海底2万マイル (アトラクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海底2万マイル(20,000 Leagues Under The Sea)は、東京ディズニーシーにあるアトラクションの一つ。

概要[編集]

海底2万マイル
オープン日 2001年9月4日 (東京ディズニーシーと同時にオープン)
スポンサー 日本コカ・コーラ
所要時間 約5分
定員 6人/艇
利用制限 Hight Requirement.svg
ファストパス Fastpass availability icon.svg
シングルライダー Single rider line availability icon.svg

このアトラクションはミステリアスアイランドにあり、フランスの小説家ジュール・ベルヌ1870年に発表した小説『海底二万里』(仏:Vingt mille lieues sous les mers)と、この小説を原作として1954年にリチャード・フライシャーによって製作された映画『海底二万哩』(英:20000 Leagues Under the Sea)をモチーフとしている。

ディズニーランドにあるファインディング・ニモ・サブマリン・ヴォヤッジとは違い、ライドは実際に水の中に入らないが、ライドの窓に映る泡や、振動などで実際に水の中にいるような演出がなされている。

これらの原作のタイトルを直訳すると、海底二万リュー (リーグ)となる。しかし小説が翻訳される際、日本ではリューやリーグという単位になじみがないことから『海底六万哩(マイル)』と単位を換算して訳されたが、これと原題とが混同されて『海底二万マイル』という題名で広まってしまった。なお、1マイルは約1.6キロメートル、1リューは4キロメートルである。

ストーリー[編集]

ゲストはネモ船長が開発した小型潜水艇に乗り込み、海底の世界を探検するツアーに参加することとなる。この小型潜水艇はネモ船長のいるコントロールベースから遠隔操作がなされており、それにより安全が確保されていたはずだったが、潜水艇を浮上させようとした時にクラーケンに襲われ、コントロールを失い、誰も訪れたことのない未知の世界へ迷い込んでしまう。

ゲストが迷い込んだ先は、何と海底人の暮らす世界だった。彼らは地球の中心に近い場所で、独自の進化を遂げていたのだった。潜水艇は海底人の神秘的な力により押し上げられ、コントロールが戻り無事に基地へ帰還するのだった。

Trivia[編集]

  • 窓の上部には、潜行深度と潜水艇内の酸素濃度を示すメーターが取り付けられている。これらは物語の進行と連動しており、ライドから降りるときに酸素濃度のメーターを見ると、残りの酸素がとても少なくなっていることが分かる。
  • 2004年3月に、ストーリーや演出の変更、各座席に手元のレバーで操作可能なサーチライトの設置などの、リニューアルが施された。また2008年10月のリニューアルでは、順次行われている搭乗ゲートの設置とライドの模様替えなどが行われた。
  • 待ち列では映画『海底二万哩』に登場する小道具や、ジェームズ・メイソンが演じたネモ船長の肖像画を見ることが出来る。
  • ライド進行方向左側の座席から映画『ファインディング・ニモ』で登場するカクレクマノミのニモを発見することができる。
  • またライド進行方向右側からは、隣接するテーマポートマーメイドラグーンのテーマキャラクター、アリエルを2度確認できる。1度目はサーチライトが作動した直後に見える沈没船の彫刻として、2度目は沈没船の額縁の中に発見することができる。
  • シングルライダーの対象アトラクションだったが、2011年の8月1日に廃止された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]