悲しみトワイライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
悲しみトワイライト
モーニング娘。シングル
収録アルバム モーニング娘。 ALL SINGLES COMPLETE 〜10th ANNIVERSARY〜
B面 Hand made CITY
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
レーベル zetima
作詞・作曲 つんく
プロデュース つんく♂
チャート最高順位
モーニング娘。 シングル 年表
笑顔YESヌード
(2007年)
悲しみトワイライト
(2007年)
女に 幸あれ
(2007年)
ミュージックビデオ
モーニング娘。 『悲しみトワイライト』 (MV) - YouTube
テンプレートを表示

悲しみトワイライト」(かなしみトワイライト)はモーニング娘。の33枚目のシングル

概要[編集]

  • 4代目リーダー吉澤ひとみ参加の最後のシングルである(6月には藤本美貴が脱退したため、事実上藤本のラストシングルにもなった)。ジュンジュンリンリン加入発表後に発売のシングルであるが本作には参加せず、次のシングル「女に 幸あれ」から参加している。
  • メインは吉澤・高橋・藤本で、前作「笑顔YESヌード」も担当している(前作は新垣もメイン)[1]。Aメロは1番2番共に藤本と高橋がメインだが、大サビでは吉澤のソロ・パートがある[1]
  • ジャケット撮影時はシングルに採用されたものの他、吉澤のいない8人(当時)ヴァージョンも制作されており、吉澤は「こういうモーニング娘。になるんだ…。」と一人寂しく思っていたという[2]
  • PV撮影の際、久住小春虫垂炎のため、全員撮影の際は参加せず、後日周辺のメンバーと撮影に臨んだ。
  • 初回生産限定盤A・Bおよび通常盤初回プレス分にイベント招待抽選のシリアルナンバーカード封入。
  • 2007年5月7日付のオリコンチャートで、デビュー以来のシングル総売上が1,108.5万枚となり、ピンク・レディーの1,103.7万枚を超え、女性グループとしては歴代1位になった。また、初動売上が5万枚を超えたのは、2005年の「色っぽい じれったい」以来である。

購入者応募抽選特典イベント[編集]

収録曲[編集]

全作詞・作曲: つんく
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲
1. 「悲しみトワイライト」 つんく つんく 山崎淳
2. 「Hand made CITY」 つんく つんく 鈴木Daichi秀行
3. 「悲しみトワイライト(Instrumental)」 つんく つんく 山崎淳

参加ミュージシャン[編集]

  • 山崎淳 - プログラミング&ギター(1)
  • 稲葉貴子 - コーラス(1)
  • 鈴木Daichi秀行 - プログラミング&ギター(2)
  • 鎌田浩二 - ギター(2)
  • CHINO - コーラス(1)

出典[編集]

  1. ^ a b モーニング娘。が語る新曲『悲しみトワイライト』(前編)”. BARKS (2007年4月25日). 2015年11月3日閲覧。
  2. ^ 吉澤ひとみによる『悲しみトワイライト』解説! - YouTube(2012年7月21日)

外部リンク[編集]