マッドストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マッドストーン
Stone
監督 Sandy Harbutt
脚本 Sandy Harbutt
Michael Robinson
製作 Sandy Harbutt
出演者 Ken Shorter
音楽 Billy Green
編集 Ian Barry
配給 British Empire Films (Australia)
公開 オーストラリアの旗 1974年6月28日
日本の旗 1981年2月7日
上映時間 103分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 A$192,000 [1]
興行収入 $1,572,000 (Australia)
テンプレートを表示
シドニー港の砲床

マッドストーン』(原題:Stone)は、1974年公開のオーストラリアアクション映画作品である。

マッドマックス』のヒットにより、日本では”マッド”を冠して便乗公開されたが、実はこちらが『マッドマックス』の原型。

バイオレンス・アクションで、暗殺事件に巻き込まれた暴走族グループと1人の警察官Stoneの活躍を描くHedon Productions社の低予算映画。


「海沿いの要塞に潜む、ベトナム帰りの猛者たち。そして命がけの任務につく刑事。」

あらすじ[編集]

オーストラリアのシドニー、市の中央にある公園で、公害に反対する演説をしていた環境保全運動の推進者が何者かに狙撃された。犯人は、現場近くにいた男に犯行を見られたと思い込み、その男が所属する暴走族グループのメンバーを次々と殺し始めた。殺された“倉庫屋”の葬式では“死神”による感動的スピーチが披露され、亡骸は立ったまま埋葬された。警察は、若手刑事ストーンを暴走族メンバーに加え捜査させることにし、彼はグループのリーダーである"葬式屋"の命を救った見返りにグループ入りを許され、徐々に暴走族の生活になじんでいった。一見堕落に見えながら社会の虚像を憎み、本音で生きる暴走族たちにストーンは親しみを覚えていく。ある日、グレーブは対立する暴走族グルーブと衝突をおこし大乱闘を展開する。

登場人物[編集]

  • ストーン(ストーン)・・・・・ケン・ショーター
  • アンダーテイカー(葬式屋)・・サンディ・ハーバット
  • トード(ガマ蛙)・・・・・・・ヒュー・キース=バーン『マッドマックス』『チェーン・リアクション』などにも出演
  • アマンダ(アマンダ)・・・・・ヘレン・モース
  • ドクター・デス(死神)・・・・ヴィンセント・ギル『マッドマックス』にも出演
  • フックス(スケこまし)・・・・ロジャー・ウォード『マッドマックス』にも出演
  • ゴーダウン(倉庫屋)・・・・・ブルース・マクファーソン
  • セプティック(ゴミ箱)・・・・デューウィー・ハンガーフォード
  • スティンクフィンガー(すかしっ屁、水虫)・ジェイムズ・H・ボウルズ
  • ミッドナイト(丑満)・・・・・ビンディ・ウィリアムズ
  • サンシャイン・・・・・・・・・ロザリンド・タラミニ
  • 69(69)・・・・・・・・・ビリー・グリーン
  • バッドマックス(極道)・・・・ジム・ウォルシュ
  • ブーツ・・・・・・・・・・・・デヴィッド・ブラックス『マッドマックス』にも出演
  • ハンバーガー・・・・・・・・・テリー・ベイダー
  • バードマン(すっ飛び)・・・・トニー・アリン
  • 弁護士・・・・・・・・・・・・レグ・エヴァンズ『マッドマックス』にも出演
  • タート(やらせ)・・・・・・・スーザン・ロイド
  • ピンボール(パチンコ)・・・・マイケル・ロビンソン
  • スクラッグ(やせっぽち)・・・ネヴィル・オーヴァーホール
  • フェレット(白イタチ)・・・・ピーター・キング
  • ゾンク(ラリ公)・・・・・・・ジョン・イフコヴィッチ

制作[編集]

オーストラリア映画開発公社は、この映画に$154,000を投資した。残りの予算と技術設備のほとんどは、シドニーのRoss Wood Productionsによって提供された。 映画は、1973年後半に撮影された。[1]

撮影場所[編集]

すべてシドニー。

影響[編集]

のちに製作されたマッドマックス (1979)の原型とされるが、内容だけでなくキャストも一部が重なっている。 [2] 70年代当時の暴走族のリアルの生態、サイケな映像とロックンロールなど、後進に多大な影響を及ぼした作品で、オーストラリア、ニュー・サウスウェールズ海岸を舞台とするバイカー映画。

この映画には、道路に仕掛けたピアノ線でライダーの首を刎ね飛ばすブービートラップのシーンがあり、都市伝説首なしライダーの噂が本格的に広まったのは、この映画が公開されてからだという。日本では、戦国時代から「首無し武者」の言い伝えがあり、これが各地のバイク事故にまつわる噂と結びついたとも言われる。

スタッフ[編集]

  • 監督:サンディ・ハーバット
  • 製作総指揮:デビッド・ハネイ
  • 脚本:サンディ・ハーバット、マイケル・ロビンソン
  • 撮影:グラハム・リンド
  • 美術:ティム・ストリアー、デイブ・ハート
  • 編集:イアン・バリー
  • 音楽:ビリー・グリーン
  • 照明:ブライアン・バンズグローヴ
  • バイク・メカニック:ビクター・ホフマン

作品解説[編集]

曲目リスト[編集]

Stone :Billy Green (アーティスト)

  1. Eco Blue / Toadstrip
  2. Race
  3. Head Off
  4. Pigs
  5. Cosmic Funeral
  6. Amanda
  7. Septic
  8. Smoke9. Stone
  9. Undertaker
  10. Gravediggers
  11. Swim
  12. Klaude Kool & The Kat
  13. Toad
  14. The Death Of Dr.Death
  15. Hips Rap
  16. Cosmic Flash Song
  17. Do Not Go Gentle (Rage)
  18. Do Not Go Gentle (Rage) by Jeannie Lewis
  19. Stone Trailer

Stone Forever[編集]

ストーン・フォーエバー[ 編集]

ストーン・フォーエバー
Stone Forever
監督 Richard Kuipers
出演者 Ken Shorter
Sandy Harbutt
配給 SBS TV
公開 11 December 1999
上映時間 63 mins
製作国 Australia
言語 English
テンプレートを表示


Stone Foreverは、映画マッドストーンに関する1999年のドキュメンタリー。映画の25周年を記念して、この映画の影響とそれに関わった人々に関するドキュメンタリーをリチャード・カイパーズが監督して製作した。[3]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Andrew Pike and Ross Cooper, Australian Film 1900–1977: A Guide to Feature Film Production, Melbourne: Oxford University Press, 1998 p278
  2. ^ David Stratton, The Last New Wave: The Australian Film Revival, Angus & Robertson, 1980 p262
  3. ^ Richard Kuipers, 'THE STONE TRIP - 25 YEARS IN THE MAKING', Urban Cinefile accessed 30 September 2012

外部リンク[編集]