くにおのおでん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くにおのおでん
ジャンル パズルゲーム
対応機種 スーパーファミコン
発売元 テクノスジャパン
シリーズ くにおくんシリーズ
メディア ロムカセット
発売日 1994年5月27日
テンプレートを表示

くにおのおでん』は、1994年5月27日にテクノスジャパンから発売された、スーパーファミコン用落ち物パズルゲームくにおくんシリーズの一つである。後に、携帯アプリ版も配信された。

概要[編集]

くにおくんシリーズの大部分はアクションゲームであるが、本作は落ち物パズルという珍しい作品でる。ゲーム中にはキャラクターの音声も収録されている。

対戦に使用可能なキャラクターは、「くにお」、「りき」、「ごだい」、「にしむら」、「はせべ」、「ももぞの」、そして「????」と名前が伏せられているキャラクターの7人。その他、対戦前後のアニメーションにて背景キャラクターとして「みさこ」「ごうだ」「ダブルドラゴン兄弟(りゅういち・りゅうじ)」「しんいち」「まみ」「とうどう」、『熱血格闘伝説』の「ダブルタイガー兄弟(とらいち・とらじ)」などが登場している(「みさこ」は物語の発端と言う事もあり、パッケージイラスト、OPにも出ている)。

上記のように登場人物は『ダウンタウンシリーズ』から出演しているが、唯一「みさこ」だけは『熱血高校ドッジボール部 サッカー編』(後年には『熱血硬派シリーズ』にも登場)からの出演であり、ある意味ではシリーズの枠を越えた共演作となっている。

なお、本作のエンディングBGMである、「Lover to Friend」のボーカル曲およびカラオケ曲を収録したミニCDが付属されていた(歌手は、桃園役の杉本沙織)。

ゲームデザインは白戸政男甲斐浩二、音楽は飯塚千晶片岡清美上原麗子が担当した。

くにおくんを始めとする登場キャラクターがいわゆる「軟派」なキャラを演じていること、後述するようにシステムが様々な落ちものパズルゲームの模倣であることから、くにおくんシリーズのなかでも駄作と評されることがある[1]

ストーリー[編集]

学園祭でくにおはみさこが営業しているおでん屋の前を通るが、売れ行きがあまりふるっていないのを感じたくにおは「ここで食べて救わなければ、熱血硬派の名がすたる」と、おでんを食べ始める。そこへりき、にしむらといったくにおくんシリーズおなじみのメンバーがおでん屋の前を通りかかり…。

特徴[編集]

タイトルにもあるとおり、ゲームに使うブロックは「おでんの具」である。モードは、一人用のスコアアタック、CPUとの対戦モード、対人戦モードの3つで、CPUとの対戦モードは実質ストーリーモードのようなものである。

本作は、具を消す時の並べ方が2つあり、ゲーム開始前にどちらかを選択する。対戦モードでは、それぞれ異なるルールを選択することも可能。

くっつきルール
ぷよぷよ』のように、同じ具を縦横に隣接させて、4つつなげる事で消す事ができる。
ちょくれつルール
コラムス』のように、同じ具を3つ直列に縦、横、斜めのいずれかでそろえる事で消す事ができる。

連鎖、および具を消すために最低限必要な数を超える数で具を消す事(同時大量消し)により相手側に「おでんの串」(くし)を送る事ができる。同時大量消しより連鎖の方が与えるダメージは大きい。串は、落下する位置に具があった場合、具を貫通し、具が無い場合は串がそのまま残る。落下位置にすでに串があった場合、積み重なる。串が貫通した具は、通常通り串ごと消す事ができるが、串のみの場合は、からし(後述)を使わないと消す事ができない。

画面の中央には「からしゲージ」があり、時間の経過でゆっくりたまっていく。具を早めに落とすなどの行動でゲージを速く溜める事ができる。ゲージが満タンになると、任意のタイミングで「からし」を使う事ができる。からしは、3つの色があり、任意に切り替える事ができる。効果は以下の通り。

黄色のからし
接触した具とフィールド内にある同じ具を全て消す事ができる。串に接触させた場合は、串を全て消す。それだけでは相手側に串を送る事はできないが、からし使用で具が消えたことで連鎖が発生すると串による追加攻撃ができる。
赤のからし
黄色のからしと同様に接触した具をすべて消し、消した具の分だけ相手に串を送る。ただし、串を消すことはできない。
緑のからし
落とした場所に関係なく、からしゲージの溜めるスピードを速めることができる。

スコアアタックのモードでは、からしの他に「大皿」を選択する事ができる。大皿は、落下地点から下にある具を全て消す事ができる。

なおシステム上、具が消えることを「食べる」、同時大量消しを「大食い」、連鎖を「早食い」と表現する。CPUとの対戦では後から登場する対戦相手ほど、大食い、早食いが得意とされている。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]