月光天文台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
月光天文台
月光天文台の位置(静岡県内)
月光天文台
月光天文台
静岡県における位置
運営者 公益財団法人 国際文化交友会
所在地 静岡県田方郡函南町桑原1308-222
座標 北緯35度07分43秒 東経138度59分33秒 / 北緯35.128526度 東経138.992393度 / 35.128526; 138.992393座標: 北緯35度07分43秒 東経138度59分33秒 / 北緯35.128526度 東経138.992393度 / 35.128526; 138.992393
標高 312 m
開設 1957年 (1957)[注釈 1]
ウェブサイト www.gekkou.or.jp

月光天文台(げっこうてんもんだい、: Gekko Observatory)は、静岡県函南町にある天文台

公益財団法人国際文化交友会が運営する公開天文台で、プラネタリウムや地学資料館を併設する。正式名称は「公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台」[2]

歴史[編集]

国際文化交友会は、新宗教団体三五教(あなないきょう)を母体とする組織で、関連機関には公益財団法人オイスカがある[3]。三五教は1949年に中野與之助が静岡県清水市で創始した神道系の宗教団体で、「天文即宗教」という教義を持ち[4][5]、天文に対する強い指向性を持っていた[5]。1956年、中野ら三五教関係者は、戦前より天文学の一般への普及に尽力していた天文学者山本一清(元京都帝国大学教授)を訪問[4][5]。以後、山本は三五教の天文事業に深くかかわることとなる[注釈 2]

沼津・香貫山の月光天文台[編集]

1957年9月21日、三五教は沼津市香貫山に、城郭を模した外観を持つ「三五中央天文台」を開設、山本が初代台長となった[1][4][5](1958年1月に「月光天文台」に改名[4][5]。「香貫山天文台」の語も用いられた[5])。このほか、三五教は1960年代前半にかけて日本各地に天文台を建設している[5][注釈 3]。三五教は天文を扱う傘下組織として国際天文協会を1957年に設立し、天文台ネットワークもその下で運営された[5](1961年に国際文化交友会が発足すると天文台の運営も移管された[4][5])。

香貫山の天文台建設では、資金と信者の奉仕的労働力を有し教義の確立を目指す三五教、天文普及と公開天文台の建設を目指す山本、香貫山の開発と文化の底上げ・地域振興[注釈 4]を目指す沼津市の三者の利益が一致した[5]。しかし、開設に前後して沼津市議会では市が宗教団体に利益を提供することをめぐる問題などが紛糾[注釈 5]。山本は1958年末ごろに三五教と袂を分かって天文台を去り、間もなく死去する[5][注釈 6]。また、教団の財政問題も生じたようである[5]。最終的に、香貫山の天文台は1973年6月に撤去された[5]

函南の月光天文台[編集]

1975年3月22日、現在地(函南町)に「月光天文台」が移転開設した[4][1]。1976年にプラネタリウム館を開設[1](1996年に改築[1])、1983年に地学資料館を開設[1]。1986年に第2観測所(新館)開館[1]

1987年から2000年にかけて、天文家の大島良明香川哲男がこの天文台で172個の小惑星を発見した。2000年の段階で、観測地点ごとの小惑星の発見数において、世界第40位に位置していた。

小惑星 (4261) 月光は、この天文台で大島良明によって発見された小惑星で、命名も天文台にちなむ[6]。また、この天文台で発見された小惑星の中には、所在地にちなむ (4157) 伊豆 や (13934) 函南、設立母体にちなむ (3843) オイスカ や (5730) 與之助 などがある[6]国際天文学連合 (IAU) による天文台コードは888である。

施設[編集]

天体観測施設のほか、プラネタリウム館・地学資料館が設置されている(有料)[2]。定期的な観望会が開かれている[2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 公式サイトの沿革ページでは、1957年に「天文台(中央天文台)創立」、1973年に「月光天文台が静岡県函南町(現在地)に移転」、1975年に「新月光天文台開館」と記されている[1]。また、小惑星 (4261) 月光の命名文では、「月光天文台」の創設を1957年としている。
  2. ^ 神道系宗教組織との協力に、山本は洗脳されたのではないかという噂も立てられたという[4]。山本は敬虔なクリスチャンであった[5]
  3. ^ 福岡県筑後市の「西部天文台」(1957年11月設立。1958年1月に「九州天文台」に改称。1992年撤去)、徳島県徳島市の「眉山天文台」(1958年3月設立。1968年撤去)、福島県二本松市の「奥州天文台」(1958年4月設立。1991年撤去)、愛知県岡崎市の「国治天文台」(1958年9月設立。2009年撤去)、岐阜県多治見市の「濃尾天文台」(1958年11月設立。1972年撤去)、岩手県北上市の「東北天文台」(1959年2月設立。1996年撤去)、熊本県山鹿市の「肥之国天文台」(1960年設立。1983年撤去)、長野県岡谷市の「信濃天文台」(1963年設立。2015年時点で現存するが非公開[4][4][5]佐藤愛子は二本松での天文台建設を題材として、それをめぐる騒動をコミカルに描いた小説「あなない盛衰記」を著している[5]
  4. ^ 1957年9月には「沼津天文まつり」が開催された[4][5]。地元商店街とのタイアップイベントであった[5]
  5. ^ 市有地の無断使用問題が浮上し、また事実上三五教のイベントである「沼津天文まつり」への助成金の出資も問題化した[5]
  6. ^ 袂を分かった理由について山本は多くを語っていない。人材難をはじめとする組織運営上の困難や、教団幹部との確執、教団の財政問題などが推測されている[5]。なお、山本の訃報を知った三五教は教団としての丁重な葬儀を行っている[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 概要・沿革”. 月光天文台. 2018年2月23日閲覧。
  2. ^ a b c 見学案内”. 月光天文台. 2018年2月23日閲覧。
  3. ^ オイスカ理念のルーツに触れた在京外交団 月光天文台で世界こよみ展の開会式に参列”. オイスカ (2009年4月17日). 2018年2月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j 五味政美 (2015年1月15日). “山本一清博士とあなない天文台” (PDF). 第5回天文台アーカイブプロジェクト報告会集録. https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/193094/1/astro_meeting_5_42.pdf 2018年2月23日閲覧。. 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 渡邉美和 (2016年1月). “山本一清と三五教沼津香貫山天文台” (PDF). 第6回天文台アーカイブプロジェクト報告会集録. http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/204374/1/astro_meeting_6_15.pdf 2018年2月23日閲覧。. 
  6. ^ a b 月光天文台で発見・命名された小惑星”. 月光天文台. 2018年2月23日閲覧。