東江寺 (葛飾区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東江寺
所在地 東京都葛飾区東金町2-25-12
山号 玉嶋山
院号 明星院
宗派 天台宗
本尊 薬師三尊
創建年 天正11年(1583年
開山 隆海
別称 多田の薬師
テンプレートを表示

東江寺(とうこうじ)は、東京都葛飾区にある天台宗寺院

概要[編集]

1583年天正11年)、隆海によって開山された。元々は江戸本所番場町(現・東京都墨田区東駒形)にあったが、1923年大正12年)の関東大震災で罹災し、1928年昭和3年)に現在地に移転した[1]

境内には東江幼稚園がある[2]

多田の薬師[編集]

本尊の薬師如来は、恵心僧都源信の作とされ、源満仲(多田満仲)の持念仏といわれている。源満仲は領地の摂津国多田荘(現・兵庫県川西市付近)に「石峰寺」を建立し、薬師如来像を安置した。しかし、その後の戦乱で焼け出され各地を転々とした後、最終的に東江寺に安置されることになった。この逸話から、この薬師如来像は「多田の薬師」として崇敬されるようになった[2]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 入本英太郎、橋本直子 著『葛飾区史跡散歩 (東京史跡ガイド22)』学生社、1993年、86-87p
  2. ^ a b 玉嶋山明星院東江寺(通称:多田の薬師)天台宗東京教区

参考文献[編集]

  • 入本英太郎、橋本直子 著『葛飾区史跡散歩 (東京史跡ガイド22)』学生社、1993年

関連項目[編集]