ヴァイラス (1999年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァイラス
Virus
監督 ジョン・ブルーノ
脚本 チャック・ファーラー
デニス・フェルドマン
原作 チャック・ファーラー
製作 ゲイル・アン・ハード
製作総指揮 チャック・ファーラー
マイク・リチャードソン
マーク・ゴードン
ゲイリー・レヴィンソン
音楽 ジョエル・マクニーリー
撮影 デヴィッド・エグビー
編集 エム・スコット・スミス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年1月15日
日本の旗 1999年5月29日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 $30,652,005[1]
テンプレートを表示

ヴァイラス』(: Virus)は、1999年アメリカ映画。原作はダークホースコミックス同名コミック

キャッチコピー[編集]

  • It is Aware.(米)
  • 人間でいられない。(日)

ストーリー[編集]

宇宙の彼方より知的生命体が電磁波の形で宇宙ステーション「ミール」を襲い、そこから海上のロシアの衛星探査船ボルコフ号に突入した。その生命体はデータベースから人間という生命体を調べつくし、人間を「絶滅すべき敵」=ヴァイラス(ウイルス)とし、出した答えは「人類抹殺」。そして生命体は人間の身体のパーツを自らの動く手足に改造し、人間と機械の融合体にしようとしている。 その頃、運搬船シースター号の船長であるエバートンは台風で積み荷を失い、全財産を失ってしまった。失意の底に落とされたエバートンが自殺しようとした時、シースター号のクルーがボルコフ号を発見する。エバートンとそのクルー達は、ボルコフ号をロシア政府に引き渡すことで合法的に莫大な報酬が得られることを知り、ボルコフ号を再始動させる。この船に何が潜んでいるのかも知らずに…

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ版
ケリー・"キット"・フォスター ジェイミー・リー・カーティス 駒塚由衣 弥永和子
スティーブ・ベイカー ウィリアム・ボールドウィン 内田直哉 堀内賢雄
ナディア ジョアンナ・パクラ 高島雅羅 日野由利加
ロバート・エバートン船長 ドナルド・サザーランド 家弓家正
J・W・ウッズJr. マーシャル・ベル 小島敏彦 大塚芳忠
リッチー シャーマン・オーガスタス 山野井仁 楠大典
ヒコ クリフ・カーティス 水野龍司 江原正士
スクィーキー ジュリオ・オスカー・メチョソ 古田信幸 岩崎ひろし
  • ソフト版:冒頭のボルコフ号のシーンは吹替え無し。
演出:中野洋志、翻訳:永松真理、調整:高橋慶美、担当:吉富孝明(ニュージャパンフィルム)、制作:ニュージャパンフィルム
生命体の声:郷里大輔
演出:市来満、翻訳:永松真理、調整:兼子芳博、制作:ニュージャパンフィルム
その他声の出演:玄田哲章星野充昭小形満落合弘治小林沙苗

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョン・ブルーノ
  • 製作:ゲイル・アン・ハード
  • 脚本:チャック・ファーラー、デニス・フェルドマン
  • 原案:チャック・ファーラー
  • 製作総指揮:チャック・ファーラー、ゲーリー・レビンソン、マイク・リチャードソン、マーク・ゴードン
  • 撮影:デビッド・エグビー
  • 音楽:ジョエル・マクニーリー
  • プロダクション・デザイナー:メイリン・チェン
  • フィジカル・エフェクト・デザイナー:エリック・アラードスティーブ・ジョンソン
  • スペシャル・エフェクト・スーパーバイザー:フィル・ティペット

参考文献[編集]

  1. ^ a b Virus (1999)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年1月9日閲覧。

外部リンク[編集]