知識集約型産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

知識集約型産業(ちしきしゅうやくがたさんぎょう : knowledge-intensive industry)とは経済学用語の一つ。存在している産業の中でも人間による知的生産による業務の割合が大きい産業のことを知識集約型産業と言う。

現代日本ではファインケミカル機能性高分子医薬品の開発やソフトウェアの開発、集積回路の設計などが知識集約型産業とされている[1][2]。 知識集約型産業は一般的に高付加価値で先端的な設備を要し、特許法など、知的財産権の保護がなければ存続し得ないため、先進国に多く見られる。専門的な知識、技能を有する人材を要するため、一種の労働集約型産業ともいえる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 労働集約型と資本集約型の違いと知識集約型”. 2016年10月14日閲覧。
  2. ^ ジェイケース経営研究所”. 2016年10月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]