武市好古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

武市 好古(たけうち よしふる、1935年3月20日 - 1992年8月6日[1])は、日本評論家演出家。日本文芸家協会、日本アカデミー賞協会、日本音楽執筆者協議会、各会員[1]

人物[編集]

徳島県徳島市出身[1]明治大学を中退[1]。1956年- 1961年の間、劇団四季演出部に在籍した[1]。1969年に渡米して、ラスベガスでショービジネスの演出に従事する[1]。1967年に帰国し、フリーの演出家としてステージの演出および記録映画の監督をつとめる[1]

また、映画評論競馬評論音楽評論エッセイ、翻訳など大衆文化をテーマに幅広く文筆活動を行う[1]

受賞[編集]

映画作品[編集]

  • 寄席の人々(1959年)
  • ふたりのロッテ(1972年)
  • A Bridge to Understanding(1979年)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ぼくの遊びはヒップ・ステップ・キャンプ』九芸出版、1978年
  • 『ジャズを読めば : 人生はエンタテインメント』サイマル出版会、1982年
  • 『ぼくのジャズ・ヒット・エンド・ラン』音楽之友社、1986年
  • 『昔の映画をビデオで見れば』新潮社、1990年
  • 『アート・ブレイキーに競馬が好きかと訊ねたら : Just wild about racing』作品社、1992年
  • 『映画を見るたびにぼくは少年に戻って行く : マイ・ティージング・ハート』話の特集、1992年

編著[編集]

  • タモリ福武書店(「ぴーぷる最前線」)、1983年
  • ウディ・アレンの時代』(責任編集)芳賀書店《シネアルバム》No.122、1987年
  • 『競馬を読めば : ブックレヴューエッセイ』中央競馬ピーアール・センター、1990年

訳書[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 日外アソシエーツ現代人物情報[要ページ番号]