帆立貝形古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

帆立貝形古墳(ほたてがいけいこふん/ほたてがいがたこふん)または帆立貝式古墳(ほたてがいしきこふん)は、古墳の一形式で、円丘に小さな方形の張り出しをつけて全体の平面形が帆立貝形になる古墳の総称である。

概要[編集]

この形式の古墳には、(1) 円墳に方形の造り出しがつくものと(2) 前方後円墳の前方部が短小化したものとの二種類があるが、実際には判断の困難な場合が少なくない。前者には奈良県の乙女山古墳があり、後者には群馬県の赤堀茶臼山古墳があげられる。前者は、ほぼ中期初頭に出現し、前方後円墳に造り出しがつく時期と一致し、円墳に祭祀の場として造り出しを付設したものと理解することができる[1]

規模・形式[編集]

本形式古墳の特徴は、前方部の形状と規模は前方後円墳と比較すると小さく、どの墳丘も大体同じ大きさである。形式(1) の例が墳丘長136メートルである。前方後円墳のそれぞれでは規模の点をみても大きな差があるが、本形式古墳ではどの古墳をみてもほとんど差がないので、前方後円墳と本形式古墳は似て非なる性格をもつ古墳とみられている[2]

前方後円墳として築造が許されなかったという理解からすれば、大和政権の造墓規制が考えられる[3][4]

古墳出現前後期の円墳や方墳に小さな方形の突出部をもつ例(纒向型前方後円墳)があるが、それらは古墳の形式化以前のものとして区別される[5]

各地の帆立貝形古墳[編集]

関東地方[編集]

  • 塚廻り古墳群 - 群馬県太田市竜舞、4基の帆立貝形古墳が存在。多数の形象埴輪が出土。
  • 女体山古墳 - 群馬県太田市内ヶ島女躰、典型的な帆立貝形古墳、全長106メートル、東日本最大の太田天神山古墳(別称男体山古墳)と同時企画されたと考えられている。
  • 雷電山古墳 - 埼玉県東松山市、埼玉県最古の埴輪が確認された古墳。
  • 野毛大塚古墳 - 東京都世田谷区野毛1丁目の玉川野毛町公園内にある。

東海・中部地方[編集]

  • 野古墳群の7号墳(岐阜県揖斐郡大野町、南屋敷西古墳の陪塚)
  • 宝塚2号墳(三重県松阪市、墳丘長90メートル、古墳時代中期)

北陸地方[編集]

  • 免鳥長山古墳 - 福井県福井市、全長90m、免鳥古墳群の中の一つ、国の史跡。

近畿地方[編集]

  • 大塚山古墳 - 滋賀県野州市、全長55メートル、大岩山古墳群の中の一つ、国の史跡
  • 丸山古墳 - 滋賀県野州市、全長37メートル、大岩山古墳群の中の一つ、国の史跡
  • 久津川丸塚古墳 - 京都府城陽市。久津川古墳群の中の一つ、国の史跡。
  • 乙女山古墳 - 奈良県河合町、135メートル、馬見古墳群の中の一つ、国の史跡
  • 前塚古墳 - 大阪府高槻市、全長120メートル、古墳時代中期(5世紀)。
  • ホケノ山古墳 - 奈良県桜井市箸中、纒向古墳群の中の一つ、国の史跡
  • 東田大塚古墳 - 奈良県桜井市東田字大塚、纒向古墳群の中の一つ、国の史跡
  • 茅原大墓古墳(ちはらおおはかこふん)- 奈良県桜井市大字茅原字大墓、古墳時代前期から中期、全長66メートル、国の史跡。
  • 丸山古墳 - 大塚山古墳群(奈良県北葛城郡河合町)にぞくし、全長60メートル、古墳時代中期(5世紀中葉)。国の史跡。
  • 鳥居前古墳 - 京都府大山崎町、全長54メートル、4世紀末頃から5世紀初頭。

中国地方[編集]

  • 西もり山古墳(岡山県赤磐市、墳丘長85メートル、周濠を持つ、5世紀後半)
  • 千足古墳(岡山市北区新庄下、造山古墳の第5古墳で全長約75メートル、前方部より南東に少し離れたところに位置する。初期の横穴式石室をもつ。)

九州地方[編集]

  • 男狭穂塚古墳(おさほづかこふん) - 宮崎県西都市の西都原古墳群中にある。全長約175メートル、後円部直径約132メートル、後円部高さ約18メートル。
  • 御塚古墳(おつかこふん) - 福岡県久留米市、墳丘長70メートル、後円部径約65メートル、高さ10.3メートル、3重の周濠、周濠を含めると約123メートル、須恵器、土師器、円筒・形象埴輪採集されている。築造時期特定されていない。

脚注[編集]

  1. ^ 白石太一郎「帆立貝式古墳」の項 田中・佐原(2003)
  2. ^ 宇垣匡雅「帆立貝形古墳の特性」/広瀬和雄他(2004)237ページ
  3. ^ 和田晴吾「帆立貝式古墳」の項 青木(1997) 第六巻176ページ
  4. ^ 都出比呂志は前方後円墳を築造できうる首長と大型円墳・帆立貝形古墳を築く首長に区別されたとする。和田清吾は中小首長は帆立貝式古墳・円墳・方墳を営んだと考える。(宇垣匡雅「帆立貝形古墳の特性」/広瀬和雄他(2004)235ページ
  5. ^ 『知識ゼロからの古墳入門』76-77頁 広瀬 和雄 (監修)

参考文献[編集]

  • 田中琢・佐原真編『日本考古学事典』三省堂 2003年 ISBN 4-385-15835-5
  • 青木和夫他編『日本史大事典』第六巻(全七巻)平凡社 1997年 ISBN 4-582-13106-9
  • 広瀬和雄・岸本道昭・宇垣匡雅・大久保徹也・中井正幸・藤沢敦『古墳時代の政治構造』青木書店 2004年 ISBN 4-250-20410-3

関連項目[編集]