新・熱血硬派くにおたちの挽歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新・熱血硬派くにおたちの挽歌
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 アルマニック
発売元 テクノスジャパン
シリーズ くにおくんシリーズ
人数 1~2人
メディア Mbitカセット
発売日 1994年4月29日
テンプレートを表示

新・熱血硬派くにおたちの挽歌』(しん ねっけつこうはくにおたちのばんか)は、テクノスジャパンが1994年4月29日に発売したスーパーファミコンアクションゲーム。開発はアルマニック

概要[編集]

本作は、くにおくんシリーズの中でも異色のもので、仁侠映画のようなシリアスなストーリーとなっている。ゲームの流れは、第一作の『熱血硬派くにおくん』のような方式で、ステージの後戻りはできない。キャラクターは4頭身のグラフィックになっている。

花園高校校舎が徐々に崩壊していったり、観覧車で回るゴンドラの上や川で流れる丸太橋の外など変な場所から敵が出現してきたり、バイクに乗りながら公道で218キロ出すことができたりなど、よりハチャメチャぶりが増している。

コンティニューは、パスワード方式を採用している。難易度はイージーモードとノーマルモードを選ぶことができるが、イージーモードの場合は中盤まで進むと「ノウガキたれてんじゃねぇ!」と言われてタイトルに戻されるため、それ以上進められない。

プレイヤーの体力が0になったら[1]ゲームオーバーになる。2人プレイ時に片方のプレイヤーが扱うキャラが体力0で倒れた場合、他のキャラにコントロールを移すことができず、次のステージまでそのプレイヤーはフェイドアウトする。

本作は岸本良久と富山徳之が製作に携わっている。BGMは山根一央、脚本は横倉廣が担当。

あらすじ[編集]

とある深夜、高校生によるバイクのひき逃げ事件が発生、目撃者の目に映っていたのはくにおとりきの姿であった・・・。数日後の夜、2人は西練馬少年院に収容されてしまう。しかし、2人はひき逃げした覚えはなかった。

翌朝、面会に来たひろしが2人に熱血高校の異変、そして街で捕まっているはずのくにおを見かけた人がいることを伝えた。2人は、同室していたごうじたちと脱走する事を予想したひろしの協力により、その日の夜脱走に成功したのだった。

2人は、この事件の真犯人を突き止めるべく奔走する。

登場人物[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

くにお
熱血高校の番長格。序盤の囚人服着用時では必殺技を使うことができない。
必殺技は旋風脚、回転チョーパン、飛び膝蹴り、裏拳。
りき
花園高校の番長格。1作目では敵キャラクターだったが、今回は親友としてプレイヤーキャラクターとして登場する。序盤の囚人服着用時では必殺技を使うことができない。
必殺技はマッハパンチ、スクリューアッパー、飛び膝蹴り、背面キック。
みさこ
熱血高校の生徒で、くにおの彼女[2]。緑のブレザーを着用している。熱血高校内でも1、2を争う美少女で名高いが、少々浮気癖があるようで(強い男に惹かれ易い、とマニュアルにも書いてあるほど)、ひろしには「くにおさんがいなくなってから、だいきと仲良しみたいなんだな」と報告されてしまっている。りきですら「だからあの女はやめておけと言ったろうが」、「スベタ」と語っており、どうやらその素行は熱血高校はおろか、他校にも知られてしまっている模様。しかし、本人はくにお一筋だと弁解し、誤解を解き手伝いをするために今回の戦いに参戦するも、物語の中盤でさぶに撃たれて病院送りとなりパーティーメンバーから外れてしまう(みさこはこの際にくにおの身を案じるような発言をしている事から、本当にくにお一筋であったようである)。
必殺技は旋風脚、回転アタック、飛び膝蹴り、背面キック。
きょうこ
花園高校の生徒で、りきの彼女[3]。青いブレザーを着用したポニーテールの美少女。りきが現れるまでりゅうたの誘いをきっぱりと拒み続けており、りき一筋である点ではみさことは正反対(きょうこ曰く「あたしがいないとてんでだらしない」と発言している)。りきのために今回の戦いに参戦するが、みさこと同様に物語の中盤でさぶに撃たれて病院送りとなりパーティーメンバーから外れてしまう。
必殺技はマッハキック、スクリュービンタ、飛び膝蹴り、回転チョップ。

味方キャラクター[編集]

ひろし
今作ではくにおの舎弟という設定。くにおに面会しに少年院へやって来て、事情を教えていく。
まもる
たかやまの息子でくにおとは友人関係。くにおの無実を信じ、体を張って庇う。
のぶ
花園高校の生徒。りきが帰ってきた事を知ると現在の花園高校の状況を伝えてくれる。
りゅうさく
花園高校の生徒。脅されて遊園地でバイトをさせられ、納める金を作らされていた。小心な性格。
ごうじ
くにお達が入れられた少年院の部屋の先客。最初はとおると共に襲い掛かってくるが、くにお達の強さを知り詳しい事情を聞くと、脱走計画に協力をしてくれる。
とおる
くにお達が入れられた少年院の部屋の先客。最初はごうじと共に襲い掛かってくるが、くにお達の強さを知り詳しい事情を聞くと、脱走計画に協力をしてくれる。
たかやま
くにおとりきが入っていた西練馬少年院の法務教官(看守)。まもるのことを気にしており、まもるが反抗するのはくにおと付き合いだしたせいだと訝しむ。厳格な性格ではあるが一方ではきちんと話せば分かる人物であり、のちにくにお達にとって助力してくれる味方となってくれる[4]

敵キャラクター[編集]

だいき
くにおの留守中に熱血高校の番長格となる。くにおの不在の間にくにおの白ランを勝手に身に着けたためくにおたちの怒りを買い、白ランを奪い返される。
りゅうた
りきの留守中に花園高校の番長格となる。倒した後はしんじに金を借りていた事も白状する。
しんじ
暴走族「ブルーエンペラー」のヘッド。1作目のステージ2のボスキャラクターで、横浜ファンキーのヘッドだった「しんじ」と同一人物と思われる。
リサ
ロッポンギにいる美女。
ジョー
ロッポンギでリサと共に襲いかかってくる黒人。
きんじ
ロッポンギにいる黒服のヤクザ。
みすず
1作目3面のボスを務めた太陽学園3年のスケ番。くにおとりきを凌駕する巨体とガタイの持ち主。巨体を生活かした肉弾戦を得意とする。くにおが最も苦手とする相手で、偶然居合わせたパチンコ屋でストレス解消を理由として襲い掛かった後にさぶの用心棒として雇われ伊豆の別荘で再びくにお達の前に立ちはだかる。倒した後は別荘に自爆装置が仕掛けられている事を教え、去っていく。
けん
くにおと瓜二つの高校生で、この物語の中心人物。今回のひき逃げ事件を起こした張本人で本人曰く、くにおの双子の弟で恵まれた環境で育ったくにおを恨んでいたというが、実際は容姿が瓜二つなだけで血縁関係などない赤の他人でありさぶの復讐のコマとして利用されていただけだった。伊豆の別荘でさぶに時間稼ぎのための捨て石にされ、くにおとりきに敗北した末、さぶに見限られ射殺された。
悪に加担していたとはいえ、誰の愛も受けない生活は寂しかったらしく死に際にくにおに向けて「一度は本気でアニキって呼んでみたかった…」と言い残した。
さぶ
指名手配されている暴力団「三和会」の組長。1作目のラストボスと同一人物であり、復讐の為にけんを養子にし、くにおとりきを少年院送りにしようとした真の黒幕でもある。くにお達が収監されている間、熱血高校や花園高校などを傘下に治め、新宿六本木をシマにしようと画策するも、くにおとりきにより企みを挫かれる。みさこときょうこを拳銃で撃って負傷させた上にけんを道具として利用した末に命を奪ったためにくにおとりきの怒りを買い、伊豆の別荘に乗り込んできた2人に打ちのめされた後、自爆装置が作動した別荘に置き去りにされた。

脚注[編集]

  1. ^ 2人プレイの場合は2人ともプレイヤーの体力がゼロになった場合。
  2. ^ ちなみに熱血硬派シリーズではきょうこと共に唯一の彼女設定であるが、『くにおくんの熱血サッカーリーグ』などに出てきたみさこと同一人物かは不明ではあるものの、みさこが電話番号を教えた描写が存在する。
  3. ^ みさこ同様、熱血硬派シリーズでは唯一の彼女設定であるが『ダウンタウン熱血物語』では別の彼女(まみ)と付き合っている設定となっている。
  4. ^ 作中後半にパトカーでくにお達を誘導するシーンがあるが、法務教官は法務省の職員なのでパトカーは運転できない。