椿の花咲く頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
椿の花咲く頃
ジャンル ドラマ
脚本 イム・サンチュン
演出 チャ・ヨンフン
出演者 コン・ヒョジン
カン・ハヌル
製作
制作 KBS
放送
放送国・地域大韓民国の旗 大韓民国
放送期間2019年9月18日 -11月21日
放送時間毎週水曜日、木曜日
回数20回
公式ウェブサイト
テンプレートを表示
椿の花咲く頃
各種表記
ハングル 동백꽃 필 무렵
日本語読み: つばきのはなさくころ
英語表記: When the Camellia Blooms
テンプレートを表示

椿の花咲く頃』(つばきのはなさくころ、:동백꽃 필 무렵:When the Camellia Blooms)は、韓国KBSで、2019年9月18日[1]から11月21日まで放送されたロマンティックラブサスペンスコメディドラマ日本では2019年Netflixにて配信された。全20話。最高視聴率は、最終回の23.8%。地上波ドラマとして2019年史上最高の大ヒットドラマであった。その年の KBS演技大賞では、出演のコン・ヒョジンが大賞を受賞するなど12冠の栄誉に輝いた[2]

あらすじ[編集]

住民は皆が顔見知りという田舎町オンサンに、幼い息子を連れたシングルマザーのオ・ドンベク(コン・ヒョジン)が引っ越してきて「カメリア」というスナックを開く。ドンベクの美貌もあって店は男性客が集い繁盛したが、それを快く思わない地元の女性たちは、未婚の母であるドンベクに偏見をもって接しいじめていた。

ドンベクが移住して6年余り、熱血漢の警察官ファン・ヨンシク(カン・ハヌル)が、半ば左遷される形で故郷に赴任する。ヨンシクは偶然見かけたドンベクに一目惚れし、不器用ながらも一途にアプローチを重ねていく。

その頃、世間では6年前にオンサンで起こった未解決の連続殺人事件が、再び関心を集めていた。カメリアの壁には事件当時に殺害現場にあったメモと同じ筆跡で、ドンベク宛の落書きが残されていた。

キャスト[編集]

オ・ドンベク
演 - コン・ヒョジン
主人公。名前は韓国語椿という意味。田舎町でスナックを経営しながら8歳の息子を女手一つで育てる。周りから偏見の目で見られる中、地元出身の警察官ヨンシクに惚れられる。
ファン・ヨンシク
演 - カン・ハヌル
オンサンという田舎町で警察官として働く方言丸出しの青年。やがて一人の女性として生きるドンベクに惹かれていく。
カン・ジョンリョル
演 - キム・ジソク
ドンベクの初恋の人で有名なプロ野球選手。実はピルグの実父。
ジェシカ
演 - チ・イス
ジョンリョルの妻。
ノ・ギュテ
演 - オ・ジョンセ
ドンベクが経営するバー「カメリア」の常連客。
ホン・ジャヨン
演 - ヨム・ヘラン
離婚弁護士で、ノ・ギュテの妻。
ヒャンミ
演 - ソン・ダムビ
ドンベクが経営するバー「カメリア」のバイト従業員。
ピルグ
演 - キム・ガンフン(大人:チョン・ガラム
ドンベクの息子で、将来の夢は野球選手
クァク・トクスン
演 - コ・ドゥシム
ヨンシクの母。唯一、オンサンの町の住民達の中でドンベクに親しくしてくれる。しかし、ドンベクをヨンシクの嫁としては認めない。
ジョンスク
演 - イ・ジョンウン
ドンベクの母。幼い頃に捨てられドンベクは彼女を一度も探そうと思わなかった。認知症を患いドンベクの前に現れ同居を始める。
ピョン所長
演 - チョン・ペス
ヨンシクが働く交番の所長。
ガブリ
ある殺人事件の犯人で、正体は謎。ドンベクを執拗に追う。

スタッフ[編集]

  • 脚本:イム・サンチュン
  • 演出:チャ・ヨンフン

受賞歴[編集]

2019年[編集]

  • KBS演技大賞(2019年12月31日)[2]
    • 大賞 - コン・ヒョジン
    • 最優秀賞 - カン・ハヌル
    • ベストカップル賞 - コン・ヒョジン&カン・ハヌル
    • ベストカップル賞 - オ・ジョンセ&ヨム・ヘラン
    • ネットユーザー賞 - カン・ハヌル
    • 優秀賞 中編ドラマ部門 - キム・ジソク
    • 優秀賞 中編ドラマ部門 - イ・ジョンウン
    • 助演賞 中編ドラマ部門 - オ・ジョンセ
    • 助演賞 中編ドラマ部門 - ヨム・ヘラン
    • 新人賞 - ソン・ダムビ
    • 青少年演技賞 - キム・ガンフン
    • 脚本家賞 - イム・サンチュン

2020年[編集]

  • 第32回韓国PD大賞(2020年4月)[3]
    • テレビドラマ部門 作品賞
  • 第56回百想芸術大賞(2020年6月5日)[4]
    • ドラマ部門大賞
    • テレビ部門 男子最優秀演技賞 - カン・ハヌル
    • テレビ部門 男子助演男優賞 - オ・ジョンセ
    • テレビ部門 脚本賞 - イム・サンチュン
  • 第47回韓国放送大賞(2020年9月10日)[5][6]
    • 作品賞 ドラマ部門
    • 演技者賞 - カン・ハヌル
    • 作家賞 - イム・サンチュン
  • 第15回ソウルドラマアワード(2020年9月15日)[7]
    • 韓流ドラマ最優秀作品賞
    • 韓流ドラマ男性俳優賞 - カン・ハヌル
    • 女性演技者賞 - コン・ヒョジン
    • 脚本賞 - イム・サンチュン
    • 韓流ドラマ主題歌賞 - Punch
  • 2020 アジアコンテンツアワード(2020年10月25日)[8]
    • ベストアジアドラマ

OST[編集]

アルバム

  • 동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) Special OST(2019年11月21日)

デジタルシングル

  • John Park「이상한 사람 (Foolish Love)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.1、2019年10月3日)
  • O.WHEN「Loser」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.2、2019年10月9日)
  • Motte,YONGZOO「너는 내게 비타민 같아 (You Are My Vitamin)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.3、2019年10月10日)
  • Onestar「꽃처럼 예쁜 그대 (You Are As Pretty As A Flower)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.4、2019年10月16日)
  • ソユ괜찮나요 (Good To Be With You)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.5、2019年10月23日)
  • Punch「영화 속에 나오는 주인공처럼 (Like a heroine in the movie)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.6、2019年10月31日)
  • キム・ナヨン「그 무렵 (At that time)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.7、2019年11月6日)
  • キム・ピル「겨울이 오면 (When winter comes)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.8、2019年11月7日)
  • Heize「운명이 내게 말해요 (Destiny Tells Me)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.9、2019年11月13日)
  • Ga Eun「I'll Be With You」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.10、2019年11月14日)
  • キム・ヨンジ내 맘 (Mom)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST - Part.11、2019年11月20日)
  • キム・ヨンジ, Onestar, YONGZOO, Ga Eun, Ra.L, イム・ジウン, James Kang, サムマ合唱団「노엘 (The First Noel)」(동백꽃 필 무렵 (KBS2 수목드라마) OST Special Track、2019年12月1日)

脚注[編集]

  1. ^ KBS World | 韓流代表チャンネル”. web.archive.org (2020年5月10日). 2020年5月10日閲覧。
  2. ^ a b コン・ヒョジン「2019 KBS演技大賞」デビュー20年目にして大賞に輝く…「椿の花咲く頃」は12冠を達成”. Kstyle (2020年1月1日). 2020年9月16日閲覧。
  3. ^ 한국PD대상, KBS '동백꽃 필 무렵' 등 14편 선정” (朝鮮語). 朝鮮日報 (2020年4月24日). 2020年9月17日閲覧。
  4. ^ ドラマ「椿の花咲く頃」&映画「パラサイト 半地下の家族」第56回百想芸術大賞で大賞を受賞(総合)”. Kstyle (2020年6月6日). 2020年9月16日閲覧。
  5. ^ BTS(防弾少年団)&カン・ハヌルら「韓国放送大賞」の受賞者に決定…”. Kstyle (2020年9月2日). 2020年9月16日閲覧。
  6. ^ BTS(防弾少年団)「第47回韓国放送大賞」で3度目の歌手賞に!ドラマ「椿の花咲く頃」カン・ハヌル&人気キャラクターペンスも受賞(総合)”. Kstyle (2020年9月10日). 2020年9月16日閲覧。
  7. ^ 「椿の花咲く頃」が5冠獲得!「第15回ソウルドラマアワード」人気作品が続々…”. Kstyle (2020年9月15日). 2020年9月16日閲覧。
  8. ^ 黒木華&キム・ヒエ&チュ・ジフン「2020 アジアコンテンツアワード」主演男女俳優賞を受賞!新木優子も特別賞に(総合)”. Kstyle (2020年10月25日). 2020年10月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]