ニコール・パールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコール・パールマン
Nicole Perlman
生年月日 (1981-12-10) 1981年12月10日(39歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コロラド州ボルダー
職業 脚本家
活動期間 2009年 - 活動中
テンプレートを表示

ニコール・パールマンNicole Perlman, 1981年12月10日 - )は、アメリカ合衆国出身の脚本家である。マーベル・シネマティック・ユニバース映画の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)の脚本、同じくマーベルの『キャプテン・マーベル』(2019年)の原案、同名のゲームを原作とした『名探偵ピカチュウ』(2019年)の原案で知られる。

生い立ち[編集]

コロラド州ボルダーで生まれる[1]ユダヤ系として育てられる[1][2]。ボルダーで育ち[3]ボールダー・ハイスクール英語版に通った[2]。その後はニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アーツ英語版で映画と演劇の脚本を学び、2003年にBFAを得て卒業する[4]。彼女はトライベッカ映画祭で『Challenger』の脚本によりスローン科学奨励賞を獲得した[5]

キャリア[編集]

2009年に彼女はマーベルの脚本執筆プログラムに登録され[6]、その際に脚本の基となる知名度の少ない著作物をいくつか提示された。宇宙とサイエンス・フィクションに興味を持っていたパールマンはこれらの中からダン・アブネットアンディ・ランニングの『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』を選んだ[7]。「提示された他のタイトルが何かは明かせませんが、そのうち1つはジェンダーに基づいた、私にとってもう少し適当なものだったことは言えます」と彼女は語り、「私がガーディアンズを選んだとき、彼らは少し驚いたと思いますよ。なぜならロマンティック・コメディ作家かそれに類する者にはもっと理にかなったものがあったのだから」と続けた。パールマンは2年にわたって草案を書き上げ、『ガーディアンズ』の世界に身を浸した。2011年後半にパールマンは別の草案の作成を依頼され、2012年初頭にはジェームズ・ガンが新たに脚本に加わり、監督にも就任した[8][9]

パールマンは2018年に短編映画『The Slows』で監督デビューし、ファンタスティック・フェスト英語版でワールド・プレミアが行われた。これは『ザ・ニューヨーカー』に掲載されたゲイル・ハレーヴン英語版に短編小説の翻案であり、アネット・マヘンドル英語版ブリーダ・ウール英語版が出演した[10]

2019年公開の『キャプテン・マーベル』では原案者の1人としてクレジットされた[11]。同年公開の『名探偵ピカチュウ』では『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』の創始者のアレックス・ハーシュと共同で初期脚本を執筆していたが[12][13]、最終的に原案としてクレジットされたのはパールマンとベンジー・サミット英語版ダン・ヘルナンデス英語版であった[14]

待機中のプロジェクト[編集]

2016年1月、パールマンが『ラビリンス/魔王の迷宮』の続編の脚本を書くことが報じられた[15]。同年10月、ワーナー・ブラザース、ヴィレッジ・ロードショー、チーム・ダウニーはガイ・リッチー監督の『シャーロック・ホームズ』の3作目のための脚本家ルームを開設し、パールマン、ジャスティン・マレン、ジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレット、キーラン・フィッツジェラルドらが招かれた[16]

フィルモグラフィ[編集]

日本語題
原題
役割 備考
2011 マイティ・ソー
Thor
脚本コンサルタント クレジット無し
2014 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
Guardians of the Galaxy
脚本
2017 Raising a Rukus 脚本・製作総指揮 短編映画
2018 The Slows 脚本・監督
2019 キャプテン・マーベル
Captain Marvel
原案
名探偵ピカチュウ
Pokémon Detective Pikachu
原案

参考文献[編集]

  1. ^ a b Boulder Jewish Family Service Presents Reel Hope Boulder with Screenwriter Nicole Perlman”. Jewish Family Service of Colorado (2016年8月10日). 2019年3月3日閲覧。
  2. ^ a b David Fellows (2016年11月6日). “Reel Hope Boulder a Galactic Success For Boulder JFS”. 2019年3月3日閲覧。
  3. ^ Meet The Woman Who Made History With Marvel’s "Guardians Of The Galaxy"”. BuzzFeed (2014年7月30日). 2015年1月14日閲覧。
  4. ^ Nicole Perlman”. Variety (2006年6月22日). 2015年1月14日閲覧。
  5. ^ SDCC ‘14: Nicole Perlman Talks Guardians of the Galaxy”. BeaconReader.com. 2015年1月14日閲覧。
  6. ^ Shetty, Sharan (2014年8月4日). “Who Deserves Credit for Guardians of the Galaxy’s Great Script?”. Slate. 2014年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月5日閲覧。
  7. ^ Strom, Mark (2014年8月19日). “Nicole Perlman Writes the Galaxy”. Marvel.com. 2014年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月22日閲覧。
  8. ^ Rothman, Lily (2014年7月25日). “How Nicole Perlman Became the First Woman to Write a Marvel Movie”. Time. 2014年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月25日閲覧。
  9. ^ Graser, Marc (2012年6月28日). “Marvel planning 'Guardians of the Galaxy' pic”. Variety. 2012年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月16日閲覧。
  10. ^ Epstein, Sonia (2018年10月23日). “Guardian's of the Galaxy's Nicole Perlman's Directorial Debut”. Sloan Science & Film. 2018年10月25日閲覧。
  11. ^ Borys Kit (2015年4月13日). “'Captain Marvel' Movie Targets 'Inside Out' and 'Guardians' Writers”. The Hollywood Reporter. 2019年6月19日閲覧。
  12. ^ Chitwood, Adam (2016年8月16日). “‘Pokemon’ Movie Lands Marvel Vet Nicole Perlman, Alex Hirsch as Writers”. Collider. 2016年8月18日閲覧。
  13. ^ Pedersen, Erik (2016年12月14日). “Legendary Taps Herbert W. Gains As EVP Physical Production, Hires Two SVPs”. Deadline. 2016年12月14日閲覧。
  14. ^ Erao, Matthew (2018年1月24日). “Detective Pikachu Live-Action Movie Officially Begins Filming”. Screen Rant. 2019年6月19日閲覧。
  15. ^ Handler, Rachel (2016年1月23日). “David Bowie's Labyrinth Is Getting A Sequel”. Vanity Fair. 2016年1月25日閲覧。
  16. ^ Kroll, Justin (2016年10月27日). “Warner Bros. and Team Downey Set Writers’ Room for ‘Sherlock Holmes 3’ (Exclusive)”. Variety. 2019年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]