戦国ブレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦国ブレード
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
セガサターン[SS]
PlayStation 2[PS2]
開発元 彩京
発売元 [AC]:彩京
[SS]:アトラス
[PS2]:タイトー
人数 1 - 2人協力プレイ
発売日 [AC]:1996年
[SS]:1996年11月12日
[PS2]:2004年12月2日
[PS2]:2005年12月1日廉価版
テンプレートを表示

戦国ブレードSengoku Ace EpisodeII)は1996年彩京がリリースしたアーケードゲーム。ジャンルはシューティングゲーム。『戦国エース』の続編。

概要[編集]

8方向レバー、2ボタン(ショット、ボム)でプレイヤーを操作。ボムはこよりのものを除き、即座に敵の弾を回避することができる。

前作の戦国エースの世界観ならびにキャラクターはほとんど引き継いでいるが、システムに一部変更がなされている。前作が縦スクロールであったのに対し、本作は横スクロールになっている。
また、空を飛ぶことができる飛蒼石の設定により、自機は飛行機ではなくキャラクターそのものになっている。
その細かい演出として、地面があるステージでキャラクターを接地させる事により走る動作を取る。
キャラごとにオプションがあり、一段階でもパワーアップすると登場する。またパワーアップアイテムは二段階になるまでは道中でパワーアップアイテムを落とす敵が出現する。
前作、および他のシューティングゲームと違う点として「敵にぶつかってもミスとならず、ショットのパワーがダウンする程度で済む」、敵の弾に当たって初めてミスとなる。
溜め撃ちはオプションが担当し、溜め撃ちの動作中はオプションの援護射撃は一切ない。

他、2人プレイによるキャラクター同士の掛け合いや専用エンディングはそのまま顕在しているほか、ステージ分岐が加えられている。

キャラクターデザインは、中村博文による前作のデザインを踏まえて、司淳が担当している。

プレイヤーキャラクター[編集]

各プレイヤーキャラクターの設定と大まかな性能を記述する。声優はセガサターン版のもの。

暴れん坊巫女 こより
- 川村万梨阿
お金が大好きな暴れん坊巫女。前作とうって変わって巨乳になり、天外からその点に突っ込まれ、アインにも巨乳のせいで気づかれない。
こよりが放つお札状のショットはパワーアップすると距離が離れれば離れるほど、上下にぶれる特性を持ち、パワー段階が高いほど、ブレ幅が大きくなる。
加えてオプションのバサロがホーミング弾を撃つため、攻撃範囲が非常に広く、ホーミング弾のおかげでどの位置でも安定して攻撃が当たる。
反面、ショットとオプションの威力が低く、ショットがばらけやすい特性上、距離が離れていると固い敵に効率よくダメージを与えづらい。
また、ボムはただ一人時間差で敵の弾を消す上、ボムの範囲内の弾を消すだけなので、当たる直前にボムを使って敵の弾を回避という芸当ができない。
溜め撃ちは式神バサロの口から術法を放つ。パワー段階によって形が変わり、溜めのスピードが速く連射が利くため、置き感覚で撃てる。
オプション:式神 バサロ
溜め撃ち:使役の術法
ボム:九字の術法
帰ってきたターボ坊主 天外
声 - 飯塚昭三
凄まじい法力と怪力を併せ持つ流浪の仏僧。今回も邪気を感じ、それを滅ぼさんと足を運ぶ。ただし、彼が一人で解決すると大抵ロクなことにならない。
単純なショットの威力が最も高く、ボムの威力も高い。しかしショットもオプションもボムも範囲が狭い一点集中型。移動スピードも遅い為、広い範囲で敵が出ると対処に苦労する。
ボムは天外が放つ念仏に弾消しの効果&天外自身が無敵状態になるので、ボム発動中は敵にぶつかってもパワーダウンしない。
念仏を放っている間は移動こそできるものの、単発ヒットで敵に当たると念仏は貫通せずに消え、通常ショットと善次郎関係の行動はできない。
溜め撃ちは善次郎を突進させ、敵を貫通しながら飛んでいく。
オプション:怪鳥 善次郎
溜め撃ち:炎の善次郎
ボム:坊主念仏地獄
復讐の剣術士 翔丸
声 - 子安武人
人狩りによって家族を殺され、復讐を果たすために今回の黒幕を倒しに行く剣術士。シリアスそうな外見と真面目な性格とは裏腹にマザコンである。
全キャラ中、最も移動スピードが速く、攻撃範囲も広めでこれと言った癖がないので扱いやすい。
さらにボムは画面全体攻撃かつ全消し、しかも全キャラ中、唯一発動中も自由に行動できる(他のキャラはどれかが欠けており、全て揃えているのは翔丸だけ)。
弱点は他のキャラのような突出した強みがないので難しい場面をキャラ性能によるゴリ押しができない事。
溜め撃ちは発動した位置に菱花鏡を配置して一定時間フルオート連射させる。連射させている間は菱花鏡は翔丸の近くにはいない。
オプション:菱花鏡
溜め撃ち:蒼羅霊
ボム:那由他裂斬
金髪の少女忍者 ユーニス
声 - 笠原弘子
前作戦国エースに登場した「ジェーン・ファーラント」の妹で姉を探している。今回は任務により黒幕の討伐に向かう。
オプションのソクラテスのクセが強い。ソクラテスの援護射撃は斜め方向に飛ばすため、普通の方法では真正面の敵に当てることができない。
そのため、普通に動かすと真正面の敵はどうしても溜め撃ちかユーニス自身のショット頼りになってしまう(ユーニス自身のショットの威力は弱い部類にあたる)。
ただし、ソクラテスが放つ弾数自体は非常に多く、ソクラテスを敵にくっつけて連射するとソクラテスの弾が全弾当たる為、凄まじいダメージを与えられる。
ボムは翔丸と同じ全体型だが、発動中は動けない。溜め撃ちは一定時間ソクラテスに炎を吐かせる。パワー段階が高いほど、ソクラテスは長く炎を吐き続ける。
オプション:忍猿 ソクラテス
溜め撃ち:火猿の術
ボム:忍法 華の舞
反逆のからくり武者 ハガネ
声 - 大塚芳忠
黒幕に体を奪われ、仮初の傀儡兵の体に魂を詰め込まれた元人間で姫から授かった飛蒼石により封印されていた人間の魂が復活。己の体を取り戻すべく、黒幕を倒しに向かう。
オプションの機銃槍は挙動のクセが強い。機銃槍はパワーアップの段階分だけ本数が増え、機銃槍毎に独立した射撃を行うが連射力と威力が低い。
また、機銃槍はハガネが移動した後を追うので射撃位置が常に変動するため扱いにくいが、溜め撃ちの一発は全キャラ中、最強の威力を誇る。
ボムは全体型だが発動中は動けない。溜め撃ちは前方に今ある機銃槍を持ってる本数だけ一斉に突き刺す。溜めが完了するまで時間がかかるが、凄まじい一撃を与えられる。
オプション:機銃槍
溜め撃ち:槍曼荼羅
ボム:来震電撃
風雲はだか侍 アイン(隠しキャラクター)
声 - 若本規夫
妹LOVEな色々な意味で勘違いされる侍。今回は上半身裸になり、飛蒼石はある所にある。
隠しキャラクターなので謎のランダムセレクトでうまく止めるか、謎のランダムセレクトにカーソルを合わせて特定のコマンドを入力しないと使えないが、その分性能は高い。
ショットの攻撃力はそこそこだが、オプションの震電丸の援護射撃が威力は低い代わりに完全貫通式なため、一発で倒せる雑魚敵を一掃できる。
またボムは敵に密着して放つと全キャラ中最強の威力を誇る為、緊急回避以外にも懐に飛び込んで固い敵やボスを瞬殺するために使うことができる。
溜め撃ちは背中にある震電丸を手に取り、前方に切りつける。範囲は狭い物の、溜めがすごく速い。その上威力も高めで連発が利くため使い勝手がとてもいい。
オプション:震電丸
溜め撃ち:サムライフラッシュ
ボム:サムライソード
マリオン(隠しキャラクター・SS版のみ)
ガンバードからゲスト出演。セガサターン版でしか存在しない。
基本的な性能はガンバード時代の性能を横型シューティングに変えただけのため、大まかな性能はガンバードと一緒である。
声 - 田中千晴
オプション:ポムポム
溜め撃ち:ファイアーラビット
ボム:ウインドシェイバー

鬼道衆[編集]

移植作品[編集]

関連項目[編集]