反撥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
反撥
Repulsion
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロマン・ポランスキー
ジェラール・ブラッシュ
デヴィッド・ストーン(脚色・台詞)
製作 ジーン・グトウスキー
製作総指揮 マイケル・クリンガー[1]
トニー・テンサー[1]
出演者 カトリーヌ・ドヌーヴ
イヴォンヌ・フルノー
音楽 チコ・ハミルトン
撮影 ギルバート・テイラー
編集 アラステア・マッキンタイア
製作会社 コンプトン・プロダクション
テクリフィルム・プロダクションズ[1]
配給 イギリスの旗 コンプトン・フィルムズ
日本の旗 東和
公開 イギリスの旗 1965年6月
日本の旗 1965年8月18日
上映時間 105分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $300,000[2]
テンプレートを表示

反撥』(はんぱつ、Repulsion)は1965年の白黒のイギリスの映画第15回ベルリン国際映画祭において銀熊賞 (審査員グランプリ)を受賞した。

ストーリー[編集]

ロンドンのアパートで姉ヘレンと暮らすキャロルは美容室で働いていてデートを誘う男コリンもいる。姉が妻子持ちの男マイケルを毎晩のように部屋に泊めることに強い嫌悪感を抱いていた。毎晩のように姉の喘ぐ声が聞こえてくる。神経質で潔癖性のキャロルは、男性恐怖症になると同時に男に犯される夢を見るようになり、徐々に精神的に壊れて行く。姉と男が旅行に出る。家賃の支払もせず、引きこもってしまう。   ようやく店に出てきて店主から厳しく注意され、ついに客にケガをさせてしまって同僚に「三日間どうしてたの?外に出ないと。映画がいいわ」と『黄金狂時代』を観たといってチャップリンの真似をする。アパートに帰ってから会えないと苛立つコリンが訪ねてきて、ドアを無理に開けて入るが、すきを見て殴り殺してしまう。姉からピサの斜塔の写真が入った絵葉書がきて「家賃は払ったか」と書いてある。その間も壁から男に掴まれる妄想に駆られる。姉の不倫相手の妻らか電話がある。家主がやってきてドアを開ける。家賃を渡したら「精神病院さながらだ」と言われ、腐ったウサギを見つけられる。家主はいやらしい眼で舐め回し、友達になれたら家賃はタダにするといって襲われたため、隠し持っていたナイフで刺し殺す。コンセントに挿してないアイロンをかける。ベッドでまた襲われる夢。

雨の中、姉たちが旅行から帰る。異様な気配を感じた姉が中に入って叫ぶ。男がやってきて警察に電話をかけようとするが、切られていた。ベッドの下からキャロルが見つかり、男が抱きかかえて外に出る。ブリュッセルでの家族写真が映し出され、小さい頃のキャロルがアップになる。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c クレジットなし。Repulsion (1965) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年5月23日閲覧。
  2. ^ Repulsion (1965) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]