無縁ビジネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

無縁ビジネス(むえんビジネス)とは、無縁社会に生きる単身者孤独孤独死への恐怖不安を対象とする産業

概要[編集]

四国八十八箇所霊場の第71番札所弥谷寺の運営する永代供養(護摩堂

2010年に、NHKによる造語として「無縁社会」が大きな反響を呼んだ。実際に、誰にも看取られることなく死にゆく無縁死者数は年間32000人にも上る[1]

それ以前より急増していた単身者を対象とした主に高齢を扱う新しいビジネスとして共同墓地永代供養保証人・見守り・買い物などの代行サービス、話し相手サービス、身辺整理遺品整理、埋葬などを専門に請け負う特殊清掃業特定非営利活動法人などがにわかに産業として脚光を浴び、注目されるようになった。こうしたビジネスを無縁ビジネスとよび、無縁社会とともに現代象徴する流行語にひとつとして語られることが多くなった。

背景[編集]

NHKの取材によると、かつて日本社会で多く見られた、地縁血縁といった地域社会での人間関係や、家族親類との関係が次第に失われ、さらには終身雇用が崩壊したことで、会社との絆であった「社縁」までが失われたことによって生み出されていた[1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b NHKスペシャル 無縁社会~"無縁死" 3万2千人の衝撃~”. 2020年6月5日閲覧。