目黒区立八雲小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

目黒区立八雲小学校(めぐろくりつやくもしょうがっこう)は東京都目黒区八雲にある公立学校。 最寄り駅は東急東横線都立大学駅。目黒区で最も古い小学校であり、地名の八雲は、この小学校の校名が由来となっている。

Yakumo Elementary School.JPG

沿革[編集]

  • 1871年 - 本校の前身「太子堂郷学所分校」が開校する。
  • 1874年 - 1月12日第二中学五番小学八雲学校が許可される。入学式を行う。児童数104名。
  • 1879年 - 校名を東京府荏原郡公立八雲学校に改名。
  • 1882年 - 校名を東京府荏原郡公立八雲小学校に改名。
  • 1887年 - 校名を東京府荏原郡八雲高等尋常小学校に改名。この年から高等科が併設される(尋常科4年・高等科4年)。
  • 1891年 - 校名を東京府荏原郡碑衾村八雲尋常高等小学校に改名。
  • 1907年 - 八雲尋常高等小学校が4年制から6年制になる。
  • 1917年 - 本年より開校記念日2月22日になる。
  • 1923年 - 関東大震災のため校舎が損壊、大修理を行う。
  • 1924年 - 開校50周年を迎える。
  • 1928年 - 八雲小学校から大岡山小学校が分離し開校する。
  • 1930年 - 男女別学級編成を行う。
  • 1931年 - 本年より1月12日が開校記念日となる。
  • 1932年 - 校名を東京府東京市八雲高等尋常小学校と改名。
  • 1933年 - 緑ヶ丘に分教場を設置。
  • 1937年 - 校舎がすべて二階建てとなり、緑ヶ丘分教場が分離して緑ヶ丘小学校として開校する。
  • 1940年 - 高等科が分離。碑衾高等小学校となる。
  • 1941年 - 校名を東京府東京市八雲国民学校と改名。
  • 1943年 - 校名を東京都八雲国民学校と改名し、東京都八雲国民学校校歌を制定する。
  • 1944年 - 集団疎開が始まり、甲府市へ。残った子供たちは東光寺などで授業をする。
  • 1945年 - 太平洋戦争終結に伴い、集団疎開から帰り、学校での授業が再開される。
  • 1946年 - 学校給食開始。
  • 1947年 - 校名を東京都目黒区立八雲小学校に改名。
  • 1948年 - 児童数増加に対処するため、1・2・3年は、3部授業となる。芳窪町に分教場を開設。
  • 1950年 - 芳窪町分教場が分離、東根小学校となる。
  • 1954年 - 開校80周年。現在の校歌が制定される。八雲小学校から目黒区立中根小学校が分離され、開校。
  • 1955年 - 宮前町に分教場開設。
  • 1958年 - 宮前町分教場が、目黒区立宮前小学校となり開校。
  • 1974年 - 開校100周年を迎える。
  • 1989年 - 校庭が弾性舗装化される。
  • 2000年 - 校名を目黒区立八雲小学校に改名。
  • 2004年 - 開校130周年を迎える。

主な出身者[編集]

外部リンク[編集]