葛飾区郷土と天文の博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 葛飾区郷土と天文の博物館
Katsushika City Museum
Katsushika City Museum.JPG
葛飾区郷土と天文の博物館 (2010年12月5日)
施設情報
専門分野 歴史・民俗・考古・埋蔵文化財・文化財・天文
来館者数 70,623人(平成22年度)
事業主体 葛飾区
管理運営 葛飾区
延床面積 4,993.06 m2
開館 1991年(平成3年)7月20日
所在地 125-0063
東京都葛飾区白鳥3-25-1
位置 北緯35度45分10.50秒 東経139度50分36.41秒 / 北緯35.7529167度 東経139.8434472度 / 35.7529167; 139.8434472座標: 北緯35度45分10.50秒 東経139度50分36.41秒 / 北緯35.7529167度 東経139.8434472度 / 35.7529167; 139.8434472
アクセス 京成電鉄お花茶屋駅から徒歩8分
公式サイト http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/
プロジェクト:GLAM

葛飾区郷土と天文の博物館(かつしかく きょうどとてんもんのはくぶつかん、Katsushika City Museum)は東京都葛飾区白鳥三丁目にある博物館1991年7月に開館した。運営は葛飾区。歴史学民俗学考古学埋蔵文化財文化財天文学の6部門を持つ。専門家を招待して地域史フォーラムを主宰し、郷土史に関する書籍も執筆・出版している。

館内の設備[編集]

郷土展示室[編集]

水とかつしか
かつしかのあゆみ
かつしかのくらし
  • 昭和30年代のボルト・ナット製造工場と住居が復元されている。ダイハツ・ミゼットも展示されている。

天文展示室[編集]

太陽望遠鏡がとらえた太陽面やスペクトル隕石ティコ・ブラーエの観測装置などが展示されている。

プラネタリウム[編集]

2017年11月から2018年5月末まで、全面改修のため休止している。

休止前は、直径18mの傾斜型ドームに、165の座席があった。光学式プラネタリウム「インフィニウムβ」とデジタル式プラネタリウム「スタイマックスDS2R2」を組み合わせたコニカミノルタプラネタリウム製「ジェミニスターⅢ KATSUSHIKA」が導入されていた。番組は全て博物館で制作されたもので、解説員による生の解説が行われていた。各客席には3つの回答ボタンがあり、クイズやアンケートなど参加型の番組もあった。

公式サイトによると、改修では、コニカミノルタプラネタリウム製の光学式プラネタリウム「インフィニウムΣ」と、Sky-Skan社製のデジタル式プラネタリウム「DigitalSky」最新バージョンを導入し、デジタルプロジェクター、音響機器、座席、ドームスクリーン、内装、エントランスホールも更新される。

天体観測室(天文台[編集]

口径25cmEDクーデ式屈折望遠鏡ニコン製)があり、毎週金曜日・土曜日(祝日を除く)の観望会で公開されている。

太陽望遠鏡[編集]

屋上に口径30cmグレゴリークーデ式太陽望遠鏡(ニコン製)があり、昼間晴れていれば天文展示室で太陽面を観察できる。

分光器[編集]

フーコーの振り子[編集]

カリフォルニア科学アカデミー製。

特別企画展示室[編集]

年に数回、特別展・企画展・収蔵資料展などが開催される。

体験学習室[編集]

旧葛飾区教育資料館で展示・収蔵されていた教科書などの教育資料が展示されている。イベント等の会場として利用されることもある。

利用[編集]

開館時間
  • 平日・日曜・祝日:午前9時から午後5時まで
  • 金曜日・土曜日(祝日を除く):午前9時から午後9時まで
休館日
  • 毎週月曜日(祝日の場合は開館)
  • 第2・4火曜日(祝日の場合は開館し、その直後の平日は休館)
  • 年末年始(12月28日~1月4日。1月2日・3日は正午~午後5時のみ開館。)
料金
  • 入館料:大人100円、小・中学生50円
  • プラネタリウム観覧料:大人350円、小・中学生100円、幼児(座席使用)50円
  • 土曜日は中学生以下の入館料・プラネタリウム観覧料は無料。
  • 年間パスポート:大人2000円、中学生以下700円(発行日から1年間 入館・プラネタリウム観覧無料)

交通[編集]

書籍[編集]

『葛西城とその周辺』(2001年 たけしま出版)

外部リンク[編集]