アポロ・シアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アポロシアターから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
アポロ・シアター
概要
住所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ニューヨーク市マンハッタン区西125丁目253号
種類 劇場
座席数 1506人
開業 1860年 (1860)
ウェブサイト
www.apollotheater.org
アポロ・シアター
Harlem - Apollo Theater (48555309512).jpg
アポロ・シアターの外観 (2019年)
座標北緯40度48分36秒 西経73度57分00秒 / 北緯40.81度 西経73.9501度 / 40.81; -73.9501
建設1913-14年[2]
建築家en:George Keister[2]
建築様式クラシカル・リバイバル
NRHP登録番号83004059[1]
指定・解除日
NRHP指定日1983年11月17日
NYCL指定日:1983年6月28日
テンプレートを表示

アポロ・シアターApollo Theater、アポロ劇場)は、ポピュラー音楽においてアメリカ合衆国の著名なクラブの一つであり、アフリカ系アメリカ人黒人)のミュージシャンアーティストが中心の有名クラブである。

ニューヨーク市マンハッタン内の黒人居住地区「ハーレム」の125丁目に位置し、毎年130万人が訪れるニューヨークの観光名所の一つとなっている。

歴史[編集]

ステージから見た客席

1860年代中頃にen:Edward Ferreroによりダンスホールとして設立され、彼のリース期間が切れた1872年劇場に転換された。その後閉鎖されるが「アポロ・シアター」の名前は受け継がれ、1913年に新しくアポロ・シアターが設立された。現在の建物は建築家ジョージ・M・カイザーの設計でこの時に建てられた。この時は、「白人オンリー」であり、ジュールズ・ハーティグとハリー・シーモンによって運営される、バーレスクスタイルの劇場だった。1932年にSidney S. Cohenがこの劇場の新しいオーナーとなり、1934年には黒人のエンターテイナーを雇う、ニューヨークで唯一の劇場として新しくオープンし、黒人文化の象徴的存在となった。スイング時代のバンドでは、デューク・エリントン、ディジー・ガレスピー、チック・ウェッブ、カウントベイシー、そしてアンディ・カーク、ダンスは、ビル・ロビンソン、ニコラス・ブラザーズ、カーメン・デ・ラバレードとジェフリー・ホルダー、ベリーブラザーズ、バックアンドバブルズが出演した。また、バタービーンズやスージーなどのコミック・アクトも、アポロのステージに登場した。

アポロはまた、ティム・ムーア、ステッピン・フェチ、マムズ・メイブリー、デューイ「ピグミート」マーカム、クリントン”ダスティ”フレッチャー、ジョン「スパイダーブルース」メイソン、ジョニー・リーなどの昔のボードビルのお気に入りのパフォーマンスや、当時の若手喜劇人、ビル・コスビー、ゴッドフリー・ケンブリッジ、ラワンダ・ページ、リチャード・プライヤー[3]、ルディ・レイ・ムーア、そしてレッド・フォックスも登場した[4]

ゴスペルのアポロ出演を果たしたのは、ザ・ステイプル・シンガーズ、マヘリア・ジャクソン、クララ・ウォードらだった。白人としてアポロシアターのステージに立ったのは1957年8月のバディ・ホリーおよび彼を含むバンド"クリケッツ"だが、プロモーターは白人と知っていて出演を依頼したのではなく、曲を聞いてその音楽性から黒人と間違えて出演を依頼した。ホールに着いた彼らを見てプロモーターは慌てたが、すでにどうすることも出来ず仕方が無くそのままステージに立ったという。観客は彼らを見て戸惑ったが、最終的に彼らを受け入れ好評の内にステージは終了した。

1934年以来、アマチュア歌手ダンサーが出演する人気イベント「アマチュアナイト」が行われている。プロへの登竜門といわれ、エラ・フィッツジェラルドビリー・ホリデイジェームス・ブラウンダイアナ・ロスマーヴィン・ゲイジャクソン5スティーヴィー・ワンダーアレサ・フランクリンベン・E・キングローリン・ヒルサラ・ヴォーンなど多くのスターを輩出してきた。毎週水曜日に開催され、観客の拍手で優勝者が決まり、上位入賞者は1ヶ月に1度行われる「ショー・オフ」に出場、さらに上位入賞すれば3ヶ月に1度行われる「トップ・ドッグ」に出場できる。さらに勝ち抜けば年間チャンピオンを決める「スーパー・トップ・ドッグ」に出場できる。「スーパー・トップ・ドッグ」まで出場を進めたものは、この劇場版アマチュアナイトから全米放送のテレビ版アマチュアナイト「Show time at the apollo」への切符をオーディションやスカウトなしで手にすることが出来る。反対にブーイングを浴びると、で舞台から掃き出されパフォーマンス途中で強制退場させられる。

「Show time at the apollo」は昔は劇場版と同じく歌、ダンスなど全てのジャンルが同じ土俵で競っていたが、現在では歌部門とダンス部門に別れている。歌部門では連続3回勝つとシーズン最後の決勝に進む事ができ、ダンス部門では毎回勝ち抜きでシーズン最後の決勝大会で勝った者が年間優勝となる。

1975年に資金難や治安の悪化から一時閉館したが、1983年にニューヨーク市歴史建造物およびアメリカ合衆国国家歴史登録財の認定を受けて復活し、アマチュアナイトも1985年から再開された。1991年ニューヨーク州が経営を引き継ぎ、現在は非営利団体によって運営されている。

アフロ・アメリカンの出演者[編集]

録音[編集]

  • ジェームス・ブラウン
  • BBキング
  • マーヴァ・ホイットニー
  • ボブ・マーレー
  • クライド・マクファター
  • マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ
  • パティ・ラベル

本牧アポロシアター[編集]

日本からの著名な出演者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ National Park Service (23 January 2007). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 2020年10月12日閲覧
  2. ^ a b New York City Landmarks Preservation Commission; Dolkart, Andrew S.; Postal, Matthew A. (2009), Postal, Matthew A. (ed.), Guide to New York City Landmarks (4th ed.), New York: John Wiley & Sons, ISBN 978-0-470-28963-1, p.202
  3. ^ スタックスから発売された、おしゃべりアルバムがヒットしたこともある
  4. ^ The New York Times |title=Redd Foxx, Cantankerous Master of Bawdy Humor, Is Dead at 68|first=Nick|last=Ravo|date=October 13, 1991 レッドフォックス 2021-11-6
  5. ^ NYの音楽の殿堂『アポロシアター』でパフォーマンス(田中久勝) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2021年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]