赤い航路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤い航路
Bitter Moon
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロマン・ポランスキー
ジェラール・ブラッシュ
ジョン・ブラウンジョン
製作 ロマン・ポランスキー
製作総指揮 ロベール・ベンムッサ
出演者 ヒュー・グラント
ピーター・コヨーテ
エマニュエル・セニエ
クリスティン・スコット・トーマス
音楽 ヴァンゲリス
撮影 トニーノ・デリ・コリ
編集 ハーブ・デ・ルーズ
配給 日本の旗 日本ヘラルド
公開 イギリスの旗 1992年7月12日
日本の旗 1993年2月6日
上映時間 138分
製作国 フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
フランス語
テンプレートを表示

赤い航路』(あかいこうろ、原題: Bitter Moon)は1992年映画フランスイギリス合作。パスカル・ブリュックネールの小説『Lunes de fiel』をロマン・ポランスキーが映画化した。

あらすじ[編集]

結婚7年目のイギリス人夫婦・ナイジェルとフィオナは、自分たちの愛を確かめるためにイスタンブール行きの豪華客船で地中海クルージングの旅に出た。その船上でナイジェルは、車椅子のアメリカ人作家・オスカーとその妻のフランス人・ミミに出会う。オスカーはナイジェルにミミとの馴れ初めを話し始め、パリでの出会い、過激な性生活、車椅子になってからの生活などを語っていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(1998年01月16日放送 テレビ朝日 シネマエクスプレス

外部リンク[編集]