中央町 (目黒区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 目黒区 > 中央町
中央町
NTT唐ヶ崎ビル
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 目黒区
人口 (2017年(平成29年)4月1日現在)
 - 計 7,949人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 152-0001 
市外局番 03
ナンバープレート 品川

中央町(ちゅうおうちょう)は、東京都目黒区の地名。現行行政地名は中央町一丁目及び中央町二丁目。住民基本台帳による2017年4月1日現在の人口は 7,949人[1]郵便番号152-0001。

地理[編集]

目黒区の地理的中央部に、駒沢通り目黒通りにはさまれた形で位置している。北部は駒沢通りを境に五本木に接し、東部は中町に、南部は目黒通りを境に目黒本町に、西部は鷹番にそれぞれ接している。また、北西端を東急東横線が高架で通過している。町域内は主に住宅地として利用される。

歴史[編集]

1966年昭和41年)に唐ヶ崎町・鷹番町・中目黒四丁目・上目黒五丁目の各一部から成立した。かつては目黒区役所の所在地であったが、2003年(平成15年)1月6日に上目黒(東急東横線中目黒駅付近)に移転した。

人口[編集]

2017年4月1日現在

  • 1丁目 2,069世帯 3,296人
  • 2丁目 2,765世帯 4,653人
  • 合計  4,834世帯 7,949人[1]

交通[編集]

町域内に鉄道駅はないが、南西側にある東急東横線学芸大学駅が利用できる。また目黒駅から町域南部の目黒通りを走る路線バスも利用されている。

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]