誓いの休暇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
誓いの休暇
Баллада о солдате
監督 グリゴーリ・チュフライ
脚本 ワレンチン・エジョフ
グリゴーリ・チュフライ
出演者 ウラジーミル・イワショフ
ジャンナ・プロホレンコ
音楽 ミハイル・ジフ
撮影 ウラジーミル・ニコラーエフ
エラ・サヴェリエワ
製作会社 モスフィルム
上映時間 88分
製作国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
言語 ロシア語
テンプレートを表示

誓いの休暇』(ちかいのきゅうか、Баллада о солдате)は、1959年に制作されたソビエト連邦映画モスフィルムが制作し、『女狙撃兵マリュートカ』のグリゴーリ・チュフライが監督した。1960年カンヌ国際映画祭最優秀賞・青少年向け映画賞を、また、サンフランシスコ国際映画祭監督賞、ロンドン国際映画祭監督賞、ダヴィト・ディ・ドナテロ賞(チュフライ監督)、ミラノ国際映画祭名誉賞、イタリア批評家連盟賞、全ソ映画祭第1賞、1960年キネマ旬報外国映画ベストテン第10位を獲得した。

あらすじ[編集]

通信兵アリョーシャは、戦場で2台の敵戦車を対戦車ライフルで撃破した勲功により将軍から特別に6日間の休暇を貰った。アリョーシャの心は故郷へとはやるが、戦場の見知らぬ僚友から妻への伝言を頼まれるなど帰郷の道のりは困難を増した。さらに途中、妻のもとに復員する傷病兵を助けたりしているうちに列車の乗り継ぎが遅れ、休暇は瞬く間に過ぎて行く。肉の缶詰で哨兵を丸め込みやっと乗り込んだ軍用貨物列車の中で、アリョーシャは少女シューラと出会う。列車の中の枯草の片隅で、束の間だが二人は心を通わせる。途中、水を汲みに行ったアリョーシャは軍用貨物列車に置き去りにされ、シューラと離れ離れになる。老婆が運転するトラックに乗せて貰いシューラの後を追うアリョーシャは、到着した駅でシューラと再会する。ほっと一息ついて食事をした時に、戦場の見知らぬ僚友からの頼まれ事を思い出したアリョーシャは急ぎシューラと街中へ出る。こうして訪れたアパートに居た夫人は男を囲っていた。僚友の妻への信頼が裏切られた事を知ったアリョーシャは、土産の石鹸を渡さずアパートを去った。そして僚友の父親を尋ね石鹸を手渡して、本当は何も知らぬ僚友の作り話をして聞かせるのだった。そして、ついにシューラとの別れの時がやって来た。本当はお互いに好意を寄せていたのだが、何も言わぬままアリョーシャは列車に乗りシューラに別れを告げた。列車の旅も故郷に近づいた時、不運にも空襲に遭い鉄橋が破壊され先へ進めなくなったアリョーシャは、川を筏で渡りトラックをつかまえて故郷へと急いだ。そして故郷の村にたどり着いた時、休暇はもう帰りの時間を残すのみであった。村人から歓待され母親と抱き合い僅かな言葉を交わしただけで、アリョーシャは「帰る」と言い残して慌ただしく麦畑の道を戦場へと引き返した。しかし、戦争が終わってもアリョーシャは村に帰ってこなかった。年老いた母は今日もまた、麦畑の傍らで帰らぬ息子を待ちわびる。

キャスト[編集]

  • アリョーシャ - ウラジーミル・イワショフ
  • シューラ - ジャンナ・プロホレンコ
  • アリョーシャの母親 - アントニーナ・マクシモワ
  • 将軍 - ニコライ・クリュチコフ
  • 傷病兵 - エフゲニー・ウルバンスキー

背景[編集]

チュフライは1957年に白軍の将校と恋に落ちた赤軍の女兵士を描いた『女狙撃兵マリュートカ』でカンヌ国際映画祭で特別賞を受賞しデビューを飾る。『誓いの休暇』のアイデアはこのカンヌ映画祭で浮かんだという。チュフライは「私はカンヌ映画祭に出席して、そこで人々が我々ソヴィエト人に対して非常に興味を持っている、という事がわかりました。多くの人々にとって、戦争はまだ記憶に新しい事でありましたし、あのファシズムに対して大勝利をおさめた国民とはどんな人々なのか、という探るような視線が我々に向けられたのです。これは、ソヴィエトの兵士についての映画を作らなくてはならないと、私はそこで思ったのです」[1]と述べている。

脚本を書いたワレンチン・エジョフとチュフライは、「我々の提起した課題は、兵士は優れた兵士だった、という事を書く事ではなかった。この事はすでに周知の事である。我々の前にあったのは、別の課題―――我々の兵士達はどんな人々だったのか、そして我々のヒーローはどんな人間だったか、という事を描いた物語を生み出す事であった。我々の描きたかったのは、ソヴィエト社会で育ち、主義に忠実で、無垢で、素朴で、思いやりが深く母親と祖国を愛し、善意に満ち、人間としての美点と魅力とに溢れた若者の世界である。こうした資質こそ、作者達の信ずるところでは、ソヴィエト兵士の資質に他ならぬ。ソヴィエトのヒロイズムはこれらの資質から生まれた結果である」[2]と書いており、こうした意図に沿って主人公のアリョーシャはおよそ戦時下の兵士らしからぬ状況の中で描かれている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 「グリゴーリー・チュフライの世界」 編集:野原まち子他(日本海) 1990
  2. ^ 「ソビエト映画史」 V・ジダン 高田爾郎訳(三一書房) 1971

外部リンク[編集]