柴又八幡神社古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柴又八幡神社の社殿下に石室が復元保存されている。

柴又八幡神社古墳(しばまたはちまんじんじゃこふん)は、東京都葛飾区柴又にある古墳である。

概要[編集]

東京都葛飾区柴又3丁目にある柴又八幡神社の社殿を中心とした全長30メートルの規模を有する前方後円墳である[1]。築造時期は6世紀後半(古墳時代後期)と推測されている[2]。 石室は横穴式石室であり、石室の石材には房総半島の房州石が使われている[1]。東京低地では唯一の石室を有する前方後円墳である[3]。現在は復元された石室が社殿下に保存されている[4]が、公開はされていない[5]

出土品について[編集]

1965年昭和40年)から数回にわたり発掘調査が行われ、円筒埴輪や鉄刀、馬具、須恵器などが出土している[6][3]2001年平成13年)の発掘調査では、映画『男はつらいよ』の主人公と同じように鍔付帽子をかぶった下総型埴輪が出土し、「寅さん埴輪」と呼ばれるようになった[5][2]2011年平成23年)には柴又八幡神社古墳出土埴輪として、東京都の有形文化財(考古資料)に指定されている[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 東京遺跡散策会(2013)8頁。
  2. ^ a b 柴又八幡神社の古墳石室 葛飾デジタルミュージアム(2017年10月1日閲覧)。
  3. ^ a b 柴又八幡神社古墳出土遺物 葛飾デジタルミュージアム(2017年10月1日閲覧)。
  4. ^ 鈴木・谷口・深澤編(2009)214頁。
  5. ^ a b 大塚監修(2010)82頁。
  6. ^ 鈴木・谷口・深澤編(2009)213頁。
  7. ^ 柴又八幡神社古墳出土埴輪 東京都文化財情報データベース(2017年10月1日閲覧)。

参考文献[編集]

  • 大塚初重監修 『東京の古墳を歩く』 祥伝社、2010年、80-83頁。
  • 鈴木直人・谷口榮・深澤靖幸編 『遺跡が語る東京の歴史』 東京堂出版、2009年、213-214頁。
  • 東京遺跡散策会 『関東・甲信越 古代遺跡ガイド』 メイツ出版、2013年、8-9頁。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度45分29.5818秒 東経139度52分30.1643秒