アクシデント・カップル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アクシデント・カップル
ジャンル テレビドラマ
脚本 チョン・ジニョン、キム・ウィチャン
監督 キ・ミンス
出演者 ファン・ジョンミンキム・アジュンチュ・サンウクチョン・ミソン
製作
プロデューサー クォン・ゲホン
制作 KBS
放送
放送国・地域 大韓民国の旗 韓国 台湾香港の旗 香港シンガポールの旗 シンガポール日本の旗 日本中華人民共和国の旗 中国
放送期間 2009年4月29日 - 6月18日
放送時間 木曜日21:55-
回数 16
公式サイト
アクシデント・カップル
各種表記
ハングル 그저 바라 보다가
発音 クジョ パラ ポダガ
ローマ字 Geujeo Bara Bodaga / The Accident Couple

アクシデント・カップル朝鮮語: クジョ パラ ポダガ、ハングル: 그저 바라 보다가)は、韓国KBSにて2009年4月29日から同年6月18日まで放送されたテレビドラマ。全16話。原題は「ただ見守っていて」の意[1]。韓国国内では最初の文字を取ってクバボ그바보)とも呼ばれている。

概要[編集]

KBS水木ドラマの一作品。チョン・ジニョン、キム・ウィチャンの2名が脚本を、キ・ミンス朝鮮語版が演出、そしてキム・ドンネおよび番組制作会社の来夢来人(ネモンレイン)が制作を担当した[2]。当初はSix Month(シックス・マンス)という題が用いられていたが、放送開始直前の2009年4月に現在のタイトルに改められた[3]

郵便局員の男性と彼のあこがれの的である人気女優とがひょんなことから偽装結婚をすることになるが、最後には本当の愛を知り正式に結婚をするまでを描いている。主人公ク・ドンベク役を演じたファン・ジョンミンのテレビドラマデビュー作であり、ヒロインハン・ジス役を演じたキム・アジュンにとっては3年ぶりのテレビドラマ出演作となった[4]

ファン・ジョンミンの演技は視聴者から高く評価され[5]、最高視聴率で15パーセントを記録した[6]が、同時間帯に他局で放送されていた『シティーホール』に視聴率で勝る事はできなかった[6]。しかし放送局のKBSに延長希望が殺到し[7]、一時期シーズン2の制作が予定されていると発表される事態となった[7]

キム・アジュンはこの作品により2009年度KBS演技大賞優秀演技賞(女優/ミニシリーズ部門)を受賞した[8]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

登場人物は、個別に注釈がない場合は[9]に基づく:

主要人物[編集]

俳優 役名 作品中の設定等
ファン・ジョンミン ク・ドンベク 33歳。本作品の主人公。ハン・ジスに憧れる平凡な郵便局員。
キム・アジュン ハン・ジス 28歳。人気女優でドンベクの憧れの人。ガンモとは大学時代からの付き合い。
チュ・サンウク キム・ガンモ 30歳。ジスの恋人。父ジョンウクの意向に逆らえず、後ジスを裏切り許婚スヨンと結婚する。
チョン・ミソン チャ・ヨンギョン 30歳。ジスのマネージャー。
イ・チョンア ク・ミンジ 27歳。ドンベクの妹。
ペク・ソンヒョン ハン・サンチョル 23歳。ジスの弟。留学先のオーストラリアから帰国後、ドンベクとジスの仲を応援する。

郵便局員[編集]

俳優 役名 作品中の設定等
ユン・ジュサン ユン局長 50代。ドンベクとジスの関係を知り、彼らを機会あるごとに局の宣伝や実績作りに利用する。
キム・グァンギュ コ・チーム長 40代。ドンベクの上司。営業成績のよくないドンベクを嫌っていた。
ヨン・ミジュ パク・キョンエ
(ギョンエ)
20代。男性局員の間で人気がある。ドンベクとジスの関係を知り、彼に関心を抱くようになる。
ホン・ジヨン チョ・ミョンジン 20代。キョンエとは高校時代からの付き合い。
ムン・ジェウォン ユンソプ 20代後半。ドンベクの後輩だが彼の事を嫌っている。
カン・ヒス テワン 20代後半。ユンソプと常に行動を共にしている。

ドンベクとジス周辺[編集]

俳優 役名 作品中の設定等
イ・スヨン キム・スンウン 27歳。ミンジの親友でドンベクの事が好き。
キム・ヒョンギュ キム・ソッキョン ジスのマネージャー。ジスの頼みでミンジの店を手伝ったのがきっかけで、ミンジを女性として意識し始める。

ガンモ周辺[編集]

俳優 役名 作品中の設定等
チョン・ドンファン キム・ジョンウク 60代。ガンモの父親でソウル市長候補。自分の政治的野心のために他人を犠牲にすることをいとわない人物。
リュ・テホ キム補佐官 40代。ジョンウクを補佐官・秘書官として、あらゆる事柄について支援する。
イ・ヘヨン ペク記者 40代。セジュン日報政治部記者。ドンベクとジスの偽装結婚にいち早く気づき、彼らをつけ狙う。
チョ・サンゴン チェ会長 60代。とある報道機関の社主。ジョンウクの後援者。
パク・ハソン チェ・スヨン 20代後半。美術館の学芸員でチェ会長のひとり娘。ガンモの婚約者。ガンモと結婚後、ガンモとジスとの関係を知る。

韓国国外での放送[編集]

台湾[編集]

地上波テレビ局台湾電視公司にて、2009年7月20日より毎週月曜日から木曜日に放送された。『傻瓜』のタイトルが用いられた[10]。全24話の独自話数にて放送されている[11]2010年3月10日より、CS東森電視系チャンネル東森超視中国語版でも放送されている。

香港[編集]

CS局有線電視系チャンネル有線娯楽台中国語版にて、2009年8月30日より全25話で放送された。

シンガポール[編集]

CS局星話娯家戯劇台中国語版にて、2010年8月14日より放送された。

日本[編集]

2010年9月20日から同年10月4日まで、地上波テレビ局フジテレビの関東ローカル枠(韓流α)にて放送された[12][13]。その後同番組枠の人気作一挙放送スペシャルの一作品に選ばれ、2011年8月15日より再放送された[14]。2010年9月からの放送では全11話、2011年の放送では全25話の形で放送されている[13]

フジテレビで放送されたバージョンには日本語吹替担当の声優として声優の鈴木成児[15]や女優・歌手の高橋愛が参加[12]。また脇役陣の吹き替えを専門学校アミューズメントメディア総合学院声優タレント科の学生たちが担当した[12]

ク・ドンベク: 鈴木成児
ハン・ジス: 高橋愛
ク・ミンジ: 新田早規[12]
チャ・ヨンギョン: 三宅亜依[12]
ペク記者: 平本和寿樹[12]
キム補佐官: 矢野正明[12]
チェ・スヨン: 前川綾香[12]
テワン: ランズベリー・アーサー[12]
ユンソプ: 小林直人[12]
ミョンジン: 岸野沙希[12]
パク・キョンエ: 菊池望[12]
キム・スンウン: 村上佳奈[12]

中国[編集]

BS湖南衛視中国語版にて、2010年11月26日から『偶然結婚』のタイトルで放送された[16]

脚注[編集]

  1. ^ ただ見守っていて innolife 2016.2.13 11:26 (UTC) 閲覧
  2. ^ HISTORY (朝鮮語) 来夢来人公式サイト 2016.2.13 11:33 (UTC) 閲覧
  3. ^ 윤현진황정민·김아중 주연 ‘식스먼스’→‘그바보’ 제목 변경 왜? (朝鮮語) NEWSEN 2009.4.15付記事
  4. ^ 지형준 ‘그바보’ 문재원-윤주상, ‘상반된 표정!’ (朝鮮語) 中央日報 2009.6.9付記事(オリジナル: NEWSEN)
  5. ^ 윤현진 ‘그바보’ 무공해 훈남 황정민, 순수한 내면연기 호평 (朝鮮語) newsen 2009.5.8付記事
  6. ^ a b 【視聴率】『ただ見守っていて』、『シティーホール』の壁を越えれず残念な放映終了 innolife 2009.6.19付記事
  7. ^ a b KBS水木ドラマ『ただ見守っていて』、シリーズ2制作決定! innolife 2009.6.15付記事
  8. ^ 김형우 김아중 KBS 연기대상 女 우수상 수상 “아껴준 황정민 감사” (朝鮮語) 中央日報 2010.1.1付記事(オリジナル: newsen)
  9. ^ 등장인물 (朝鮮語) KBS公式サイト 2016.2.20 08:02 (URC) 閲覧
  10. ^ 九點檔「傻瓜」韓國影后金亞中裸照風波一笑置之 (中国語) 台湾電視公司公式サイト 2016.2.26 22:02 (UTC) 閲覧
  11. ^ 傻瓜 劇情 plot (中国語) 台湾電視公司]]公式サイト 2016,2,26 22:02 (UTC) 閲覧
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m 声優タレント学科在校生43名がフジテレビ放映の韓国ドラマ『アクシデント・カップル』日本語吹替えに出演! アミューズメントメディア総合学院東京校公式サイト 2016.2.26 22:55 (UTC) 閲覧
  13. ^ a b 韓流α・アクシデント・カップル goo 2016.2.26 20:55 (UTC) 閲覧
  14. ^ 韓流α、15日よりアンコール殺到につき、平凡な郵便局員と女優のラブコメ「アクシデント・カップル」再放送! NAVICON 2011.8.11付記事
  15. ^ 鈴木 成児(すずき なりじ) Tokyo story公式サイト 2016.2.26 23 23:17 (UTC) 閲覧
  16. ^ 金鷹獨播劇場《偶然結婚》 講述男版灰姑娘愛情 (中国語) sina全球新聞 2010.11.22付記事

外部リンク[編集]

BSフジ 韓ドラ☆17
前番組 番組名 次番組
復活
(2010.11.26 - 2010.12.26)
アクシデント・カップル
(2011.1.4 - 2011.1.25)
コーヒープリンス1号店
(2011.1.26 - 2011.2.17)