くにおの熱血闘球伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

くにおの熱血闘球伝説』(くにおのねっけつドッジボールでんせつ)は、テクノスジャパンMVS用ビデオゲームソフト。くにおくんシリーズの1つである。

ゲームデザイン、キャラクターデザインは白戸政男が担当した。

ゲームについて[編集]

熱血高校ドッジボール部とルールは同様であるが全員必殺技のシュート(これを喰らえば大ダメージになる)がある。相手の必殺技等もタイミング良くキャッチする事で防御できる場合もある。

ゲーム開始後に最初に好きなチームを選ぶ。そして相手と対戦していき各ステージ終了時に倒したチームのボスを自分のチームに招きいれることができる仕様となっている(拒否も可能)。ただし入れ替えた場合は誰を抜けるかは一定のパターンで決まっており、抜けた1人は去り際にメッセージを残して去っていく。

そして次々と現れる強豪相手にドッジボールで勝負し、上記の通り好きなキャラクターを入れ替えたりしてステージを進め、最終面をクリアすればエンディングとなる。

ドッジボールのルールとゲームシステム[編集]

ドッジボールゲームであるが、ルールは一般的なドッジボールのルールとは違う。

  • 多少なら相手のコート内に入ってもよい。相手コート内でもジャンプの着地まで持っているボールは有効なのでダッシュ→自分のコートギリギリでジャンプ→ジャンプ着地前までにシュートすれば最大限かつ完全に相手コート内の1/3近くまで入れるので、より相手に近い場所での攻撃が可能となるが、着地場所から自分のコートに戻る間は無防備になり、カウンターアタックとバックステップ以外は使用できなくなる。
  • ほぼ全てのシュートはキャッチ角度が合っていればキャッチ動作をすればキャッチすることができる。完璧なタイミングでキャッチできれば合体技以外はダメージ0でキャッチできる。
    逆にタイミングが合わないとキャッチできても体力が削れ、体力が削れ切っている状態だと必殺技のシュートは完璧なタイミングでキャッチできないとキャッチしきれずにやられてしまう。
  • 相手のコート内にボールが落ちてても自分のコート内から手が届く範囲ならばボールが取れる場合がある。
  • 体力が0になって脱落した選手は外野へ移動する。外野にいる選手も必殺技を打てる。
  • キャプテン格のキャラがパワーゲージMAX時にそのキャプテン格のキャラに応じた合体攻撃ができ、1人に大ダメージを与えることもできる。
    また、完ぺきなタイミングでキャッチしても体力を削る事ができるため、体力がわずかの選手を削って倒す事ができる。
  • 相手のチームの体力を全部0にするとステージクリア。自分のチームの3人の体力が0になることでゲームオーバー。また各ステージに制限時間が設けられていて、もし時間内に勝負がつかずタイムが0になった場合、各キャラクターの残り体力が多い方が勝ちとなる。対戦はCPU戦は1本勝負だが、それでも通常の対戦ゲームよりは多少長くプレイできる。
  • キャラクターが吹っ飛んでダウンすると起き上がるまで完全に無防備になる。無防備になる時間はダウンしたキャラの残り体力が低いほど長くなる。
    ダウン中にさらに攻撃を受けて吹っ飛とんだ後はすぐに起き上がるが、吹っ飛んでる間に地面に着地する前に攻撃を受けると即座起き上がりが無効化され、また一定時間無防備になる。
    起き上がるモーション中にカウンター技を入力するとすぐにカウンター技が発動する。
  • 操作していないキャラクターは全員健在の時は操作キャラの左右後ろの三角陣形を、一人脱落して外野に行った時は真後ろに移動する。
    操作していないキャラクターはほぼ何もしないので操作しているキャラクターがダウンして無防備になっている場合にうまく狙いを定められた場合、ほぼ一方的に攻撃を受ける。
  • 一定時間ボールを持ったままシュートをしないとボールが点滅し始め、最後には爆発する。爆発したボールにはダメージ判定があり、巻き込まれると若干のダメージを受ける。
    爆発した場合はレフェリーのアンジェレッタが守備側だったチームの陣地にボールを投げる。
    ボールが落ちた場所が互いに回収がほぼ不可能な場所だったり、拾えるがわざと拾わずに一定時間過ぎるとアンジェレッタがボールを回収して中央めがけてボールを投げる。

操作方法[編集]

下記の攻撃時はボールを持っている時、守備時は相手側にボールがある場合のことである。

レバー8方向で移動、同じ方向に2回連続入れるとDash、Dashと逆の方向に2回入れるとBackstep Aボタン(攻撃時:Shoot、守備時:Catch)、Bボタン(攻撃時:Pass、守備時:Dodge)、Cボタン(攻撃守備に関わらずJump)、Dボタン(攻撃時:Faint、守備時:Provoke)。

ボールを持っている選手が対戦相手に衝突しあうとボールの奪い合いに発展し、A連打で多く連打できた方がボールを奪える(またこの場合連打で負けた側は倒されてしまい、ボールを奪った側に追加攻撃されることもある)。

主な登場キャラクターと必殺技 [編集]

技(コマンド)は全キャラクター共通なので、以下技の名前と対応するコマンド名のみ記載する。方向入力は1P側のものである。

コマンド一覧
  • コマンドA(右、下、右下+A)
  • コマンドB(下、右下、右+A)
  • コマンドC(ボールを持っていない時に右、下、右下+A)
  • コマンドD(パワーが最大の時に右、左、左下、下、右下、右+A)
  • コマンドE(右、下、右下+B)
キャラクター別技一覧
  • KUNIO(くにお):"NEKKETSU"NUT SHOOT…コマンドA、"NEKKETSU"ROLLING SHOT…コマンドB、"NEKKETSU"COUNTER…コマンドC、"NEKKETSU"ROYAL STRIKE…コマンドD、SPECIAL PASS…コマンドE
  • RIKI(リキ):SKYLARK SHOOT…コマンドA、MACH SHOOT…コマンドB、"HANAZONO"COUNTER…コマンドC、BURNING UPPER…コマンドD、SPECIAL PASS…コマンドE
  • MIYUKI(みゆき):MEGA-WENDIES…コマンドA、MOUSE FLASH…コマンドB、MOUSE REFLECT…コマンドC、LOVE MERRY-GO-ROUND…コマンドD、SPECIAL PASS…コマンドE
  • KENJI(ケンジ):MUSCLE KILLER…コマンドA、ROYAL GUST SHOOT…コマンドB、FIST COUNTER…コマンドC、FRIENDLY ROLLING…コマンドD、SPECIAL PASS…コマンドE
  • SHINJI(しんじ):BARI-BARI ROLLING…コマンドA、RORI-RORI ROLLING…コマンドB、SHARP FLIP…コマンドC、BARI-BARI TOURING…コマンドD、SPECIAL PASS…コマンドE
  • MISUZU(みすず):HYAKKAN LOVE…コマンドA、SEXY IN THE SKY…コマンドB、KONG REFLECT…コマンドC、DYNAMITE PLIP…コマンドD、SPECIAL PASS…コマンドE
  • SABU(サブ):"JINGI"WHIRL…コマンドA、"YAKUZA"FIRE…コマンドB、"YAKUZA"REFLECT…コマンドC、"NINKYO"EXPLOSION…コマンドD、SPECIAL PASS…コマンドE

チームメンバー[編集]

各チームに2人配置されている。必殺技も可能。5人分のグラフィックが用意され、それぞれ色違いと別名で表示されている。

KAMEKICHI(くにおチーム)、 KAEDE(みゆきチーム)、MAKOTO(けんじチーム)

眼鏡をかけている痩せた学生風の男。

MUSASHI(くにおチーム)、HIROMITSU(しんじチーム)、GONZOU(みすずチーム)

スキンヘッドの中年男。

KEIKO(みゆきチーム)、AKEMI(さぶチーム)、KOZUE(りきチーム)

ショートカットの強気な女性。

TAKUYA(さぶチーム)、JYOJI(けんじチーム)、AKIRA(しんじチーム)

ヤンキー風の男。

KIYOSHI(みすずチーム)、USHIMARU(りきチーム)

ラグビー装備の中年男。

その他のキャラクター[編集]

D.B.MAOU

この世からドッジボールを消し去る事を企み、くにお達、ドッジボーラーを大会に招待し、抹殺しようとした。

DAA、BOO

MAOUの手下。ラグビー装備の中年男の格好をしている。

ANGELETTA

ドッジボールの審判でMAOUの娘。ゲーム中のアナウンサー。

主な声優[編集]

備考[編集]

AMショーに出展された後、1996年頃に先に海外(タイトルは「Super Dodge Ball」)で発売されたが、その後テクノスジャパンが倒産してしまい、日本で発売されることはなかった。海外でもあまり出回っていないため、ソフト自体はかなり貴重である。

開発秘話[編集]

新潟で行われた開発の際、本作が参考とした『熱血高校ドッジボール部』の基板は、テクノスの東京本社および海外の支部にもすでに存在しなかったため、中古ファミコンショップである『ゲームの王様「とのさまーと」』(現在は閉店)から提供してもらった。その縁から、とのさまーとでロケテストが行われた。本作品は日本国内では販売されなかったため、事実上、日本で唯一現役でプレイできたゲームセンターとなった。

またその時に、協力のお礼としてプレゼントされたゲームボーイ用のROMカセット『JIDAIGEKI(仮)』は、『くにおくんの時代劇だよ全員集合』のキャラクターが対戦格闘形式で戦うもので、スコアやゲームモードこそないが、キャラクターが「キム乱舞」「ヘッドプレス」「バーンナックル」などの技を駆使して戦う、非売品のSAMPLEソフトとしては非常に完成度の高いものであった。とのさまーと店長に頼めばプレイが可能だった時期があり、幻のゲームとして語り継がれている。

「とのさまーと」の文字は、隠れキャラクター(看板)として、本作の背景に登場する。4面の背景の端に書かれていて、プレイ中には確認できないが、ハイスコア画面で確認することができる。本作唯一の隠し要素である。

開発途中は「サブ」というキャラクターに刺青があったが、途中で刺青は問題があるということになり、Tシャツの柄ということに変更された。一枚絵はTシャツだが、キャラクターの絵はTシャツになっていないのはそのためである。