ジャン=イヴ・ティボーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャン=イヴ・ティボーデ
生誕 (1961-09-07) 1961年9月7日
出身地 フランスの旗 フランスリヨン
学歴 パリ国立高等音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ジャン=イヴ・ティボーデ(Jean-Yves Thibaudet, 1961年9月7日 - )は、フランスリヨン出身のピアニスト

経歴[編集]

5歳でピアノを始め、7歳で公開演奏を行い、デビューを果たす[1]。12歳でパリ国立高等音楽院に進んで、アルド・チッコリーニと、ラヴェルの友人リュセット・デカーヴに師事。3年後にパリ音楽院の首席となり、18歳でニューヨーク青年演奏家オーディションの覇者となり、19歳で日本国際音楽コンクールで第2位を受賞して脚光を浴びた。音楽教師としても活動しており、現在はアメリカ合衆国で後進の指導にあたっている。

演奏活動[編集]

ヴィルトゥオーソの伝統を汲む超絶技巧のピアニストだが、メカニックな演奏技巧のやみくもな披瀝に終わることなく、作曲者の意図の再現のために、理想の音響を実現するための熟考を重ね、さまざまな奏法の巧みな使い分けや、音色に対する繊細な配慮が演奏から伺われる。

ショパンやドビュッシー、ラヴェルといったフランスのピアノ界に伝統的なレパートリーを得意とするだけでなく、19世紀ロマン派の作曲家、たとえばシューマンリストブラームスラフマニノフをも得意としている。ショスタコーヴィチメシアンなどの近現代のピアノ曲も得意であり、またヴォルフリートの伴奏者も務めている。近年はサティのピアノ曲全集を録音して話題を呼んだ。また、近代フランス音楽の伝統を汲む一人であるとの意識から、ジャズにも興味を示しており、これまでにデューク・エリントンジョージ・ガーシュウィンビル・エヴァンスの作品をとりあげている。

また、ソリストとしてだけでなく、協奏曲室内楽歌曲の演奏・録音にも積極的で、ジョシュア・ベルトゥルルス・モルクルネ・フレミングチェチーリア・バルトリアンゲリカ・キルヒシュラーガーユーリ・バシュメットらと共演してきたほか、世界各地の著名なオーケストラと共演を重ねている。

人柄[編集]

端正な容姿からファッション界からも注目され、演奏会の衣裳はもともとジャンニ・ヴェルサーチを好んで着用していたが、現在はヴィヴィアン・ウエストウッドがデザインしたコスチュームを提供されている。若い頃から、タキシードのすそを短めにそろえ、赤い靴下を覗かせながら演奏するなど、独特のファッションセンスで知られている。

また、家に代々伝わるブルゴーニュワインのコレクターであると同時に、絵画のコレクターでもある。

ティボーデはまた同性愛者であることをカミングアウトしており、エイズ防止のキャンペーンなどに名前を連ねている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』青弓社、印刷所・製本所厚徳所、2006年2月10日、43ページ、ISBN 4-7872-7208-x