われらの世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

OUR WORLD 〜われらの世界〜』(アワ・ワールド われらのせかい)は、1967年6月25日から26日にかけ放送された世界初の衛星中継テレビ番組[1]である。

概要[編集]

イギリス・BBCをキーステーションに、5大陸・14か国の放送局が参加し31地点を結んで世界24カ国で中継放送された[2]

日本からはNHKが参加し、1967年6月26日の3時55分から6時30分にかけてNHK総合テレビで放送された[3]。日本での進行役は、当時NHKのアナウンサーだった宮田輝が務めた。

参加放送局[編集]

国名 放送局
オーストラリアの旗 オーストラリア オーストラリア放送協会(ABC)
オーストリアの旗 オーストリア オーストリア放送協会(ORF)
カナダの旗 カナダ カナダ放送協会(CBC)
デンマークの旗 デンマーク デンマーク放送協会(DR)
フランスの旗 フランス フランス放送協会(ORTF 現・フランス・テレビジョン
イタリアの旗 イタリア イタリア放送協会(RAI)
日本の旗 日本 日本放送協会(NHK)
メキシコの旗 メキシコ テレシステマ・メヒカーノ(TSM)(現・テレビサ
スペインの旗 スペイン テレビシオン・エスパニョーラ(TVE)
スウェーデンの旗 スウェーデン スウェーデン・ラジオ(SR)
チュニジアの旗 チュニジア ラジオテレビ・チュニジア(RTT 現・チュニジアテレビ放送公社)
イギリスの旗 イギリス 英国放送協会(BBC)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 国立教育テレビ(NET 現・公共放送サービス
西ドイツの旗 西ドイツ ドイツ公共放送連盟(ARD)

チェコスロバキアの旗 チェコスロバキアポーランドの旗 ポーランド東ドイツの旗 東ドイツソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ハンガリーの旗 ハンガリーも参加予定だったが、第三次中東戦争に抗議し不参加となった。

テーマ[編集]

この番組は6つのテーマによって番組が成り立っていた。

赤ちゃん誕生
最初に、札幌北海道大学病院での新生児出産が取り上げられた[4]。その他、メキシコシティカナダエドモントンでも中継された。
世界のこの瞬間
中継地点は東京三田地下鉄工事現場、パリチュニスボストンバンクーバーメルボルンなど。
過密な世界
中継地点はニューヨークキャンベラモントリオールなど。
健全な肉体を求めて
当時のバタフライ世界記録保持者であるカナダのエレイン・タナー(Elaine Tanner)、イタリア障害馬術選手ディンツェア兄弟らを取り上げる。
芸術の追求
イギリス代表」として出演したビートルズは、EMIアビー・ロード・スタジオにて当時の未発表曲である『愛こそはすべて』のレコーディング・セッションを披露した[5]。このセッションにはほかにもフェデリコ・フェリーニローリング・ストーンズエリック・クラプトンマリアンヌ・フェイスフルキース・ムーングラハム・ナッシュなどが参加した。
宇宙のかなたへ
最後に、ケープ・ケネディ基地の様子、オーストラリアパークスの巨大な電波望遠鏡を取り上げて終了する。

高松海老養殖場の模様、米ソ首脳会談中のアメリカニュージャージー州・グラスボロ(Glassboro)の州立大学の学長公邸が全世界に向けて中継された。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時は「宇宙中継番組」と称されていた。
  2. ^ テレビ進化論11 地球をつなぐネットワーク - NHKアーカイブスカタログ
  3. ^ NHK総合テレビでは、同日19時30分から21時40分に再放送された。
  4. ^ その時に誕生した男児は当時のNHK会長より「はじめ」と命名された。
  5. ^ 日本進行役の宮田は「こちらはロンドン、今は夜です。ロンドンのスタジオでは今ビートルズが新しいレコードを吹き込んでいるところです」と紹介した。