シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(Sindbad's Storybook Voyage)は、東京ディズニーシーアラビアンコースト2007年3月29日に「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」よりリニューアルオープンしたアトラクションの名称。

概要[編集]

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
オープン日 2007年3月29日
スポンサー 日本通運
所要時間 約10分
定員 24名/ボート一艘
利用制限 Hight Requirement.svg なし
ファストパス Fastpass availability icon.svg なし
シングルライダー Single rider line availability icon.svg なし

アトラクションタイプとしては、東京ディズニーランド (TDL)にある「イッツ・ア・スモールワールド」や「カリブの海賊」のようなボートライド(ダークライド)であり、シンドバッドの航海にそってストーリーが展開していく。なお、TDLの両アトラクションで使用されるボートは座席5列の定員20人であるのに比べ、本アトラクションでは、座席6列の定員24人となっている。

東京ディズニーシーにあるアトラクションの中で一番多くオーディオアニマトロニクスを使用している。

乗船中に極少量ではあるが、水に濡れる場面がある。これは物語のシーンの中に嵐の中旅をしている場面で使用され、臨場感を出すための特殊効果である。また、シンドバッドがサルや小虎のチャンドゥとともに音楽を奏でるシーンではバナナのにおいを発している。これもまた同様に、臨場感を出すための特殊効果である。

2009年3月16日、ライド乗り場に自動ドアが設置された。

ストーリー[編集]

船乗りシンドバッド(声- 坂元健児)は、子トラのチャンドゥと一緒に「心のコンパス」を信じて、かけがえのない宝物を手に入れるため、未知なる海へと出発する。

サプライズ・ファストパス[編集]

本アトラクションは、ファストパスの対象ではないが、他のアトラクションのファストパスにセットされているサプライズ・ファストパスとして、ファストパスが発券されることがある。

車椅子での利用[編集]

車椅子のゲスト(客)はアトラクション入り口付近にいるキャスト(従業員)と相談の上、車椅子専用入り口へと案内される。ボート(乗り物)に乗る前にアトラクション専用の車椅子に同伴者の協力により乗り移り、その車椅子のままボートに乗り込む。但し、車椅子が乗り込むことが出来るボートは数に限りがあるため、ほかのゲストが乗車している場合はそのボートが乗り場に戻ってくるまで待機することとなる。

音楽[編集]

アトラクション内で流れるBGM『コンパス・オブ・ユア・ハート』は、ディズニー映画『アラジン』の主題歌『ホール・ニュー・ワールド』などを作曲したアラン・メンケンが手がけており、歌唱は坂元健児によるもの。

また、ディズニーと人気声優のコラボ・アルバム『声の王子様』シリーズでは、諏訪部順一により『コンパス・オブ・ユア・ハート』がカヴァーされている。

関連商品[編集]

ぬいぐるみをはじめ、チャンドゥをモチーフとした商品がパーク内で販売されている。

外部リンク[編集]