コーラスライン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コーラスライン
A Chorus Line
監督 リチャード・アッテンボロー
脚本 アーノルド・シュルマン
製作 サイ・フュアー
アーネスト・H・マーティン
製作総指揮 ゴードン・スタルバーグ
出演者 マイケル・ダグラス
アリソン・リード
テレンス・マン
グレッグ・バージ
音楽 エドワード・クレバン(作詞)
マーヴィン・ハムリッシュ(作曲)
撮影 ロニー・テイラー
編集 ジョン・ブルーム
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年12月13日
日本の旗 1985年12月21日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2700万$
興行収入 $14,202,899[1]
配給収入 14億5000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

コーラスライン』(A Chorus Line)は、1985年公開のミュージカル映画。監督はリチャード・アッテンボローアーノルド・シュルマンによる映画脚本は、ジェームズ・カークウッドニコラス・ダンテによる1975年初演の同名のミュージカル作品の台本に基づいている。

ストーリー[編集]

往年のスターダンサーだったキャシー(アリソン・リード)は仕事を求め、ブローウェイのオーデションを受けに行く。そこでのディレクターは昔の恋人のザック(マイケル・ダグラス)だった。ザックはかつてのキャシーを想うあまり「コーラスはキャシーにはふさわしくない」と考え、キャシーは「このオーデションに来ているダンサーは皆素晴らしく、自分もその中でダンサーとして踊りたい」と訴える。キャシーとザックの揺れ動く感情と、最終選考に残ったダンサーの様々な人生が交差しながらも、オーデションは進んでいく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ザック マイケル・ダグラス 堀勝之祐
キャシー アリソン・リード 久野綾希子
ラリー テレンス・マン 内田直哉
リッチー グレッグ・バージ
マーク マイケル・ブレヴィンス
ダイアナ ヤミール・ボージェス
ポール キャメロン・イングリッシュ 堀内賢雄
アル トニー・フィールズ
クリスティン ニコール・フォッシー
シーラ ヴィッキー・フレデリック
コニー  ジャン・ガン・ボイド
ビビ ミシェル・ジョンストン
ジュディ ジャネット・ジョーンズ
マギー パム・クリンガー
ヴァル オードリー・ランダース
マイク チャールズ・マクゴアン
グレッグ ジャスティン・ロス
ドン ブレイン・サヴェージ
ボビー マット・ウエスト

曲目[編集]

No タイトル
1 I Hope GET IT 全員
2 Who Am I Anyway ポール
3 I Can Do That マイク
4 At The Ballet シーラ、ビビ、マギー
5 Hello twelve Hello thirteen Hello love 全員
6 Surprise Surprise リチー
7 Nothing ダイアナ
8 Dance ten Looks three バル
9 Let Me Dance For You キャシー
10 ONE(Rehearsal 全員
11  What I Did For Love キャシー
12 ONE(Finale) 全員

舞台裏[編集]

  • リチーの「Surprise Surprise」とキャシーの「Let Me Dance For You」は新たに追加された映画用のオリジナル曲。作曲者は舞台曲と同じマービン・ハムリッシュが行った為、舞台での世界観を損なわない仕上げとなっている。
  • 当初はザックの役にジョン・トラボルタが考えられていた。しかし当時トラボルタが大スターだった為に脚本が大きく変わりオリジナティが無くなってしまった為に断念した。
  • 整形し抜群のプロポーションとルックスに10点満点のダンス力を持ったバルの役の選定は難航し3000人と言われた応募者の中からも見つからなかった。オードリー・ランダースを見つけた時に監督のアッテンボローは嬉しさの余りオードリーが当時の人気ドラマ「ダラス」に出演している女優だという事に気が付かなかった。
  • トラボルタが出演しない事がきまり、大スター不在でキャスティングが行われたコーラスラインで唯一名が売れているマイケル・ダグラスの起用に関してはマイケル自身の強い希望もありギャランティやクレジットに関して特別な扱いをしない条件で参加している。

参考文献[編集]

  1. ^ A Chorus Line” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年9月14日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)450頁

外部リンク[編集]