THE マンパワー!!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE マンパワー!!!
モーニング娘。シングル
収録アルバム レインボー7
B面 ラヴ&ピィ〜ス! HEROがやって来たっ。
リリース 2005年1月19日
規格 シングル
ジャンル J-POP
レーベル zetima
作詞・作曲 つんく
プロデュース つんく♂
チャート最高順位
モーニング娘。 シングル 年表
涙が止まらない放課後
(2004年)
THE マンパワー!!!
(2005年)
大阪 恋の歌
(2005年)
ミュージックビデオ
モーニング娘。 『THE マンパワー!!!』 (MV) - YouTube
テンプレートを表示

THE マンパワー!!!」(ザ マンパワー!!!)はモーニング娘。の25枚目のシングル2005年1月19日zetimaから発売された。

概要[編集]

  • オリジナルメンバーだった飯田圭織在籍最後のシングル。ジャケット写真では前列(通常版では前列中央)に位置する。
  • 発売日は石川梨華の20歳の誕生日でもあった。

収録曲[編集]

  1. THE マンパワー!!!
    (作詞・作曲:つんく♂ 編曲:松原憲)
    2004年12月20日に当時創設したばかりのプロ野球球団東北楽天ゴールデンイーグルスの公式応援歌として発表されたが、歌詞に野球に関するフレーズが全く入っていなかった。その後野球を連想させるフレーズ(グラウンド)を追加し[要出典]発売に至る[1][2]。また、シングルV「THE マンパワー!!!」も同日に発売された[3]
    曲はマイナーコードを用いたミニマルテクノ風のアレンジで、吉澤ひとみ高橋愛がシャウトするフレーズが繰り返される構成である。曲全体でもイントロからのベースラインが繰り返される。
    東北地方を本拠地とする球団の応援歌でありながら、関西弁(ものごっつい)が入っている。
    2007年9月26日に発売されたコンピレーションアルバム『つんく♂ベスト作品集(上)「シャ乱Q〜モーニング娘。」〜つんく♂芸能生活15周年記念アルバム〜』に収録されており、付属のブックレットにはこの曲のパート割りが記載されている。
  2. ラヴ&ピィ〜ス! HEROがやって来たっ。
    (作詞・作曲:つんく♂ 編曲:鈴木俊介
    ミニマルテクノ調の表題曲とは対照的に、バンドサウンドを駆使した曲。
  3. THE マンパワー!!!(Instumental)

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 楽天、モーニング娘。の歌う球団公式応援歌「THE マンパワー!!!」発表会 (INTERNET Watch)
  2. ^ ディスコグラフィー THE マンパワー!!!(ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト).2011年8月12日閲覧
  3. ^ ディスコグラフィー シングルV「THE マンパワー!!!」(ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト).2011年8月12日閲覧

外部リンク[編集]