水の中のナイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水の中のナイフ
Nóż w wodzie
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 イエジー・スコリモフスキ
ロマン・ポランスキー
ヤクブ・ゴールドベルク英語版
製作 Stanislaw Zylewicz
出演者 レオン・ニェムチック
ヨランタ・ウメッカ
ジグムント・マラノウッツ
音楽 クリシトフ・コメダ
撮影 イエジー・リップマン
編集 アリナ・プリュガル=ケトリング
配給 日本の旗 東和
公開 ポーランドの旗 1962年3月9日
日本の旗 1965年6月1日
上映時間 94分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
言語 ポーランド語
テンプレートを表示

水の中のナイフ』(Nóż w wodzie)は、ロマン・ポランスキー監督・脚本による1962年のポーランドのドラマ映画英語版である。ポランスキーの監督デビュー作品である。アカデミー外国語映画賞にノミネートされた。

あらすじ[編集]

アンジェイとその妻は裕福な夫婦で、自動車を走らせていると若者が飛び出す。二人は若者を乗せてヨットで船出する。ゲームなどをしているうち、アンジェイと若者が喧嘩をして若者のナイフを海へ落としてしまう。若者は飛び込むが見えなくなり、夫婦は泳いで探しに行くが、若者はブイの蔭に隠れており、アンジェイは殺してしまったとおびえる。アンジェイが泳いで遠くへ行ったすきに若者はヨットへ戻り、妻はアンジェイを呼ぶが聞こえない。若者は妻とキスをする。妻はヨットを岸辺へつけ、若者は降りる。埠頭まで行くとアンジェイが待っており、夫婦は車に乗り、妻は若者が生きていて自分と浮気をしたと告げるが、アンジェイは嘘だと言い、警察署へ行く道のところまで来て止まる。

キャスト[編集]

評価[編集]

第36回アカデミー賞外国語映画賞にポーランド代表作品として史上初めて出品され、ノミネートに至った[1]

2010年に『エンパイア』誌から発表された「世界の映画ベスト100」では61位となった[2]

参考文献[編集]

  1. ^ The 36th Academy Awards (1964) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年11月3日閲覧。
  2. ^ The 100 Best Films Of World Cinema”. Empire. 2011年4月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]