成城三丁目緑地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
成城三丁目緑地
Seijo 3-chome Park
成城三丁目緑地の位置(東京都区部内)
成城三丁目緑地
分類 緑地
所在地
東京都世田谷区成城3丁目16番38号
座標 北緯35度38分3.5秒 東経139度35分55.8秒 / 北緯35.634306度 東経139.598833度 / 35.634306; 139.598833座標: 北緯35度38分3.5秒 東経139度35分55.8秒 / 北緯35.634306度 東経139.598833度 / 35.634306; 139.598833
面積 19,836.69平方メートル
開園 2001年(平成13年)
運営者 世田谷区
設備・遊具 散策路・ベンチ
アクセス #アクセスを参照
公式サイト 世田谷区のサイト
テンプレートを表示

成城三丁目緑地(せいじょうさんちょうめりょくち)は、東京都世田谷区成城にある緑地

概要[編集]

戦前は、喜多見や緑地のあった地には喜多見御料林が広がっていたが、 1947年国有財産として払い下げられて林野庁が保有していた[1][2]1994年都市計画によって世田谷区が緑地として整備して、1995年3月と2005年3月に段階経て供用を開始し、2001年までに世田谷区が土地を取得した。国分寺崖線に面していることから湧水が豊富であり、緑地にはセキショウが群生する湧水と関東ローム層の地層が見える湧水地がある[1]。斜面緑地であったことから開発がされなかったので都内では珍しい自然が残されており、クヌギ林コナラ林を中心にケヤキサクラなど様々な植物が植栽され、サワガニなども生息する緑地である[3][4]。散策路・庭園・広場・ベンチなどが整備されており、緑地の管理は小学生や地域住民を中心とした成城三丁目緑地コア会議が行なっている[1]。フリーライターの山崎真は「公園の充実度は行政サービスの水準を測るバロメーター」として、成城三丁目緑地を世田谷区の公園のベスト5の中に選んでいる[5]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 世田谷区成城三丁目緑地における管理の現状と土壌性状の研究 (PDF) 首都大学東京機関リポジトリみやこ鳥 坂口豪 - 2018年2月2日閲覧
  2. ^ 「第一章(天皇)」に関する資料 (PDF) 2017年6月 衆議院憲法審査会事務局 2018年2月2日閲覧
  3. ^ a b 成城三丁目緑地2015年3月18日 世田谷区 2018年1月30日閲覧
  4. ^ タウン 世田谷 子どもたちが里山探検2000年11月19日 東京新聞 朝刊 東京版 25頁
  5. ^ 都内23区の4849カ所から足で選んだ5つ星の公園 フリーライター・山崎真さん、2年半かけ5段階評価 「ベンチの汚れ」「トイレの清掃」…行政サービスのバロメーターにも 1999年10月04日 東京新聞 朝刊 東京発面 28頁

外部リンク[編集]