東京都立園芸高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京都立園芸高等学校
Engei High School
正門入ってすぐの銀杏並木
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
設立年月日 1908年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 園芸科
食品科
動物科
学期 3学期制
高校コード 13121A
所在地 158-8566
東京都世田谷区深沢5-38-1
北緯35度37分10.3秒東経139度38分51.2秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立園芸高等学校(とうきょうとりつ えんげいこうとうがっこう)は、東京都世田谷区深沢にある都立高等学校。略称は園芸(えんげい)、園高(えんこう)、園芸学校(えんげいがっこう)、東園(とうえん)等。

概要[編集]

1908年(明治41年)、東京府立園芸学校として開校。当時相次いで全国各地に農業学校が設立された中、花卉園芸(観賞園芸)・蔬菜・果樹等の園芸の分野に限定した教育を行っていた。

戦前から戦後にかけては全国の農業学校の中心的な立場を持ち、東京近郊からだけではなく全国から生徒が集まった。戦前までは5年制の寮制の学校であり、朝鮮半島や中国からの留学生もいた。卒業にあたっては論文の提出が課された。戦後に共学となるまでは男子生徒のみであった。

2006年(平成18年)には学科改編を行い、愛玩動物について学ぶ「動物科」を新設した。

2016年(平成28年)1月現在、全校生徒143人のうち95人が女子である[1]

沿革[編集]

  • 1908年(明治41年)
    • 農業学校(甲種程度)として設立認可される。
    • 東京府立園芸学校開設。
  • 1909年(明治42年) - 寄宿舎開設。
  • 1910年(明治43年) - 玉川果樹園開設。
  • 1926年(大正15年) - 学則改正で定員500名、修業年限が5年となる。
  • 1930年(昭和5年) - 専修科を新設。
  • 1941年(昭和16年) - 本科を園芸科造園科に分離。
  • 1944年(昭和19年) - 専修科廃止。農業科新設。
  • 1948年(昭和23年) - 東京都立園芸新制高等学校と改称。同時に本校定時制課程、定時制砧分校、八丈分校を設置。全日制は修業年限3ヵ年となる。
  • 1949年(昭和24年) - 初の女子生徒編入、以後共学となる。
  • 1950年(昭和25年)
  • 1951年(昭和26年) - 東京都農業研究指定校に指定。
  • 1953年(昭和28年) - 文部省産業教育指定校となる。
  • 1955年(昭和30年) - 同窓会により、伊豆下田に下田農場を開設。
  • 1957年(昭和32年)
    • 農業科廃止。農産製造科を設置。
    • 創立五十周年記念事業協賛会を結成。
  • 1958年(昭和33年) - 砧分校廃止。
  • 1959年(昭和34年) - 東京都高等学校道徳教育協力校に指定。
  • 1962年(昭和37年) - 東京都高等学校農業研究協力校に指定。
  • 1963年(昭和38年) - 農産製造科を食品化学科に改称。
  • 1964年(昭和39年) - 寄宿舎廃止、プール建設のため取り壊し。
  • 1965年(昭和40年) - 下田農場本校の管理となる。
  • 1989年(平成元年) - 初めて女子の生徒数が男子を上回る[1]
  • 1990年(平成2年) - 校内にバラ園を築造。定時制「園芸技術専修生」制度開始。
  • 1997年(平成9年) - 食品化学科を食品科学科、造園科を造園デザイン科と改称。
  • 1998年(平成10年) - 園芸科を園芸デザイン科と改称。
  • 2006年(平成18年) - 園芸デザイン科と造園デザイン科を園芸科に、食品科学科を食品科に改組。動物科を設置。
  • 2008年(平成20年) - 創立100周年を記念して「100周年記念講堂」落成。特別校舎棟 落成。
  • 2015年(平成27年)7月18日 - 愛知県立安城農林高等学校と友好校の協定書を締結[2]

教育課程[編集]

全日制課程

改組前は、園芸デザイン科・造園デザイン科、食品科学科。

定時制課程
  • 園芸科

定時制には3年に編入し農業課程のみを履修する「園芸技術専修生」もある(要高卒(旧制中学等含む)以上資格)。

校内設備[編集]

日本庭園
  • バラ園
本校出身のバラ作出家(育種家)・鈴木省三から寄贈された約200種類のバラが栽培されている。中には貴重な原種もあり、毎年5月の公開日には多くの人でにぎわう。普段は主に園芸科の生徒によって管理されている。
  • 日本庭園
開校60周年記念事業として造営された。滝、中ノ島と州浜のある池、枯山水、築山、梅林などがある、本格的な日本庭園。主に園芸科の生徒によって管理されている。
  • 西洋庭園
フランス整形式庭園(沈床式庭園、サンクンガーデン)とイギリス風景式庭園がある。主に園芸科の生徒によって管理されている。
  • 盆栽棟(徳川三代将軍遺愛の松)
主に園芸デザイン科の盆栽の授業で使用されており、建物の前には100を超える大小様々な盆栽が栽培されているスペースがある。その中でも特に貴重なものに、徳川3代将軍・家光が愛した五葉松の盆栽が2鉢あり、生徒からは「三代さん」と呼ばれて親しまれている。この三代さんも含め、盆栽の管理は園芸科の生徒によってなされている。

校外施設[編集]

本校の他に、

の二つの実習地がある。玉川果樹園は1910年(明治43年)に、内務省から治水山林の払い下げを受け開設。普段から園芸科の授業で使用され、生徒は昼休み中に本校から徒歩30分かけて果樹園へ向かうことになる。

下田農場は、1955年(昭和30年)に同窓会によって開設、1965年(昭和40年)に本校の管理となった。農場には主に柑橘類の果樹や熱帯植物があり、長期休業期間に各科の実習に使われている。またかつてはこの二つの他に、砧農場も所有していた。

校長[編集]

  • 初代校長:熊谷八十三(1908年2月22日 - 1909年7月31日)
  • 2代校長:鈴木武太郎:1909年7月31日 - 1917年5月21日
  • 3代校長:山本正英:1917年5月21日 -1939年)
  • 4代校長:高築 勇(1939年‐1942年)
  • 5代校長:三田村興二郎(1942年‐1943年)
  • 6代校長:小川熊男(1943年‐1947年)
  • 7代校長:山本佳男(1947年‐1963年)
  • 8代校長:河南慶一(1963年‐1968年)
  • 9代校長:見城 一(1968年‐1971年)
  • 10代校長:小星芳路(1971年‐1975年)
  • 11代校長:稲垣実夫(1975年‐1979年)
  • 12代校長:千葉良蔵(1979年‐1982年)
  • 13代校長:末信憲三(1982年‐1984年)
  • 14代校長:赤木昭治(1984年‐1987年)
  • 15代校長:桑原猛則(1987年‐1990年)
  • 16代校長:原田龍志(1990年‐1992年)
  • 17代校長:野中 進(1992年‐1995年)
  • 18代校長:上松信義(1995年‐
  • 19代以降はご存知の方加筆をお願いします。
  • 現校長:德田安伸

交通[編集]

渋82 渋谷駅~等々力
等12、用06 成城学園前駅~等々力操車所
等11 祖師谷折返所~等々力操車所
始終着等々力から、二つ目
  • 東急バス深沢不動前停留所より徒歩8分
渋82 渋谷駅~等々力
等12、用06 等々力操車所→成城学園前駅
等11 祖師谷折返所~等々力操車所
自01・02 駒大深沢キャンパス前~自由が丘駅

学園祭[編集]

園芸展は菊の開花に合わせて毎年11月第2土曜・日曜に行われる。

ボランティア[編集]

2000年(平成12年)の三宅島噴火後、本土に避難していた東京都立三宅高等学校の生徒・教員と本校との交流が始まったのをきっかけに、2005年(平成17年)度から始まった活動である。活動の目的は、噴火で失われた三宅島の緑を増やす事であるが、同様に現地の人との交流等にも重きを置いている。卒業生達もNPO法人園芸アグリセンターを設立し、学校とともに、このプロジェクトの運営に参加している。

シンボル[編集]

正門から本館までの100メートルもあるイチョウ並木は、1912年(大正元年)頃植えられたもので、樹齢は90歳を越えている。
  • 徳川家光(第三代将軍)遺愛の松(五葉松)
「校内設備」にもあげられているが、本校創立に際し、東京府が購入し本校に移管されたもの。これを見に来る一般見学者も少なくはない。日本最古の三つの盆栽のうちの一つで、もう一つも本校に、三つ目は宮内庁所蔵。上記購入時には五葉松盆栽2鉢、赤松盆栽1鉢が購入された。この3鉢が現在も栽培管理されており、徳川第三代将軍家光公遺愛のものはそのうち2つの五葉松盆栽である。
1912年(大正元年)に当時の東京市長から、ワシントンに3,000本の桜が贈られ、その返礼として、1916年(大正5年)に東京市に白花のハナミズキが40本贈られた。そのうちの2本が本校に植えられている。
ワシントンに送った桜の内いくらかを、当時の東京府立園芸学校が管理していたため送られたものである。どれほどの桜が管理されていたかは不明。(という説もあるが、アメリカ・ワシントンDCにあるポトマック河畔に植えるために上記の3,000本の桜を輸出する任務に就いたのが当時の東京府園芸学校長であった熊谷八十三であり、その縁から東園にハナミスキが贈られたという説もある。無病状態の清潔なサクラの苗を熊谷が準備したとき、彼は東園の校長ではなく、興津園芸試験場の技師であった。)
上記サクラとハナミズキ交換交流の成立経緯は、アメリカ人女性作家エリザ・シドモア氏が日本の桜並木を母国アメリカのポトマック湖畔に再現する着想を得たことに始まる。その計画を当時のアメリカ大統領夫人のヘレン・タフト氏が発展させ、アメリカ側の受け入れ機運が高まった。当時の東京市長・尾崎行雄氏が日本側の寄贈準備を進め、当時アメリカで生化学事業を成功させ日米友好の為の団体・日本クラブThe Nippon Clubの初代会長を務めた高峰譲吉氏が在米日本人実業家より寄付を集め資金的な基盤を整えた。まず2000本の桜を輸出したが、アメリカ入港時の検疫で病虫害が見つかり滅却処分された。2回目の輸出では万全を期すため、苗木の育成には綿密な準備が図られた。植物学者の三好学氏が荒川の堤沿いに植えられたものから穂木を採る品種を選び、台木は線虫罹患の危険性のない兵庫県川辺郡(現在の伊丹市)で育成され、興津農業試験場で接ぎ木され、苗木が仕立てられた。この際実務を担当したのが都立園芸高校初代校長の熊谷八十三氏だった。[3]
菊池秋雄博士が本校在職中、1916年(大正5年)に日本梨の在来種を人工交配し、その結果、数種の優良新品種を得た。その中の菊水八雲は、当時の梨栽培業者から歓迎されて、全国的に栽培されるに至った。のちに、豊水幸水新水のもとになった。現在は、この3品種は合わせて「三水」とも呼ばれている。
  • スクールカラー
スクールカラーは紫である。これは、校旗や野球部の帽子などに反映されている。

同窓会[編集]

東京都立園芸高校には大きくわけて三つの同窓会が存在する。

  • 東京都立園芸高等学校同窓会
同校の卒業生全てが対象の同窓会。
  • 東園みどりの会
同校の造園科卒業生と、同校卒業生で造園業に従事している者が主体の同窓会。
  • 若葉の会
同校の卒業生でも近年卒業した者が主体となっている同窓会。
  • その他
他にも、学年、委員会、部活動ごとに同窓会が組まれているが、その数や団体名は不明。

校歌[編集]

  • 1919年(大正8年)2月11日制定
作詞:土井晩翠 作曲:中田章

著名な出身者[編集]

書籍[編集]

東京府立園芸学校および東京都立園芸学校編の書籍は以下のものがある。

  • 『東京府立園芸学校一覧. 明治41-44年度』編集兼発行人 東京府立園芸学校中・田中重吉 65p 1912年 明治45年[5]
  • 『実用園芸』東京府立園芸学校編纂 東京府立園芸学校代表者・山本正英著 明文堂発行 658p 1935年 昭和10年
  • 『観賞園芸』東京府立園芸学校編纂 東京府立園芸学校代表者・山本正英著 明文堂発行 348p 1937年 昭和12年
  • 『観賞園芸』東京都立園芸高校編 農山漁村文化協会発行 416p 1970年 昭和45年(※創立60年記念出版・非売品の上製本と一般販売用の並製本の2種がある)

東園同窓会発行の書籍には以下のものがあり、他に同窓会誌『東園』がある。

  • 『東園の七十年』発行者:東京都立園芸高等学校同窓会 同窓会長 荒川源三郎、発行所:東京都立園芸高等学校 399p 1978年 昭和53年 (創立70周年記念)
  • 『写真で見る東園の90年』発行者:東園同窓会、発行所:東京都立園芸高等学校東園同窓会 186p 1998年 平成10年(創立90周年記念)
  • 『歴史を語る東園の樹々』発行者:東園同窓会、発行所:東京都立園芸高等学校東園同窓会 110p 2008年 平成20年(創立100周年記念)

※周年記念事業は20周年より始まった。20周年には記念館(現在の図書館)が建設され、次に40周年時には図書館前にある西洋庭園(フランス式沈床庭園)が造成された。50周年には講堂の増改築が行われ、A5版70ページほどの小冊子が発行された。60~100周年時には上記書籍が発行された。80周年時には書籍ではなくビデオが作成された。

他に戦前より昭和46年までの学生に課せられた卒業論文が同窓会の管理下で保管されており総数約3900点に及ぶ。他に見られないテーマを扱ったものもあり貴重な内容のものが含まれる。卒業論文の他に大正~昭和戦前までの園芸雑誌『実際園芸』やアメリカの植物学・園芸学者のLiberty Bailey 氏著作の『Standard Encyclopedia of Horticulture』、ドイツ人植物分類学者Adolf Engler氏著作の『Die Naturlichen Pflanzenfamilien』等が保管されている。敗戦時の学制改革以前、5年寄宿制時には現在の大学水準に相当した教育が行われていたものと偲ばれる。

生徒心得[編集]

園芸棟に生徒心得が書かれた大きな木製の額が掛けられている。これは東京農業大学初代学長でもあった農学者の横井時敬によって定められたもので、日付は明治43年4月27日となっている。五か条からなるもので各条項は下記の通り。

一 礼節を正し廉恥を重んじ 古武士の風を養うべし

一 学業を励み知能を啓発すべし

一 勤労を以て身を馴らし 剛毅忍耐の気象を養ふべし

一 利を忘るべからざるも 他に迷惑を及ぼすことあるべからず

一 質素を旨とすべし、要は只誠意にあり

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 渡辺洋介 (2016年1月28日). “農業高校、女子が5割目前 ペット飼育・料理…授業充実”. 朝日新聞. 2016年1月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月28日閲覧。
  2. ^ 重村敦 (2015年7月28日). “安城農林新本館祝う 完成式典 都立園芸と友好校に”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 西三河総合版 15 
  3. ^ 『ワシントン桜のふるさと 荒川の五色桜』樋口惠一著 東京大学出版会 2013年
  4. ^ NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE (2015年3月6日). 2016年9月19日閲覧。
  5. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/813204

関連項目[編集]

外部リンク[編集]