何度も昇進を逃している。新入社員のジュディに仕事を教えているうちに親友となり、ジュディの寂しさを理解する。仕事着として法被を着ている
  • ドリー・パートン/向井真理子 as ドアリー・ローズ, ハートの誘いを再三断っているにも関わらず彼と不倫をしていると誤解されている秘書。このため社内の女性陣から見下されていたが、誤解が解けてヴァイオレットとジュディと友達になる。
  • ダブニー・コールマン/小林勝彦 as フランクリン・ハート・ジュニア, 厳格で嘘つきな上司。この映画の悪役で、意味もなく人々を解雇し、ドアリーと不倫しているとうそぶく。最終的にブラジルに配置転換される。
  • スターリング・ヘイドン/郷里大輔 as ラッセル・ティーンズワージー, コンソリデイテッド社の取締役会長。ヴァイオレットらが行なった社内のレイアウトを気に入る。
  • エリザベス・ウィルソン/榊原良子 as ロズ・キース, ハートの重役補佐。よく盗み聞きをする。
  • ヘンリー・ジョーンズ as ヒンクル, コンソリデイテッド社会社の社長。
  • ローレンス・プレスマン/鈴置洋孝 as ディック・バーンリー, ジュディの元夫。
  • マリアン・マーサー as ミッシー・ハート, ハートの優しい妻。ハートのドアリーへの想いに全く気付いていない。
  • レン・ウッズ as バーバラ, ジュディとヴァイオレットの同僚。
  • ノーマ・ドナルドソン as ベティ, ジュディとヴァイオレットの同僚。
  • ロクサナ・ボニラ・ジャニーニ as マリア・デルガド, ロズの密告によりハートに解雇されたジュディの友人。のちにハートの名を使ったヴァイオレットらから復職させられる。
  • ペギー・ポープ as マーガレット・フォスター, アルコール依存症の事務員。「老いぼれの酔っ払い」と呼ばれることもある。「atta girl!」(でかした)が口癖。ジュディは入社当時彼女を変人扱いしていたが、次第に打ち解けて友達になる。
  • リチャード・スタウル as ミード, 副社長。ハートを嫌っている。
  • レイ・ヴィト as エディ・スミス, メール・ルーム勤務員。ジュディの初日、「新入社員を雇うくらいなら俺を刑務所みたいなメール・ルームから出してくれ。(ジュディに向かって)きっとここが嫌いになるぜ」と語る。
  • ジェフリー・ダグラス・トーマス as ドウェイン・ローズ, ドアリーの夫。いつも支えてくれる。ミュージシャンで夜はライヴ活動をするためドアリーはジュディとヴァイオレットと一緒に行動することができる。
  • 日本語吹替 - 初放送1984年10月18日 テレビ東京木曜洋画劇場』 ※DVD収録

製作[編集]

自身のプロダクション会社IPCを設立したばかりのジェーン・フォンダのアイデアに基づき映画が製作された。

私の映画のアイデアはいつも日常生活で見聞きしたものからきている。旧友がボストンで女性労働組合「9 to 5」という組織を設立した。私は彼女たちから様々な素晴らしい物語を聞いた。また私は常に1940年代の3人の女性が登場する映画が好きである。[7]

フォンダは当初ドラマ映画にする予定であったが、「説教くさく、フェミニストになり過ぎると感じた。私はトムリンといつか共演したいと考えていて、同僚のブルースと私は突如コメディ映画にするべきだと思いついた」[7]。パトリシア・レズニックが草稿を書き、フォンダ自身がトムリンとパートンを主演にキャスティングし、パートンにとってこれが映画デビューとなった[8]。その後コリン・ヒギンズが監督および脚本の改訂に加わった。ヒギンズの課題は脚本に3人の物語をちりばめることであった。フォンダはヒギンズにとても協力的で、脚本を書き直すと撮影し直すことに了承した[9][10]

ドリーはヒギンズに関して「とてもいい人で物静かで落ち着いた人」と語った。「私の映画デビュー作でもし変な監督が来ていたらどうしたらいいかわからなかった」[8]

ヒギンズは当初3人のスターと映画製作することに緊張していたが「3人共とてもプロフェッショナルでとても楽しく製作することができた。どの仕事もこのように簡単だといいのに」[11]

フォンダは「「労働者映画」ではあるが、『怒りの葡萄』や『地の塩 (1954年の映画)英語版』からの新たなジャンルとなっていると思う」と語った。「映画にはヒギンズ監督が必要だと思うシーンでもカットされた部分も多い。私は石鹸箱の香りから観客の反応まで何にでも神経質である」[7]

フォンダは映画のために、女性が離婚や夫を亡くすなど歳を重ねてから仕事を始めることに焦点を当てて様々な調査をした。

私が気付いたことは、秘書あるいは事務員は重要な仕事でスキルが必要でありながら、リスペクトされていないということ。彼女たちは自分たちを「会社の嫁」と呼ぶ。上司の車にガソリンを入れ、コーヒーを出し、彼の妻や愛人にプレゼントを買う。映画で描きたかったのは、上司なしで会社はやっていけるけど、秘書や事務員なしではやっていけないということ。[7]

ロケ地[編集]

フランクリン・ハートの邸宅はロサンゼルスのベル・エアのベラジオ・ロード10431番地にある。オフィスはロサンゼルスのサウス・フラワー・ストリートと6番通り交差点にあるパシフィック・ファイナンシャル・センターとされる。ロサンゼルスが舞台となっているが、タイトル曲のバックで流れるのはほとんどがサンフランシスコのダウンタウンである。Muniバス、マーケット・ストリートの時計、双子のマリアンとヴィヴィアンが映る。

テーマ曲[編集]

主題歌はドリー・パートンが作曲および演奏した『9時から5時まで』(9 to 5)である。1980年代のパートンの曲で最大のヒット曲の1つとなった。映画撮影中、パートンは長い付け爪でタイプライターを打つ音を使用することを思いついた。パートンは撮影セットで爪を鳴らしてビートを作りながら作曲した。『ビルボード』誌のカントリー・チャートおよび、Billboard Hot 100で2週連続第1位を獲得し、アカデミー歌曲賞など様々な賞にノミネートされた。1981年、ピープルズ・チョイス・アワードの映画楽曲賞を受賞し、1982年、グラミー賞においてカントリー楽曲賞、女性カントリー・ヴォーカル賞を受賞した。なおこの時のグラミー賞には4部門にノミネートされた。アメリカレコード協会によりプラチナ認定された。

同年、当時新人であったシーナ・イーストンは同じタイトルの『9 to 5 』でイギリスで最初のメジャー・ヒットをしていた。パートンの曲との混同を避けるため、イーストンのレコード会社はアメリカでのリリースの際に『Morning Train (9 to 5) 』と改名した。

テレビ・シリーズ[編集]

1982年から1983年にABCで、1986年から1988年にシンジケートで、この映画に影響を受けたシットコムが放送された。この番組ではパートンの妹のレイチェル・デニソンがパートンのドアリー役、リタ・モレノがトムリンのヴァイオレット役、ヴァレリー・カーティンがフォンダのジュディ役を演じた。後半ではモレノの代わりにサリー・ストラザースが配役された。計85エピソードが撮影された。

2009年、ブロードウェイ・ミュージカル[編集]

2005年9月30日、『ラリー・キング・ライブ』でのインタビューでパートンは映画のミュージカル版の曲を作曲中であると明かした[12]。2007年1月19日、非公開の読み合わせが行われ[13]、同年夏にさらに非公開のプレゼンテーションがニューヨークで行われた。

2008年3月上旬、センター・シアター・グループの芸術監督マイケル・リッチーはブロードウェイ公開前に2008年9月1日からロサンゼルスにあるセンター所有のアーマンソン・シアターにて、アリソン・ジャニーがヴァイオレット役、ステファニー・J・ブロックがジュディ役、メーガン・ヒルティがドアリー役、マーク・カディッシュがフランクリン・ハート・ジュニア役で開幕することを発表した。ミュージカル版の脚本は映画の脚本も共同で行なったパトリシア・レズニックが担当した。アンディ・ブランクンビューラーが振付をし、ジョー・マンテロが演出した[14]

playbill.comによると、ブロードウェイにあるマーキス・シアターにて2009年4月7日にプレビュー公演が行われ、2009年4月30日に正式に開幕した[15]。しかしチケット売り上げが低迷し、同年9月6日に閉幕した。2010年9月から全米ツアー公演が行われ、2012年、イギリス・ツアー公演が企画された。

日本での上演[編集]

2012年には日本で上演される[16]

9 to 5 (musical)も参照。

スタッフ(日本上演版)
キャスト(日本上演版)

安崎求花山佳子石井一彰

続編の可能性[編集]

1980年代、ユニバーサルはヒギンズと続編について話し合っていた。トム・マンキーウィッツが短期間関わっており、パートンは乗り気だが、フォンダとヒギンズはそうでもないと語った[17]

2005年、イギリスのBBC Oneのインタビューにてフォンダ、トムリン、パートンの3人共続編の主演に興味があると語った。フォンダはもしいい脚本ができたら絶対出るとし、時代に合わせて『9時から5時まで』ではなく『24時間1週間』にしたらどうかと語った。パートンは皆が退職する前に急いで製作することを提案した。DVDのコメントでは3名は続編への熱意を繰り返し、フランク・ハートは報復に戻ってくるべきだと語った。

アメリカン・フィルム・インスティチュートによる評価[編集]

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Aubrey Solomon, Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History, Scarecrow Press, 1989 p259
  2. ^ a b 9 to 5 at boxofficemojo.com”. 2014年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  3. ^ Hollywood.com's Highest Grossing Comedy Films of All Time List”. 2013年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  4. ^ 1980 Yearly Box Office Results - Box Office Mojo
  5. ^ American Film Institute's 100 Years 100 Laughs – America's Funniest Movies [1]
  6. ^ 9 to 5 on rottentomatoes.com”. 2013年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月9日閲覧。
  7. ^ a b c d “LIFE STYLE.”. The Canberra Times (National Library of Australia): p. 17. (1981年2月6日). http://nla.gov.au/nla.news-article125651063 2015年2月28日閲覧。 
  8. ^ a b “Dolly Parton: first footlights, now films.”. The Australian Women's Weekly (National Library of Australia): p. 145 Supplement: FREE Your TV Magazine. (1980年5月28日). http://nla.gov.au/nla.news-article56325277 2015年2月28日閲覧。 
  9. ^ HIGGINS: WRITER-DIRECTOR ON HOT STREAK Goldstein, Patrick. Los Angeles Times (1923-Current File) [Los Angeles, Calif] January 24, 1981: b15.
  10. ^ '9 to 5' a real grind for writer Beck, Marilyn. Chicago Tribune (1963-Current file) [Chicago, Ill] October 23, 1979: a12.
  11. ^ “John Michael Howson's Hollywood.”. The Australian Women's Weekly (National Library of Australia): p. 47 Supplement: TV WORLD. (1981年3月25日). http://nla.gov.au/nla.news-article51771755 2015年2月28日閲覧。 
  12. ^ Dolly Parton's Anniversary; Walter Cronkite on Peter Jennings”. 'Larry King Live transcript. CNN.com (2005年9月30日). 2013年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  13. ^ Kenneth Jones (2007年1月11日). “Ullman, Ripley, Hilty, Kudisch, Lewis Will Read Nine to Five Musical”. playbill.com. 2008年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  14. ^ CTG’S 42nd Ahmanson Theatre Season Announced”. Center Theater Group. 2012年2月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  15. ^ Kenneth Jones (2008年7月15日). “Hello, Dolly! 9 to 5 Books Broadway's Marquis; Full Casting Announced”. playbill.com. 2009年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  16. ^ 『宝塚ジャーナル』 草刈民代・紫吹淳・友近のミュージカル『9時から5時まで』 レビュー&インタビュー
  17. ^ Tom Mankiewicz, My Life as a Mankiewicz: An Insider's Journey Through Hollywood (with Robert Crane) University Press of Kentucky 2012 p 278

外部リンク[編集]