映画祭事務局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
映画祭事務局
Directorate of Film Festivals
The Director, DFF Shri V B Pyarelal going round the exhibition “an odyssey of Indian Film Posters through the Decades” at Kala Academy in Panaji, Goa on November 24, 2006.jpg
ゴア州で開催されたイベントに出席する映画祭事務局長V・B・ピアリラール(2006年)
略称 DFF
設立年 1973年
設立者 インドラ・クマール・グジュラール
種類 官庁
目的 良質なインド映画の国内外への普及
本部 インドの旗 インド ニューデリーシリ・フォート・オーディトリアム英語版
親組織 インド情報放送省英語版

映画祭事務局(えいがさいじむきょく、Directorate of Film Festivals)は、インド情報放送省英語版の部局で、インド映画関連事業の専従機関。ナショナル・フィルム・アワードインド国際映画祭、同映画祭「インド映画パノラマ」部門を管轄している。

概要[編集]

第46回インド国際映画祭英語版に出席する映画祭事務局長C・センティル・ラージャン(右端)

1973年に情報放送大臣インドラ・クマール・グジュラール(元ニューデリー映画協会会員)の実施した「包括的映画政策」の一環として同省内に新設された[1][2]。映画祭事務局は良質なインド映画の国内外への普及、国外の映画祭で評価を得る機会を提供することを目的に設置され、それまで隔年開催だったインド国際映画祭を1975年以降は毎年開催できるようにした。また1978年には同映画祭に「インド映画パノラマ」部門を新設し、海外市場に良質なインド映画を紹介するための場を設けた。この他にコンペティション部門での上映が決定した監督への財政支援やインド映画の国外上映会、海外映画のインド上映会を組織する文化交流事業も行っている[2]

インド映画を評価・紹介するナショナル・フィルム・アワードやインド国際映画祭の運営を管轄しているため、インドを代表する映画は映画祭事務局が掌握しているとされている[2]

出典[編集]

  1. ^ Directorate of Film Festivals”. Ministry of Information and Broadcasting (2008年6月17日). 2008年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。
  2. ^ a b c 国家と/の芸術 : インド政府の映画政策をめぐって (PDF)”. 九州大学大学院人間環境学研究院. 2019年6月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]