クシシュトフ・コメダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クシシュトフ・コメダ
Krzysztof Komeda
出生名 Krzysztof Trzciński
生誕 (1931-04-27) 1931年4月27日
出身地 ポーランドの旗 ポーランド ポズナン
死没 (1969-04-23) 1969年4月23日(37歳没)
ジャンル ジャズ
職業 作曲家、ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
活動期間 1956年 - 1969年

クシシュトフ・コメダ(Krzysztof Komeda、1931年4月27日 - 1969年4月23日)は、ポーランドを代表するジャズピアニスト作曲家ポズナン出身[1]。本名はクシシュトフ・トルチンスキ(Krzysztof Trzcinski)だが、ジャズを嫌う共産党に目を付けられることを恐れ、ステージネームとしてコメダの名前を使用していた。

コメダは元々医者であったが、1950年代後半からヨーロッパ各国でジャズ演奏の活動を始める。ワルシャワのジャズ・ジャンボリー演奏会などでのライブ録音が残されている。1962年リーダー・アルバム『Crazy Girl』で本格デビュー。1965年『Astigmatic』ではモードを基盤としたフリー手法で緊迫感のある、それまでのイメージを刷新した革新的なサウンドで注目を浴びた。

またコメダは、数多くの映画音楽を手がけ、中でもロマン・ポランスキー監督の『水の中のナイフ』や『ローズマリーの赤ちゃん』、アンジェイ・ワイダ監督の『夜の終わりに』などが有名である。

1969年、不慮の事故により37歳で死亡した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Festiwal Jazzowy - Sopot 1956 Kronika Dźwiękowa (1956年、Muza)
  • Crazy Girl (1962年、Muza)
  • Etiudy Baletowe "Ballet Etudes" (1963年、Metronome)
  • Jazz Jamboree'64 vol. 2 (1964年、Muza)
  • Astigmatic (1966年、Muza)
  • 『出発』 - Le Depart (1967年、Philips) ※映画『出発』サウンドトラック
  • Meine süsse europaische Heimat (1966年、Electrola/Columbia)
  • Cul-De-Sac (1966年、Polydor)
  • Rosemary's Baby (1968年、Paramount)
  • The Riot (1968年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Muzyka Krzysztofa Komedy vol. 1-4 (1974年、Muza)
  • Krzysztof Komeda (1989年、Muza)
  • The Complete Recordings of Krzysztof Komeda vol. 1-25 (2000年、Polonia Records) ※1994-1998年録音
  • Zofia Komeda Presents vol. 1-19 (1998–2009年、Power Bros)

脚注[編集]

  1. ^ クシシュトフ・コメダ ポーランド文化広報センター 2018年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]